FC2ブログ

記事一覧

『宮城・仙台アニメーショングランプリ第10回記念イベント』に行ってきました。

head_pc.jpg






『宮城・仙台アニメーショングランプリ』。


全国から短編アニメーション作品の応募を募り、次世代のアニメクリエーターの発掘・育成を目的とした宮城発のイベントだ。


このイベントの存在を知ったのが、遅ればせながら昨年の第9回のとき。


そのときは、仕事の都合でイベントに参加できなかったため、今回の第10回を虎視眈々と待っていた。


宮城という地方でこのようなイベントが10回まで続いてきたということは、各所関係者の皆様のご尽力の賜物であると、感謝の思いが堪えない。アニメという文化を本当の意味で宮城に根付かせようという心意気を感じた。


残念ながら、今回でこの試みは終わってしまうとのことだが、その功績は今後のアニメ業界の発展につながる一定の功績を残したことは間違いない。










私が参加したのは、第10回の表彰式と記念イベント。


会場は、【せんだいメディアテーク】。仙台市営地下鉄『勾当台公園駅』から徒歩約10分の位置にある【メディア】をテーマとした施設だ。



DSC_0069_20180224101849278.jpg




当日は、まず第10回の表彰式があり、その後、記念イベント『特別講演「アニメの仕事は面白い!―アニメのプロデューサーに学ぶアニメーション制作」』が開催された。また、最後にこれまでのグランプリ受賞作品の中から選出される【グランプリ・オブ・グランプリ】の表彰式も行われた。



DSC_0074_20180224101850f70.jpg



DSC_0081.jpg



各受賞作品の上映も行われたが、やはり【グランプリ・オブ・グランプリ】の受賞作品『White Fireworks』(山形県・土海明日香)の出来は素晴らしかった。


戦争が続く国で爆弾作りの職人と、命が宿った爆弾との出会いと交流を描く。”爆弾”という暴力の象徴をテーマに、【戦争】と【道具】の関係性や【平和】への願いが込められているといった、着眼点が一段上をいっている作品だった。














第10回記念イベント『特別講演「アニメの仕事は面白い!―アニメのプロデューサーに学ぶアニメーション制作」』では、株式会社MAPPA会長丸山正雄さんと、代表取締役大塚学さんをお迎えし、アニメーションの魅力とプロデューサーの仕事についてお話しされた。



DSC_0082.jpg



まず、丸山さんが開口一番「アニメ作りは、ほとんどつらいことばかり、楽しいことなんかまったくない」との発言。


会場にいた未来ある若者たちの顔を凍り付かせた。


アニメ作りを”夢”として語らず、現実的な”仕事”としてお話しされてされていたのに好感を持った。


元々丸山さんは、【虫プロ】の出身だということで、手塚治虫さんに相当鍛えられたとのことでだった。


「私は”手塚治虫の遺伝子”を受け継ぐ最後の世代だ」


という言葉が印象的だった。


その真意とは、「何が作りたい」ではなく、「何でも作ってみる」というバイタリティと旺盛な好奇心が、アニメ作りには必要だということだと思った。


手塚治虫さんは、SF、ファンタジー、医療、少女漫画、大河ロマン等、特定のジャンルに囚われることなく、生涯に渡り多くの漫画・アニメ作品を残された”多作のクリエーター”として知られている。


その精神を丸山さんは受け継ぎ、それを後世に伝えようとしているのだろう。


その他にも、「アニメはチーム全員が協力しなければ作ることができない」とか、丸山さんがモデルのキャラクターが登場するアニメ作品『SHIEOBAKO』の劇中を彷彿される言葉が出てきて嬉しかった。



5c886a8c.png



同席されていた大塚さんもおっしゃっていたが、「アニメが好きなわけではなく、表現方法として【アニメ】を選んでるだけ」という2人の一致した見解に衝撃を受けた。


クリエーターたちは、まず”作りたい”という想いがあり、そのために【アニメーション】をいう手法を選択しているに過ぎないのだ。


何か、ただの”ファン”と、真の”クリエーター”の絶望的な差を見た思いがした。


どんなことでも、お金を稼ぐことができる”仕事”とするためには、多くの困難があるが待ち受けており、それを越えていかなければならない。


そのためには、確固たる”信念”と溢れる”情熱”が不可欠であり、それは、どのような業種においても通じるものがあるなぁと考えさせられた。















あなたのアニメを世界に発信! 宮城・仙台アニメーショングランプリ
http://miyagi-anime.jp/
















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター

買い物リスト


2019/7/12


2020/4/30

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
38位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード