FC2ブログ

記事一覧

北北西に曇と往け 1  ――― 旅、ときどき探偵。

51t6Ts.jpg
北北西に曇と往け 1(ハルタコミックス)
著者:入江 亜季
発売元:KADOKAWA
発売日:2017/10/13











【注目キャラクター】



 「急ぐ道でも 休むことは大切だ。

  時には 進むことと同じくらい。」



20171019073748.png

御山 彗
アイスランドで住む傍ら、探偵業を行う青年。日本人。17歳。
祖父がフランス人で、車(機械)と意思疎通ができる不思議な能力を持つ。












【レビュー】










   「どんなに運転が下手でも

    道に出たら 走るしかない。

    ――――― 人生と同じ。 」








news_xlarge_nnw05.jpg














      


旅、ときどき探偵。

舞台はアイスランド島、北緯64度のランズ・エンド。
17歳の主人公・御山慧には3つの秘密があった。
ひとつ、クルマと話ができる。ふたつ、美人な女の子が苦手。
3つ、その職業は、探偵――。

あるときは逃げ出した飼い犬を連れ戻し、
またあるときはひと目ぼれの相手を探し出す。
愛車ジムニーを駆りながら、
胸のすくような探偵活劇が、いま始まる!

若き魔法使いの成長を描いた『乱と灰色の世界』から2年。入江亜季の最新作は極北の大地が舞台の"エブリデイ・ワンダー"!!
(作品紹介より)

















■極北の大地に暮らす17歳の”エブリディ・ワンダー”





アイスランドという極北の地で、日本人の青年が過ごす”非日常的な日常”


彼には車と意思疎通ができる不思議な能力があり、それが仕事である探偵業にも役立つときもある。


イメージ (7)


連載が掲載されている雑誌が『ハルタ』ということで、その絵と物語のクオリティは保証されている。


この身ひとつで気ままに日々を過ごし、生活するために最低限度の仕事をする慧。そして、周囲には人の手が入っていない大自然が悠然とたたずんでいる。その生き方は忙しい毎日を過ごす人や、旅好きな人からすれば、これほど羨ましいものではないか。


イメージ


日本ではない外国の雰囲気がうまく描き出されていて、作者の技量が伺える。作者である入江亜紀先生の作品を今回初めて触れたが、これまでの過去作も読んでみたいと思った。


このように素晴らしい作品の始まりに立ち会えた喜びを、今、感じている。















■美女とダンディ





作者の入江先生が女性ということで、人物描写は、男性では描くことができない”色気”が溢れている。


妖艶な妙齢な女性がみせる可愛らしい一面。


余裕のあるダンディなおじさま。


イメージ (5)


イメージ (8)


イメージ (2)


もちろん正統派の美少女も。


イメージ (3)


このようなキャラクター達がどのように物語に絡んでいくのか、2巻目以降も大注目だ。








































よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター

買い物リスト


2019/7/12


2020/4/30

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
38位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード