FC2ブログ

記事一覧

サクラクエスト   ―――― 内定したのは、”国王”だけでした。

sakuraquest_001_cs1w1_400x.jpg

サクラクエスト
原作 - Alexandre S.D. Celibidache
監督 - 増井壮一
シリーズ構成 - 横谷昌宏
キャラクター原案 - BUNBUN
キャラクターデザイン・総作画監督 - 関口可奈味
プロップデザイン - 鍋田香代子
美術監督 - 佐藤歩
美術設定 - 宮岡真弓、塩澤良憲、小木斉之
色彩設計 - 中野尚美
撮影監督 - 横山翼
3D監督 - 小川耕平
編集 - 高橋歩
音響監督 - 飯田里樹
音楽プロデュース - (K)NoW_NAME
音楽 - (K)NoW_NAME:Makoto Miyazaki
音楽プロデューサー - 三上政高
プロデューサー - 齋藤雅哉、小林宏之、相馬紹二
ラインプロデューサー - 山本輝
アニメーション制作 - P.A.WORKS
製作 - サクラクエスト製作委員会
放送期間 - 2017年4月 - 9月
話数 - 全25話
公式サイト - http://sakura-quest.com/











【注目キャラクター】



「もし、皆さんが必要としてくれるなら・・・・」


C-hmFoNVwAAw1iF.jpg

木春 由乃
本作の主人公。20歳の短大生。港町の安住ヶ浦出身。
「特別な何かになりたい」と東京での就職を希望し、卒業を控えて就職活動中、登録していた派遣事務所からの依頼を受け、田舎の間野山にある「チュパカブラ王国」の二代目国王に就任する。
自分自身が「警察署の一日署長」のような単発のバイトと勘違いしていたことと、なにより町から必要とされていたのが自分ではないことを知り、当初は国王を辞めて東京に帰ることばかりを考えていたが、しおりや真希たちと仕事をこなす内に間野山の内情を知って考えを改め、しおりたち4人と一緒ならと、国王として頑張ることを決意する。


 









【レビュー】










      「普通じゃない観光地の、普通じゃないお仕事。」





index_mainvisual.jpg















      


主人公、木春由乃は、
田舎から上京し、短大の卒業を
間近に控えた、いわゆる普通
の20歳の女の子。

東京には何でもあって、きっと特別な何かになれるのではないかと
夢みて、30社以上の面接を受けるも、未だに内定はない。銀行の残高は980円。
このままでは、田舎に帰って普通のおばさんになってしまう・・・と葛藤して
いたそんなある日、以前、一度だけ働いたことがある派遣事務所から、「地域
の町おこしの一環で国王をやってほしい」との依頼がある。
よくわからないが軽い気持ちで依頼先の間野山市に向かうこ
とにした。一時的に日本中でブームになるも、バブル崩壊に合わせて今
ではほとんど見ることの無くなったミニ独立国。間野山市は、今なお
ミニ独立国を続けている、廃れた残念観光地だった。
そんなこんなで、由乃の”普通じゃない”お仕事生活がはじまった。
(作品紹介より)

















■”ミニ独立国”の国王に就任、任期は1年





主人公・木春 由乃は、都会に憧れ田舎から上京してきた短大卒業間近の20歳。


しかし、明確な目標もないまま就活を続けた結果、30社以上の入社試験を受けるも内定は0。このままでは就活浪人になってしまうという最中、以前素人モデルのアルバイトのため登録していた派遣事務所から1つの仕事が舞い込む。


内容は、田舎の間野山にある「チュパカブラ王国」の国王への就任要請。「一日警察署長」のようなものかと気軽な気持ちで行ってみれば、任期は1年間だという。しかも、由乃への依頼ではなく、本来は名前が似ていた往年のアイドル歌手へ依頼だったという。


双方勘違いの結果ではあったが、後がない由乃は、この仕事を引き受け、「チュパカブラ王国」二代目国王に就任することとなった。


f47cd796.jpg


由乃以外にも、観光協会職員の四ノ宮 しおり、小劇団にいた元女優の緑川 真希、商店会会長の孫で引きこもりだった織部 凛々子、東京から Iターンで間野山へと移住したWEBデザイナーである香月 早苗といった、同世代の個性豊かなメンバーが観光協会に集まり、試行錯誤しながら、”町おこし”とは何なのかを考えながら、懸命に取り組んでいく。










■ここまで”地に足がついた”アニメがあっただろうか





由乃たちは、1年の間に様々なイベントを企画し、実行してきた。



婚活旅行や人気バントを呼んだチュパカブラ王国建国祭、地元テレビ局の密着取材など。そのどれもが大成功とも言えないが、大失敗との言えない、まぁそんなものかなという結果。そして、その様子を冷ややかな目で見る地元住民。


アニメは、起承転結、大きな変化が普通はあるものであるが、本作はゆるゆると最終回まで突き進んだという印象。


しかし、このような取り組みを行っていく中で、吉乃たちの想いや周囲を巻き込む力は着実に固まっていき、最終的には50年前に途絶えてしまった”みずち祭りの復活”というところに結実していく。


とてもリアルな物語進行だと感じたし、創作物としての嘘っぽさや軽さが徐々に消えていき、現実としての重さが増えていったように思う。吉野たち5人はそれぞれ別々の物語を持っているし、その5人の物語と並行して間野山の町おこしが絡んでくるので、一辺倒ではない立体的な作品になった要因がこの辺りにあるのだと思う。


視聴者に媚びるような過剰な演出やキャラクターのかわいさを前面に押し出すことは避け、淡々と1年間という時間の中で、由乃たちがどのようなことを考え、ときに悩み、そして行動していったかを丁寧に紡ぎだした素晴らしい作品だ。











■”蕨矢集落の反乱”





第17話と18話で描かれ蕨矢集落によるチュパカブラ王国の独立騒動は、由乃たちに大きな影響を与えた事件だった。


蕨矢集落は間野山の中でも特に山間部に位置し、独居老人が多く住むには不便な地域であった。採算が取れないことを理由にバス路線の廃止が決定したとき、住民たちが間野山市からではなく、ミニ独立国からの独立という奇妙な行動に出たのだ。その中心となったのが、元大学教授の鈴原 廉之介。彼は、文化人類学を専門としており、20年前の大学退職時から何の所縁もない蕨矢集落へと移住し、独り暮らしをしていた。


この騒動は結果として、ICTを活用した「デマンドバス」の導入という成果をもって収束することとなる。彼らは、自分たちが行動を起こすことによって、誰からも忘れられようとしていた自分たちの地域の寿命を延ばすことに成功したのだ。





デマンドバス

路線バスの形態とは異なり、狭義のオンデマンドバスである。電話等による(複数の)利用者の希望乗降点(バス停名若しくは拠点施設)及び乗降車時刻の要求に応じて、希望乗車点へ迎えに行く形の経路で運行する形態のバスである。通常は複数の利用者を乗せるので、乗合型の利用形態となり、どの利用者にも著しい不便を与えることのない経路を選定して運行する。この運行形態を、フルデマンド方式と称する場合がある。(Wikipedia)







しかし、この騒動後、鈴村は倒れ、帰らぬ人となる。残された彼の自宅には、20年間1日も書くことを欠かさなかったという何十冊もの「研究ノート」があり、その最後にはこのように記されていた。


「限界集落と呼ばれる地域も、ただ衰退していくばかりではない。
 今回の取り組みを通じて貴重なモデルケースを得ることが出来た。」



この言葉は、特に鈴原と同様に間野山に何の所縁もない早苗に大きな衝撃を与え、今後の自分の人生を考えるきっかけとなった。


「”根を下ろす”って、こういうことなんだ・・・・・。」










■”サクラクエスト”後、由乃の進路は。





桜の咲く季節に始まり、桜が満開の時期に開催したみずち祭りの成功をもって幕を閉じた由乃たちの活動は、「サクラクエスト」と名付けれ、5人はそれぞれの道を歩んでいく。


しおりは観光協会に残り、真希は地元で劇団を立ち上げ、凛々子は世界を見るため海外渡航、早苗は商店街で地域コンサルティングの事務所を開設した。


肝心の由乃はというと、間野山に残るでも、東京に戻るでも、地元の田舎に帰るでも、そのどれでもなかった。


ある離島に移り住み、またそこで新たな町おこしの仕事に就いたのだ。


898fc3aa.jpg
56d724c9.jpg
3eaea35a.jpg
4fc1134a.jpg


この決断は全く想像できなかった。


この作品を観ていて一番驚かされた。


何よりもこの決断をした由乃がとても誇らしかった。


そして、本作のような素晴らしい作品を魅せてくれたスタッフの方々に感謝の気持ちで一杯になった。





c2579d07.png
cc79af5d.jpg
49bfdc26.png
b4130d38.png
dc256121.png





















































よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター

買い物リスト


2019/7/12


2020/4/30

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
149位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
35位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード