とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  2017年05月

【月刊熱量と文字数 2017/5/18】に行ってきました。

gekkan.png








【定例ライブ】
5/18(木)20‐22 『月刊 熱量と文字数』@秋葉原シャッツキステ

★テーマ:2本立て 夢の国のたしなみ01/ガンプラ特集

★クロヤギ(能崎、岡本)/国井咲也、サンキュータツオ、やさしい雨松崎

公開収録ライブ20:40頃からUst有
(公式ツイッターより)













■開始前から”満員御礼”





ポットキャストで配信されている音声マガジン 【熱量と文字数】


毎月第3木曜日に公開収録 【月刊熱量と文字数】 というイベントが開催されている。


私は地方在住であるので、会場である東京のカルチャーカフェ 【シャッツキステ】 に行くことがこれまでできなかった。


しかし、今回、ちょうど関東へと出張が重なったため、初参加を果たすことができた。










番組を聞き続けて4年以上になるが、生で出演者の方々にお会いするのはこれが初めて。


激緊張だ。


はやる気持ちを抑えきれずイベント開始30分前に入店した。


なんと店内は既にほぼ満席。


私の後は、ほんの数人で全ての席が埋まってしまった。


いつもこんなに早く満席になってしまうのか、常連の方に聞いてみた。


どうやら今年大ヒットしたアニメ 『けものフレンズ』 に登場する喫茶店がシャッツキステをモデルにしており、その影響をあるのではないかと教えてくれた。


何はともあれ、危ういところではあったが、こうして私は無事にイベントに参加することができたのだ。















■夢の国のたしなみ01





E5A4A2E381AEE59BBDE381AEE4BDBFE88085.jpg





今回は豪華2本立て。


まずは、ユーストリーム配信前にクロヤギがプレゼンする 『夢の国のたしなみ01』


東京ディズニーリゾート(通称:パーク) の大ファンであるクロヤギの能崎さんが、その愛を語ってくれた。


アトラクションに乗る前の待ち時間の楽しみ方、それぞれのバックグランドストーリー、開業から35年の歩み。


1時間近くに渡る”講義”により、その場にいた人々のディズニーに対する偏見は大きく払拭されたことだろう。


今回は導入編という位置づけになるかと思うので、続編が今後配信されることを期待したい。















■ガンプラ特集





DAAjutyUAAAZ2Ch.jpg






ユーストリームでも配信された国井咲也さんによる 『ガンプラ特集』


私も幼少期から何度かガンプラは作ってきましたので、リスナーからのメールにあった 「ガンプラを作ってきたから、今、組み立て式の家具も難なく作れる」 という言葉には大きく頷いた。


話は国井さんの異様な部屋をタツオさんが説明、国井さんによる 【ガンプラ今昔物語】 へと移り、その合間にリスナーからのメールの紹介が挟まる。


特に、モデラーの父親を持つリスナーのメールには、場の全員が驚愕し、ガンプラを含むプラモデルの闇の深さの一端を垣間見ることとなった。


近年ガンプラは過去作のリメイクも合わせ、その種類が爆発的に増えてきており、一昔前にガンプラを作っていた人も、ぜひ”今”のガンプラを手に取ってみると驚くことになるだろう。


ユーストリーム配信後、国井さんによる 【新入社員必見!今すぐ使える釣りワード講座】 がおまけとしてあった。


ガンプラ好きの上司がいる場合に、効果覿面のガンプラ用語が3つ紹介された。


機会があれば、ぜひ使ってみたいと思う。










ちなみに、ユーストリームで配信された分は、ユーチューブにアップされているので興味がある方もない方も見ていただきたい。




















■やっぱり”生”がいい!





生でイベントに参加してみて、やはり 「パソコンの前で聞く」 のと 「実際にその場にいる」 のとは大違いだった。


タツオさんは開始直前にフラッと入ってきて、どこかベテランの落語家のような雰囲気を纏っていた。


クロヤギの岡本さんはかわいくて、能崎さんは服のセンスがよくオシャレだった。


松崎さんのリアクション力の高さや周囲への気配りに芸人としての腕が見えて、国井さんは超絶かっこよかった。


そして、イベントが開始されてから、場のテンションが上がっていくのを肌で実感した。


演者と客の力が会場でミックス・アップされ、素晴らしいイベントになっていた。


今日このとき、ここにいられて本当に良かったと思った夜だった。


そして、絶対にまた来ようと誓った。















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2017/05/22 00:00 ] オタク的日常 | TB(0) | CM(0)

『FAIRY TAIL』の続きを読んでみようと思った件

eed71adc60fe3b3292b2e7d5296b0086.jpg







気が付けば、 FAIRY TAIL のコミックスが 60巻 まで出ていたことに驚いた。


私が最後に読んだのは、40巻。


【大魔闘演武編】 の終わりまでだ。










連載が長期になるマンガ作品は、どこかで一度離れてしまうタイミングがある。


私で言えば、NARUTO、BLEACH、犬夜叉などだった。


これは作品が面白くなくなったというわけではなく、単に ”飽き” がきてしまったというだけのことだ。










最近wikipediaで本作を検索してみたら、かなり私の知識とはかけ離れた展開となっていることを知った。


主要なキャラクター達、ナツ、グレイ、エルザとか、様々な伏線が回収されているではないか。


というか、こんなに伏線があったのか。


確かにルーシィやカナなどの一部を除いて、その家族構成が明らかになっているキャラクターは意外と少ない。


しかし、そこに物語を左右する重大な秘密が隠されていたとは!?











来週の週末は、マンガ喫茶に入り浸って、未読分を一気に読破してしまおうか。


そんなことを考えた休日であった。


さぁ、明日から仕事がんばろう。















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2017/05/14 23:26 ] オタク的日常 | TB(0) | CM(0)

魔法少女リリカルなのはViVid  16 17  ―――― それぞれの目標、それぞれの道。

81o4kNSwNLL.jpg81Fuv6MRrbL.jpg
魔法少女リリカルなのはViVid 16(カドカワコミックス・エース)
魔法少女リリカルなのはViVid 17(カドカワコミックス・エース)
原作:都築 真紀
漫画:藤真 拓哉
発売元:KADOKAWA/角川書店
発売日:2016/4/22(16巻)、2016/10/26(17巻)
















【レビュー】










「技術も勇気も薙ぎ倒す ”神撃” の強打者と

 当たらずに当てる ”一閃必中” の技巧者。

 競い合って高め合って 『さあ、勝つのはどっち?』







イメージ
















      


三岩窟での修業を終え、ますます結束するチームナカジマの面々。そしてヴィヴィオは自分の目標を再確認し、自らが信じた「武」の道を歩み出す――。新章突入で更に広がる舞台! リリカル☆マジカル頑張ります! (16巻)

それぞれの“武”を極めるため――激闘開幕!!
「てっぺんで待ってるから追いついてきてな」というジークの言葉を胸に、新たなる目標へと歩み出したアインハルト。そしてヴィヴィオは最愛の母・なのはとの戦いを前に、以前惜敗したミウラとの再戦に挑む―――。 (17巻)
(作品紹介より)

















■”腹にくくった一本の槍”





この2巻が私の心を打ったのは、本作の主人公であるヴィヴィオとアインハルトの覚悟と成長が凝縮されていたからだ。


まずは、ヴィヴィオ について語りたい。


彼女は元々、【聖王の器】 として ”製造” された 【クローン人間】 である。


しかし、通常の能力的には平均的であり、作中の主要キャラからいうと ”凡人” の域を脱していない。


ストライク・アーツを続けていくにあたって、その 『才能の無さ』 が命取りになると、折に触れ言われてきた。





イメージ (2)






彼女がなぜ頑なに肉弾戦中心であるストライク・アーツに拘るのか?


その答えが16巻で語られている。










「格闘家としてのわたしは ノーヴェの ”作品” なんです。」


イメージ (3)










「ノーヴェが思い描く理想の格闘戦技を

 わたしが実現する――――

 格闘技に向いていない…弱いわたしが勝っていく事も

 きっと二人の夢で挑戦なんです



イメージ (4)










自分の夢だけではなく、他人の夢も合わせて背負い込める強さ。


その人との ”つながり””絆の強さ”


小学生の女の子が自分自身を ”作品” と言い切れる ”信念の強さ”





その小さな背中に、私は ”武士” の姿を確かに垣間見た。




















■”覇王”から”王者”へ





次にもうひとりの主人公である アインハルト についても、語らせてもらいたい。


彼女は、【古代ベルカ戦乱期】 のシュトゥラ王国の国王 ”覇王”イングヴァルト の末裔であり、その記憶を受けづく後継者である。


本作の序盤では、自身の流派 【覇王流】 が最強であることを証明するため、格闘有段者に無差別ストリートファイトを仕掛けたりと、孤独な戦いを続けてきた。


それが、ヴィヴィオや仲間・ライバル達との出会いを経て、世界の景色が一変した。










イメージ (7)





イメージ (8)










―――――「仲間達のために戦う。」


これまで自分だけのために戦ってきた彼女にとって、その響きは新鮮で、それでいて心地よかった。


自分が戦うことが誰かの助けとなる。


自分の戦う姿をかわいい後輩達が見てくれている。


だから、負けるわけにはいかない。










イメージ (10)





イメージ (12)





イメージ (13)






イメージ (14)










「一番前を歩いていこう。

 この子たちの道を照らす篝火になれるように。 」



イメージ (15)











他者を寄せ付けず、ただ強さのみを追い求めていた ”覇王” はもうどこにもいない。


堂々たる ”王者” の姿がそこにはあった。













































【関連記事】

・魔法少女リリカルなのはViVid 1 [2010/01/23]




















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2017/05/04 20:24 ] マンガ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
28位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード