とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  2016年03月

ベイビーステップ 39  ―――― ”プロになる”のその先を描く。

51iJB.jpg
ベイビーステップ 39(講談社コミックス)
著者: 勝木 光
発売元:講談社
発売日:2016/3/17











【注目キャラクター】



「日本中の期待がまだまだ俺を強くする・・・・

 この場所をお前に渡すのはもったいねぇ




img181.jpg


門馬 歩夢
ナショナルチームの一員で池に次ぐ日本ランク2位のプロテニスプレーヤー。柳瀬高出身で青井コーチと同世代。全日本選手権で4連覇を果たしており、5連覇に意欲を見せる。
ややマイペースな性格であり、話している途中でも腹が鳴るとバナナを取り出し、ランニング中でも食事をとる。
若手育成にも力を入れており、逞、さらには現在は栄一郎にも注目している。












【レビュー】







     「俺はこれから

     あの人達と同じ世界で戦うんだ・・・・・
  
   
     これから・・・・・ これから・・・・・」






img184.jpg









      


出場選手4人中3人が18歳という異例事態のなか始まった全日本選手権本戦準決勝!

池vs.難波江の同世代頂上決戦に対し、エーちゃんの対戦相手は、日本テニス界の大黒柱・門馬歩夢! 技術、体力、戦略‥‥全てが上回る門馬に今までの攻撃が通じず、エーちゃん早くもピンチ!?
(作品紹介より)












■【全日本選手権編】終了





エーちゃんが準決勝で門馬選手に負けたことで、全日本選手権は、池VS門馬日本ランキング1&2位対決というファンが待ち望んだカードとなりました。




img182.jpg






結果は、フルセットの激闘の末、辛くも池が勝利。全日本選手権初優勝の栄冠に輝きました。





img183_20160326173056c3e.jpg






この大会、エーちゃんにとって、人生の大きな”ターニング・ポイント”となりました。


これまでのいろいろなことを思い出しますね。


全日本ジュニアで優勝できず、プロへの夢を一度は諦めたこと。


プロへの未練を断ち切れず、青井コーチの前で涙したこと。


全日本選手権の出場権が与えられ、これが最期のチャンスと再起したこと。


アメリカでの2ヶ月間の武者修行で、大きく成長できたこと。


全日本選手権・予選で、ベテラン浅野選手を破り、見事本戦進出を決めたこと。


そして、本戦2回戦であの逞との激戦を制し、プロになる決断をしたこと。









私は読者として、その努力も苦しみも全てを見てきました。


だから、エーちゃんがプロへの道を選んでくれて本当に嬉しかった。


「高校生からテニス初めてプロってありえないよね」なんて外野の声もありますが、私はそんなやつらに言ってやりたい。


青春全部かけて、正しい努力を積み重ねて、
自分に真摯に向き合って何かに取り組んだことがあるのか?



私はもちろんそんなことできた試しはありません。


エーちゃんは、そんなダメ人間な私に夢を見せてくれました。勇気を与えてくれました。


それが、マンガの力であり、役割だと思うのです。





img185.jpg















■”プロになること”を具体的に考えてみよう





自分でテニスを始めて気づいたことがあります。


テニスを”観る”側と、”やる”側は意外と一致していないということです。


テニスの試合をすごく観戦しているけど自分ではまったくやったことがなかったり。


逆に、テニスがすごくうまいのに、プロ選手のことをまったく知らなかったり。


結構人によって偏りっていうのがあるんですよね。










そんな人達のために、エーちゃんがプロになるに当たって、同じ高校のテニス部(引退済み)越水による【プロテニスの仕組み(基礎知識編)】講義の開催です。





img186.jpg






テレビやニュースでよく紹介されている【グランドスラム(四大大会)】は、本当にトップ・プロ達しか出場することができません。


エーちゃんのような無名の若手選手は、まず【フューチャーズ】【チャレンジャー】の下位大会でポイントを獲得していき、【グレード250】→【グレード500】→【マスターズ】と徐々に格上の大会に出場権を獲得しなりません。











エーちゃんは、まず【フューチャーズ】の大会優勝を目指すことになるのですが、





img187.jpg





青木コーチとの相談の結果、レベルが平均的で若手選手がどんどん育っている【オーストラリアフューチャーズ】に出場することを決めます。















■”スポンサー”を自分で見つけてみよう





いよいよプロとしての第一歩を踏みだそうという矢先、エーちゃんに大きな障害が立ちふさがります。


それは、”スポンサー不在による遠征費不足”の問題です。


高校卒業と同時にプロ転校を予定しているエーちゃんには、興味を持っている企業はあっても、実際にスポンサー契約を結んでいる先はありません。


当然、現段階での遠征費を捻出する手段を考えなければならないのです。


作中の計算によると一週間の大会で最期まで残るとすると、切り詰めて遠征費25万円が必要となります。


さて、どうする?










ここで、エーちゃんは”企業に自ら自分をプレゼンする”という突飛なアイデアを実行します。





img189.jpg






目をつけたのは、全日本選手権でエーちゃんに興味を持ったという新興のサプリメント会社。


プレゼンのために、エーちゃんは仙台に降り立ちます。





img190.jpg






img191.jpg






img192.jpg





img193.jpg





img194.jpg





img195.jpg





必死のプレゼンが成功し、この会社から遠征費を出してもらう約束を取り付けます。





img196.jpg
















ちなみにこのサプリメント会社、実在に仙台に存在する企業なんです。





【株式会社 ボディプラスインターナショナル 】

所在地
〒983-0812 仙台市宮城野区小田原弓ノ町101-10 アセンドビル

電話 022-792-1736 FAX 022-792-1732

設立
平成13年12月10日

代表取締役
デービット ホルトン

資本金
1億円

事業内容
スポーツサプリメント自社ブランドHALEO・バルクスポーツの製品開発、製造、販売業務。個人輸入代行業務。(公式HPより)




fc2blog_201509190128045cd.jpg








現実との接点を設けることで、プロになるエーちゃんに説得力を持たせ、読者が冷めないような工夫だと私は解釈しました。


他の作品では、プロになるまでの過程は描かれていても、プロになってからを描いているものは少ないように思います。


ここから始まるプロ生活がどんな展開になるかまったく予想することができず、だからこそ楽しみのワクワク感が何倍にも高まっています。











































【関連記事】

・ベイビーステップ 37  ―――― 胸を借りるんじゃない・・・・叩きのめすんだ!! [2015/10/19]
・ベイビーステップ 35  ―――― このゲームが最期になるかもしれない [2015/07/20]
















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2016/03/27 00:26 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

『みちのくアニソンフェス2016 〜Eastern Gale』に行ってきました。

無題
3_2016020320321710d.png








2016年3月19日(土)

会場 仙台Rensa

開場 16:00 開演 17:00

公式サイト:http://www.lantis.jp/maf2016/














東日本大震災後の2012年に第1回が開催されたこのライブも、今回で第4回を数えるまでになりました。


会場や出演者を年々変えながらも、震災復興のために継続的な支援を続けていただけているのを大変感謝しております。


今年はJAM Project以外の3組が初出演ということで、これを機に他のライブでもぜひ東北に来ていただきたいと思っています。










今年もトップは、『不滅のヒーロー SEAJETTER KAITO』で幕を開けました。





img_2439_r.jpg





その後は、佐咲紗花、TRUEと初顔が会場の温度を上げていただきました。


特にTRUEさんの『STEEL-鉄血の絆-』は、現在放送中の『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のED曲ですが、作品の世界観にマッチした儚くも力強い歌詞と、それを歌い上げる伸びのある歌声を生で聴くことができ、とても感激。













3組目として、満を持して遠藤正明さんの登場。





20160319-1.jpg





まずは、前に出したアルバムの1曲目『SPEC』披露。コレめっちゃかっこいいんですけど。。。











ご自身の曲はもちろん、他の女性出演者とのコラボ計4曲を熱唱。(TRUE『DREAM SOLISTER』、佐咲紗花『Snow halation』、atsuko『明日へのbrilliant road』


その後angela、JAM Projectと続き、最期のアンコールでは、出演者&会場の全員で『レスキューファイアー』の大合唱!










初めてのライブハウスでの開催となりましたが、酸素がどんどん薄くなっていったのですが、逆にそれが会場のボルテージを上げていき、より盛り上がることができました。


影山さんも「来年もやる!」と言っていただいたので、これは次ぎも来るしかないなと、また1年生きる理由ができました!


あと、ライブ終わりに久しぶりに食べた『北京餃子』のチャーハンが尋常じゃなくうまかったです!!














【関連記事】
・『ランティス祭り2014 東北 2日目』に行ってきました。 [2014/11/17]
・『みちのくアニソンフェス2013~Eastern Gale』に行ってきました。 [2013/10/15]
・『みちのくアニソンフェス2012〜Eastern Gale~』に行ってきます。 [2012/10/05]















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2016/03/20 10:12 ] アニソン | TB(0) | CM(0)

今日のサンデーモーニング『風をよむ』を見て

201309100611350bc.jpg







今日放送のサンデーモーニングのコーナー『風をよむ』で、”スポーツ回に蔓延するドーピング問題”について取り上げられていました。


最近でいうと、テニス選手マリア・シャラポアの”禁止薬物使用”や、ロシア陸上界の”組織的トーピング”などが時事的に挙げられます。





6_2016031309510685a.jpg






TR2015111101017.jpg











資本主義が発展していくのと比例して、エンターテイメントとしてのスポーツにも多額の金が流れ込むようになってきました。


個人の”勝ち負け”が周囲に影響が広がっていき、オリンピックやワールドカップとなれば世界中を巻き込んだ一大イベントとなってしまいます。


そのため、企業スポンサーや国の威信を背負った一流選手達は、想像を絶するプレッシャーを常に受け続けています。


もっと強く、もっと早く、もっと遠くへ。


いくら努力しようと結果を残そうと、人々の要求が途絶えることがありません。











番組中では、既にスポーツに適した遺伝子を組み込んだ人間を造り出す【遺伝子組み換え人間】が、実現間近になっていると報じられていました。


これまさに『機動戦士ガンダムSEED』に登場する【コーディネイター】ですよね。






【コーディネイター】


「コーディネイター」とは「遺伝子を調整された」ということに由来する。それに対して遺伝子調整されていない通常の人類は「ナチュラル」と呼ばれるようになった。

『機動戦士ガンダムSEED』シリーズにおける「コーディネイター」とは、

「遺伝子調整によってあらかじめ強靱な肉体と優秀な頭脳を持った新人類」

と定義される。

ただ、本来の「コーディネイター」とは「新たに生まれるであろう新人類と人類の架け橋となる調整者となるように」と、最初のコーディネイターのジョージ・グレンによって命名されたものであった。

ところが、その後のコーディネイター作出が「高い金を出し」て「他者より強く!他者より先へ!他者より上へ!」といった社会的勝利の先約を動機とする優生学的なものであったため、必然的にコーディネイター自身が選ばれた新人類であるとする選民思想に取って代わられていき、やがてそれがプラント在住者の中心的イデオロギーとなる。

その一方、ナチュラル側も自分たちに比べると能力面における優秀な人材である事実を妬むがゆえに差別意識が生じ、両者の間で確執が生じてゆく。








この世界では、ジョージ・グレンという男性がスポーツ・学問あらゆる部門で非凡な才能を発揮し、”万能の天才”と呼ばれ、世界から注目を浴びました。





1333276479181.jpg





そんなジョージがあるとき、「自分は遺伝子操作によって生まれた”デザイナー・ベイビー”だ」と告白をきっかけにして、世界は偏在していきます。


わが子を優秀にしようとジョージに続き”デザイナー・ベイビー”を造ろうとする側と、断じてそれを受け入れない側が対立していき、人類全体への戦争へと発展していくのです。











現実のこの世界で”デザイナー・ベイビー”が誕生するのはいつになるのでしょうか?


もしかしたら、私達が知らないだけで、既に誕生しているのかもしれませんね。















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2016/03/13 12:06 ] オタク的日常 | TB(0) | CM(0)

【たっちレディオ】 第256回  アニソンのことひたすらかたり松さんの回

61FOpawmdjL.jpg








2016年3月5日更新分【たっちレディオ】でアニソン専門雑誌『リスアニ!』の編集長である澄川龍一さんをゲストに迎え、「アニソンの何か」について語られています。





B_5tJWhVAAADd0e.jpg





音楽チャートの上位に頻繁に登場するようになったアニソン。


しかして、その定義とは何なのか。


アニソンの過去・現在、そしては未来はどうなっていくのか。


タワーレコードでの勤務経験があり、様々なジャンルの音楽に精通する澄川さんと、おなじみのミュージシャン・田淵智也、作曲家・田代智一の3人が、この問題に正面から挑みます。




photo07.jpg





VrquDQnV.png






アニソンを知ってる人も、知らない人もぜひ必聴!










【たっちレディオ】 第256回  アニソンのことひたすらかたり松さんの回















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2016/03/10 23:29 ] Webラジオ | TB(0) | CM(0)

『本名陽子さんトークイベントin石ノ森萬画館』に行ってきました。

hannatop.jpg


 
 
             




                  


石ノ森萬画館で現在開催中の特別企画展「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」の連動イベントとして 『耳をすませば』(月島雫役) 、『おもひでぽろぽろ』(岡島タエ子役)に出演されている、声優の本名陽子さんのトークイベントを開催いたします。
進行に福島央俐音さん、ゲストにスタジオジブリイベント事業室プロデューサーの田中千義さんをお迎えし、楽しいトークをお届けします。
(作品紹介より)












去る3月5日(土)に、宮城県石巻市で行われた本名陽子さんのトークイベントに行ってきました。


本名陽子さんは、幼少期から子役として芸能活動を始めていましたが、91年『おもひでぽろぽろ』(岡島タエ子役)で声優デビューし、その後も、『耳をすませば』(月島雫役)『猫の恩返し』(チカ役)などジブリ作品に参加されてきました。


ジブリ以外にも、『ふたりはプリキュア』(美墨なぎさ / キュアブラック役)『サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜』(吉野杏里役)といったテレビアニメ、ゲームまたは海外映画の吹き替えなど、幅広くご活躍されています。


今回のイベントは、石ノ森萬画館に開催中の『この男がジブリを支えた。近藤喜文展』の連動企画であり、スタジオジブリイベント事業室の田中千義さんを招き、イベントの内容も主にジブリに関する話題(『耳をすませば』など)を中心に進行していきました。










ジブリ作品はひととおり見ている私ですが、『耳をすませば』についてはそのストーリー以外あまり知識がなく、今回初めて知ることができたことが多くありました。


中でも、劇中で雫が『カントリーロード』を歌うシーンでのエピソードが興味深かったので紹介します。


当初、歌のキーが実際に演奏されたものよりも高いものに設定されていたのですが、本名さんがそのキーでは歌えないという緊急事態が発生。


最終的にキーを半音下げたものに譜面を書き換えたのですが、その音をヴァイオリンで出すために弦を通常ではありえないぐらいに緩め、いつ弦が切れてもおかしくない綱渡りな状況で演奏されていたとか。


また、レコーディングは合計3回されたのですが、1回目の本名さんがガチガチに緊張して歌ったバージョンが劇中で使われ、一番うまく歌えたバージョンがCD音源となったとか。


確かに劇中のシーンを見かえすと、緊張して強ばっている雫の様子が演技にすごく現れています。


実は、本名さんも雫と同様の状況に置かれていて、”演じる”というよりは自然に役とシンクロしていたんですね。


これが最初から演出側が意図していたのか、たまたまそうなったのか気になるところです。


ただ本名さんの1回目の歌声を聴いて、ニヤリとした近藤監督と宮崎監督の表情はありありと想像できますね。










ジブリと言えば宮崎監督の最近の動向も気になるところですが、そこについては、ジブリイベント事業室の田中さんから言及がありました。


いわく、


「宮崎駿は、CGアニメを作っている。」


あの手描きアニメーション原理主義の宮崎監督がCGによるアニメ制作を作っているなんて!という驚き。


そして、制作部門が廃ししたジブリでアニメを作るためには、マンパワーに頼らないCGアニメにシフトしなければならないという納得感、腑に落ちた感覚がありました。


ただ「やっぱり手描きじゃないとだめだ」と文句を言いながら、短編アニメなんですが、いつ完成するのかまったく予定が立っていないとか。


やっぱり宮崎監督だなぁーと少し安心しました。


恐らくジブリ美術館で上映する作品になるでしょうから、完成したらぜひ見に行ってみたいと思います。































石ノ森萬画館公式サイト:http://www.man-bow.com/manga/160305talk.html



















【関連記事】

・『石ノ森萬画館 近藤喜文展』に行ってきました。 [2015/11/28]















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2016/03/07 00:00 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

【熱量と文字数】 146 俺の萌え「品詞萌え」編

1_2_low.png







私が欠かさず聞いていますポットキャストの番組【熱量と文字数】から、バックナンバー『俺の萌え「品詞萌え」編』を紹介します。


この回は、サンキュータツオ編集長が自らの”萌え”について、語っています。


ずばりテーマは【品詞】です。



動詞とか名詞とかのアレです。


元々タツオ編集長は早稲田大学で日本語学を研究した経歴があり、現在も一橋大学で講師として、外国人に日本語を教えている根っから学者肌の方です。


またデープなオタクでもあるわけですが、この回ではその2つが見事に融合しています。


品詞を愛し過ぎてしまった編集長は、品詞を擬人化しキャラクター付けをすることで、ある種の”萌えキャラ”にしてしまったのです。


例えば本編の内容をピックアップすると、




○動詞、形容詞、形容動詞は社会人(自立し、社交性がある)


○名詞は引きこもり(印税生活)


○連体詞はハグレ者の不良


○『大きな』は昔滅んだ一族の末裔





などなど。


これは本当に面白い内容なので、ぜひ必聴のこと!


146 熱量と文字数 【俺の萌え「品詞萌え」編】















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2016/03/03 23:36 ] Webラジオ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
45位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード