とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  2015年12月

幼女戦記 4 Dabit deus his quoque finem.                                 ――――― 世界を敵にまわしても、幼女<バケモノ>は戦う。

81WNcR7skFL.jpg
幼女戦記 4 Dabit deus his quoque finem.
著者:カルロ・ゼン
イラスト: 篠月しのぶ
発売元:講談社
発売日:2015/10/13











【注目キャラクター】



「神様、どうか、私に力を。

 ・・・・・・あの悪魔を殺す力を、私にください。」




img158.jpg



メアリー・スー
協商連合軍航空魔導師、アンソン・スーの愛娘。
協商連合陥落の際、父を残して家族で「合衆国」へ脱出。その後父の戦死の報を聞き、合衆国軍で魔導師の道を選ぶことになる。












【レビュー】










       「・・・・・素晴らしい。なんと可憐なのだ。」







img157.jpg















      


世界を敵にまわして、幼女は戦う

愛くるしい幼女の外見をしながらも『悪魔』と忌避されるは、帝国軍の誇る魔導大隊指揮官、ターニャ・フォン・デグレチャフ魔導少佐。

砂塗れの南方戦線から帰還するや否や、待構えていた参謀本部より彼女に発令されたのは、胡散臭い『演習命令』。
それは、連邦領への極秘裏に遂行される越境作戦。

そこで目の当たりにしたのは……誰もが、ありえないと信じて疑わなかった連邦の参戦。
その幻想は、放たれる列車砲の一弾と共にかき消される。

帝国は、戦うしかない。世界の全てを敵に回しても。
もはや勝ち続ける以外に道はない。

その先にあるのは不朽の栄光か、栄光の残照か。
答えは、ターニャ・フォン・デグレチャフだけが知っている。
(作品紹介より)












いよいよ【世界大戦】への布石が芽を出し、【帝国】は孤立無援への道を突き進んでいきます。


今巻では、これまで日和見をしていた【連邦】(モデル:ソ連)が突如参戦してきたり、





img156.jpg






ターニャの前に以前殺した協商連合軍航空魔導師の娘が、【合衆国】からの義勇兵として現れたり、





img155.jpg






【連邦】の官僚がめっちゃロリコンだったり、





ターニャが”魔導中佐”に昇進したと思えば、新設された【サラマンダー戦闘団】を率いるよう命令を受けたり。










次巻からは、激化する戦争の中、新たな戦地・新たな部隊で活躍するターニャがみれることでしょう。


彼女の向かう先にある未来は、光か闇か。





img159.jpg













































【関連記事】

・幼女戦記 3 The Finest Hour 戦場の霧を見通すのは、幼女【バケモノ】ただ一人。 [2014/12/15]
・幼女戦記 2 Plus Ultra  ――最前線にて幼女<バケモノ>は嗤う。 [2014/06/03]
・幼女戦記 1 Deus lo vult ――戦争の最前線にいるのは幼い少女。 [2013/11/28]
















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2015/12/31 23:11 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

ちはやふる 29     北央vs瑞沢、因縁の対決再び―――――!!

81s5yVNCQ-L.jpg
ちはやふる 29(BE LOVE KC)
著者:末次 由紀
発売元:講談社
発売日:2015/10/13











【注目キャラクター】



「千早・・・・さっきは・・・・

 ちょっと言葉がちがったなと思って・・・・。

 
 おまえは ずっと・・・・

 強くて孤独なやつのそばにいてやろうと
 してたんだもんな。

 冷たくない まちがってもねぇよ。」




img146.jpg


木梨 浩
北央学園かるた部部長で、通称「ヒョロ」。千早とは同学年。2年連続太一の対戦相手で、太一をライバル視している。
小学生の時、府中白波会で千早たちと知り合う。中学校からは北央学園に通っており、現在はB級選手。「ヒョロットカード」という独自のカードを使った占いで、団体戦の相手のオーダーを高い的中率で予想できる。












【レビュー】










「―――少年よ。

  この空気を感じても 同じことが言えるの?」








img141.jpg














      


白熱の全国大会東京都予選決勝リーグ。各チームが横一線に並ぶ中、千早たち瑞沢高校かるた部は宿敵・北央学園との最終戦に臨む。

だが、千早や新・太一とともに、かるたを通じて仲間になったヒョロ率いる北央の団結力は、瑞沢のそれをはるかに凌駕し……!?

そんな千早たちの熱戦の裏で、太一はひそかに名人・周防久志のもとを訪れていた。

かつて自分を打ちのめしたはずの“才能“のそばで、太一が初めて掴んだ思いとは――?

チームの意味を知り、仲間の思いを知る団体戦。近江行きの切符をもぎ取るのは――!?
(作品紹介より)

















■ヒョロが作った”負けない北央”





前巻より始まった全国大会東京都予選。


瑞沢と全国大会進出を争うのは、東京のかるた強豪校”北央学園”。


これまでの北央は、前々主将の須藤さんや前主将の甘糟といった強烈な”個の力”によって、その地位を確立してきました。


しかし、今年の北央の前評判はそこまで高くありません。


なぜなら部長の木梨(通称”ヒョロ”)がB級であり、インパクトのある部員がいないから。










そんなイメージを見事ぶち壊してくれたのが今巻です。


まず表紙! ヒョロを中心に北央のメンバー(OB含む)が押し出されています。


本編でも、北央の今巻でのフューチャー&活躍ぶりは、目を見はるものがありました。


全国大会進出をかけた瑞沢と北央の一戦。





img135.jpg





見せつけられたのは北央の強さ。


いわく、”近年最強”。


その秘訣は、徹底的に勝ちにこだわった戦略にありました。


相手チームのオーダーを読み切り、部長であるヒョロが強い選手と当たるようにする。ヒョロが負けても、他の部員が確実に勝ちきることで負けないチームを作り上げていたのです。





img139.jpg





自尊心の強いヒョロですが、チームで勝つという信念にもと、後輩を鍛え上げ、自分を犠牲にしてきました。


その想いが結実する瞬間が来たのです。





img140.jpg





物語当初から登場し、千早や太一、新とも知己であるヒョロ。


彼もまた青春の全てをかけてかるたに打ち込んできました。


その結果作り上げた揺るぎない強さにより、瑞沢との試合に勝利することになります。




















■1人目のかるたの”プロ”





千早達が全国大会出場を目指し戦っている一方、”クイーン”若宮詩暢は悩みの中にいました。


自分にはかるたしかない。でも、かるたには”プロ”がないから、将来は別の道に進まなければならない。――――――そんな想いを抱えていました。


手始めにパン屋でバイトをしてもみなしたが、使い物にならないということでクビになり。





img145.jpg





img147.jpg










どうにもならない怒りを祖母にぶつける詩暢。





img148.jpg







img149.jpg






どんなに強くてもこの先に道がない辛さ。自分が大好きで極めたものが、生きるための糧にできない悲しさ。そんな様々な気持ちが詰まった悲痛な叫びでした。


そんな中、平然と祖母は言うのです。





img150_20151213210109a1d.jpg






img151_20151213210111155.jpg






img152.jpg





この孫にして、この祖母あり。


京都府議員を務める女傑が、詩暢に未来への光を指し示したのです。


示された光は、まだ小さく、弱いものかもしれません。


でも、詩暢なら絶対につかみ取ってくれるはず!


”世界で1人目のかるたのプロ”


なんて心躍る言葉なのでしょう。




















■高校最期の”朱い夏”が来る





北央に破れた瑞沢ですが、ギリギリのところで上位2位に入り、全国大会出場を決めることができました。


その一報は、瑞沢かるた部を退部した太一へも届けられました。





img143.jpg






”名人”周防のもとで、一から自分のかるたを見直し、初めてかるたが面白いと感じられた太一。





img137.jpg






img138.jpg





太一は必ず瑞沢に戻ってきてくれると信じていますし、そのときには何倍も力を付けていると思います。










季節は巡り、夏――――――。


”聖地”近江神宮で今年も全国大会が開催されます。


千早達にとっては、瑞沢高校かるた部として戦う最期の夏。


瑞沢の団体連覇なるか、それとも富士崎の逆襲か。はたまた北央が昇ってくるのか。


そして、個人戦の行方は。


部活としてのかるたを描いた本作品の、1つのクライマックスをこれから迎えることになります。





img153.jpg






img154.jpg











































【関連記事】

・ちはやふる 28   仲間と戦う最期の夏――――。 [2015/09/07]
・ちはやふる 27 & あさひなぐ 15  ――― 部活の”下克上”を描く。 [2015/08/14]
・ちはやふる 26   あなた一人を、思ってきた―――。 [2014/10/25]
・ちはやふる 23  ―― 勝敗は、指先のみぞ知る。 [2013/12/20]

・ちはやふる 22  恋したんだ、きみの夢に―――。 [2013/09/21]
・ちはやふる 21 [2013/06/13]
・ちはやふる 20 [2013/03/24]
・ちはやふる 19 [2013/03/01]
















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2015/12/23 20:16 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

【天地無用! 魎皇鬼】第4期制作決定!

tenchimuyo_4th_top_01.jpg











1992年から始まった【天地無用!】シリーズ。


その最新作であるOVAシリーズ【天地無用! 魎皇鬼】第4期の制作が、先日岡山県で開催された『高梁アニメ祭』にて発表されました。


本シリーズはこれまで、本編&スピンオフ作品含めて多くの作品が世に出ており、OVA、テレビアニメ、劇場版アニメ、小説、ゲームと展開されていき、メディアミックスの先駆けといえるような長寿シリーズとなっています。(ちなみに、【聖地巡礼】ブームとなった最初の作品とも言われています)


その産みの親である梶島正樹さんは、現在でも精力的に活動を続けており、自筆の小説を毎年1作は発売されますし、作品の裏設定等をまとめた冊子を毎回のコミケで販売していたりもします。






51HRxd.jpg





1_20151220225633cd9.jpg





10_201512202256340ab.jpg










そもそも天地無用!という世界観自体、宇宙規模に壮大かつ綿密な設定が既に存在し、それをどこまで作品という形で出すことができるのかが一番の問題となっています。


3期から10年が経過し、OVAはこれ以降出ないのではないかと心配していたこの頃。今回のニュースを聴き、またあの世界に行けるんだという喜びを強く感じました。


まだストーリー等の詳細は発表になっていませんが、私の中の天地無用の【正史】とも言える【魎皇鬼】を冠する作品でハズレはないと確信しています。


天地無用の世界の歴史がまた1つ明らかなになることを期待し、続報を待ちたいと思います。
















公式サイト:http://tenchimuyo4th.com/
















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2015/12/20 22:44 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

WOWOWぷらすと『観る前に語る! 男だらけのSW(スター・ウォーズ)』

rr_201512162231555e9.png











ついに「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」公開月に!

観る前に語る、男だらけのスター・ウォーズ論!



【出演者】

MC:速水健朗

ゲスト:宇野維正、堺三保、添野知生














新シリーズ第1作目『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公開前夜。





Star_Wars_Episode_VII_The_Force_Awakens.jpg





明日12月18日に全世界一斉公開がいよいよ行われます。


ニコニコ動画で配信されていますエンターテイメント深掘りトークバラエティ【WOWOWぷらすと】、今回は、SWの熱狂的ファンである男達が、シリーズを通して熱く語っています。










全ての原点『エピソード4』が公開されたのが、1977年。


そして、新三部作の第1作目『エピソード1』が公開されたのが、1999年。


なぜSWだけがこれだけのヒット作となり得たのか。


なぜこんなにも人々は熱狂し続けているのか。


それらの疑問を、1作目公開当初からシリーズを見続けている男達が解き明かします。


公開された時代背景、世界情勢、そしてハリウッドの再興につながった歴史の転換点的意義。


今回は、今まで漠然と感じていたSWの”スゴさ”を具体的・理論的に説明した画期的な回だと思います。











明日から公開が始まる新たなSWについて、解禁されている情報は少ないのですが、その注目点についても紹介されていました。


・主人公が女性


・準主役に黒人


・ジョージ・ルーカスがまったくのノータッチ


・監督がJ・J・エイブラムス



以前は劇場に行き気はまったくなかったのですが、今回の話を聞いて、ぜひ映画館で観てみたいと思いましたね。































【WOWOWぷらすと】観る前に語る! 男だらけのSW















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2015/12/16 22:58 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

ガールズ&パンツァー 劇場版  ――――― 新たな試合(たたかい)が始まる!

bg_index20151002.jpg

ガールズ&パンツァー 劇場版
原作 - 士郎正宗(講談社 ヤングマガジンKCDX)
キャラクター原案 - 島田フミカネ
企画 - 川城和実、井上俊次、百武弘二、太布尚弘、梶尾徹
設定考証・スーパーバイザー - 鈴木貴昭
監督 - 水島努
シリーズ構成・脚本 - 吉田玲子
キャラクターデザイン・総作画監督 - 杉本功
キャラクター原案協力 - 野上武志
ミリタリーワークス - 伊藤岳史
プロップデザイン - 竹上貴雄、小倉典子、牧内ももこ、鈴木勘太
美術設定 - 比留間崇
美術監督 - 大西穣
色彩設計 - 原田幸子
撮影監督 - 大庭直之
編集 - たぐまじゅん
モデリング原案 - 原田敬至
3D監督 - 柳野啓一郎
3Dチーフモデラー - 後藤岳
3Dプロデューサー - 向田善弘
3D制作 - グラフィニカ
音響監督 - 岩浪美和
音響効果 - 小山恭正
音楽 - 浜口史郎
音楽プロデューサー - 小池克実
音楽制作 - ランティス
チーフプロデューサー - 湯川淳、伊藤善之、細川修、臼井久人、堂下律明、古神子広一
プロデューサー - 杉山潔、関根陽一、小岐須泰世、林洋平、石垣毅(TV)
アニメーションプロデューサー - 丸山俊平
アニメーション制作 - アクタス
製作 - バンダイビジュアル、ランティス、博報堂DYメディアパートナーズ、ショウゲート、ムービック、キュー・テック
公式HP - http://girls-und-panzer.jp/











【注目キャラクター】



 「人は”失敗する生き物”だからね。

 大切なのは、そこから”何か”を学ぶことさ。」




mika.jpg


ミカ
継続高校の隊長でBT-42の車長兼砲手。車内でもフィンランドの民族楽器カンテレを弾いている。幻想的でつかみどころのない佇まいをしており、話す内容は哲学的である。(CV:能登麻美子)











【レビュー】







      「 取り戻せ ―――――――  」






gp_001_cs1w1_400x.jpg















      


第63回戦車道全国高校生大会で頂点へ上り詰めた大洗女子学園に、平穏な日々が戻ってきた。

ある日、大洗町でエキシビションマッチが開催されることになり、大洗女子学園は知波単学園と混成チームとして出場し、聖グロリアーナ女学院・プラウダ高校混成チームと対戦する。

選手たちは戦いを通じて友情を育む中、生徒会長の角谷杏が急用で学園艦に呼び戻され……。
(作品紹介より)

















劇場で観てきました!


いやーすごい観客動員力ですね。


地方の映画館なのに、シネコンなのに、公開3週目なのに、最前列の席しか空いていませんでしたよ。


2時間上向きっぱなしで観てましたよ。


テレビシリーズが3年も前のことなんですが、未だにこの人気とは・・・・・。


改めて本作のポテンシャルの高さをまざまざと実感。











気になる本編は。


最初は、各校混成軍によるエキシビジョンマッチ。


冒頭シーンかと思いきや、20分以上やってたと思いますね。


もはやこれだけでも、OVA1作になるのではないかという観ごたえでした。


ここで新規に登場したのが、大日本帝国軍をモデルとした【知波単学園】と、フィンランド軍をモデルとした【継続高校】


知波単学園の”突貫主義”は完全にお笑い担当でした。










そして、物語の”転”としては、再び大洗女子学園の廃校問題が急浮上。


全国大会で優勝すれば廃校は撤回するという約束が保護にされてしまったのです。


「口約束は無効だ」としたのは、文科省の官僚。七三&メガネのザ・ステレオタイプ。


さぁどうする、ってときに持ち上がったのが、【大学選抜チーム】との試合。


今度こそ、この試合に勝てば廃校が決定するということで、これまでのライバルチームが一時的に大洗女子に転校するという力技で、まさかのドリームチームが結成されました。










30両vs30両による史上最大の戦車戦の開幕です。


敵味方入り乱れての大乱戦で、正直どの戦車がどっちのチームのものかわからずだいぶ混乱しました。


これはBlu-rayが発売されたら、じっくり何度も観てみなくては。


地味にアンツィオ高校のアンチョビが偵察部隊として活躍していたのが、個人的には嬉しかったです。










【戦車】という題材をここまで掘り下げて、しかもポップさと両立させて、ここまでの作品を作り上げた水島監督は本当に尊敬します!


『艦コレ』【戦艦】がブームになり、本作で【戦車】がブームになり。


次ぎに来るのは『戦闘機』アニメか!?




















































【関連記事】

・OVA『ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!』 [2014/08/14]
・ガールズ&パンツァー [2013/05/03]
















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2015/12/13 00:17 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

エリィ・ゴールデン ~ブスでデブでもイケメンエリート~

5696066e5bfde1f3028a796c119dc0cb_14092.jpeg

エリィ・ゴールデン ~ブスでデブでもイケメンエリート~
著者:よだ
URL:http://ncode.syosetu.com/n0121cu/(『小説家になろう』サイト内)











【レビュー】

 





    「ブスだ。

    あとデブ。

    ブスでデブだな。

    うん。間違いない。デブスだ、デブス。」


 
 
                   





                  


 自称スーパーイケメンエリートの小橋川は、花の金曜日に六本木へ繰り出し、へべれけになるまで飲みまくっていた。女の子をナンパでゲットし意気揚々とタクシーへ乗り込もうとするところへ、暴走した車が突っ込み、交通事故に遭う。

目が覚めると見たことのない英国風の造りの病室で眠っていた。そして鏡を見て絶叫する。鏡に映っていたのはジムで鍛えた筋肉美でなく、ブスでデブでニキビ面で冴えないエリィという少女だった。

小橋川はデブでブスになったことを苦悩しながらも、大切なものを失ったエリィの辛い境遇を知り、自身の経験を駆使し、ダイエット、おシャレ、営業活動、冒険、と自由に生きていくことを決意する。

 デブでブスの女の子に転生した完璧主義のイケメンが努力して美人になり、おちこぼれだった学校の成績もぶっちぎりになる、シンデレラサクセスストーリーです。
(作品紹介より)












軽快なギャグを中心にキャラクター達をコミカルに描き、サクサクと読みやすいライトな作品です。


しかし、設定が以外と練り込まれており、作中にチラっと出てきた言葉が後々物語に深く絡んできたりと、ひと味違う創意工夫が見られるところに、オタク心をくすぐられます。


文章の表現力も素人と思えないほど素晴らしく、特に主人公が憑依する前のエリィの日記の内容を描いた場面は、もう涙が勝手に溢れてくるほどの心を揺さぶられるものがあります。


やっぱりデブでブスという社会ヒエラルキーの下位にいる少女がのし上がっていくサクセスストーリーは、読んでいて単純に気持ちいいですね。













よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2015/12/09 23:02 ] Web小説 | TB(0) | CM(0)

『JAM Project 15th Anniversary Premium LIVE THE STRONGER’S PARTY横浜公演』に行ってきました。

IMG_0774_R.jpg








日時:2015年11月29日(日)
OPEN 16:30/START 17:30
会場:神奈川・横浜アリーナ



【セットリスト】
1レスキューファイアー
2Crest of “Z’s”
3Unlimited Force
4Rebellion~反逆の戦士達
5breakthrough
6Maverick~覚醒されし獣~
7Generation!
8サイボーグ009~Nine Cyborg Soldiers~
9牙狼メドレー(EMERGE ~漆黒の翼~~炎ノ刻印 —DIVINE FLAME—~一触即発 ~Trigger of Crisis~~WANDERS~我が名は牙狼~牙狼 ~SAVIOR IN THE DARK~)
10ハリケーンLOVE
11鋼の救世主
12嘆きのロザリオ
13Little Wing
14The Gate of the Hell
15No Border
16Portal
17アルバムテーマ曲メドレー(THE MONSTERS~SEVENTH EXPLOSION~MAXIMIZER~THUMB RISE AGAIN~覚醒X)
18Always be with you
19HERO
20決戦 the Final Round
21Sempre Sonhando~夢追人~
22Fight to the end~聖戦~
23鋼のレジスタンス
24THE HERO!! ~怒れる拳に火をつけろ~
25ヒカリへのカウントダウン
26Rocks
27GONG

アンコール
28CRUSH GEAR FIGHT!!
29VICTORY
30SKILL















行ってきました横浜アリーナ!





JAMも今年で結成15周年ということで、【アニソン】の発展のために尽力してきた彼らの”生き様””情熱”を、存分に感じることができた素晴らしいステージでした。


思い返せば、私が初めてJAMのライブを観戦したのが、2010年のライブツアー『MAXIMIZER』仙台公演。


当時は結成10周年記念のオリジナルアルバムを引っさげてのツアーでしたが、仙台公演当日、奥井さんが体調不良で出演ができませんでした。


その中でも男メンバー4人で見事公演をやり遂げ、観客達のボルテージも普通のライブよりも盛り上がり、本当にアツイライブだったということを覚えています。


あれから5年たった今、メンバーも歳をとり、体力的には衰えてきているはずなのに、発表する曲は全てカロリー高すぎ!


ライブパフォーマンスも常に進化を続け、パワフルさは更に増しているとさえ見えました。















今回のライブの最大の特徴は、上の画像でもわかるとおり、ステージが会場の中央に設置されているということです。


360度観客に囲まれてのライブは、メンバーいわく、「最高に気持ちいい!」そうです。


ちなみに、影山さんは兵庫公演の際誤って、「365度」と言ってしまったらしく、今回のライブではネタとしてことあるごとに、持ち出されていたのが笑いを誘っていました。


中央のステージから観客の近くまで来ることができる通路もあり、メンバーがそれぞれ曲の合間に近くまできて手を振ったりしてくれるので、通常のライブよりもメンバーを近くで見ることができる工夫がなされていました。


会場の一体感が良かったですね。
















観客側もJAMの15周年を祝おうと世界各国からファンが集合。


その中になんとあの有名番組の密着取材が行われていたのです!


テレビ東京の大人気番組『Youは何しに日本へ?』です!


なんでもブラジルとチリから来た女性2人のJAMファンを取材していたとのこと。


これは放送が楽しみだぜ!!!















来年は、一昨年の『THUMB RISE AGAIN』以来のオリジナルアルバムの制作と、ライブツアーの開催が発表されています。


次ぎの節目である20周年までの5年間。


JAMの曲に勇気と強さをもらいながら、20周年の記念ライブは、私自身も成長した姿を見せられるようがんばっていきたいと思います。


手始めに体重をもう少ししぼらないとなぁ。


















【関連記事】

・『JAM Project LIVE TOUR 2013-2014 THUMB RISE AGAIN  武道館公演』に行ってきました。 [2014/02/13]
・『JAM Project LIVE TOUR 2013-2014 THUMB RISE AGAIN  仙台公演』に行ってきました。 [2013/12/17]
・JAM Project LIVE 2010 10th Anniversary Tour MAXIMIZER in イズミティ21② [2010/07/03]
・JAM Project LIVE 2010 10th Anniversary Tour MAXIMIZER in イズミティ21① [2010/06/27]
















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2015/12/06 00:04 ] アニソン | TB(0) | CM(0)

【書籍化情報】 蜘蛛ですが、なにか?

book12.jpeg
蜘蛛ですが、なにか?
著者:馬場 翁
イラスト: 輝竜 司
発売元:KADOKAWA/富士見書房
発売日:2015/12/10













女子高生だったはずの「私」は目覚めると……なんと「蜘蛛」に転生していた!

周囲は毒ガエルや猿の化け物、果ては龍まで……って、コレもう詰んでない!?

種族底辺・メンタル最強女子の、迷宮サバイバル開幕!
(作品紹介より)












小説投稿サイト『小説家になろう』で絶賛連載中の本作。


この度カドカワBOOKSより書籍化されることが発表されました!


以前このブログ内でも紹介していましたが、その後も順調に連載が続き、現在は記事を書いたときには考えられないくらい複雑に入り組んだ物語が繰り広げられています。





ただの【異世界転生モノ】だと思うなかれ!


読んだあなたは必ずダマされる!?






書籍化が決定した今でも、サイト公開分は削除されずに残っています。


ぜひ読んでみてください。


そして、気に入ったら書籍も手に取ってください。










Web発の小説の書籍化が一般的になり、【なろう系】という言葉も定着しつつある現在。


もはや読者とクリエイターの境目はないに等しい、カオスで面白い時代が来ているように感じます。


その流れを止めないためにも、本作のようなポテンシャルの高い作品を見つけ、紹介し、応援し続けていきたいと思います。



































【関連記事】

・ 蜘蛛ですが、なにか?  ――――どうやら私は、蜘蛛に転生してしまったらしい。 [2015/07/07]
















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2015/12/02 21:44 ] Web小説 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
32位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード