とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  2015年11月

『石ノ森萬画館 近藤喜文展』に行ってきました。

kondoh_01.png






  「感じの出る絵、感じを出す動き、それを描き出せる人、
  それがぼくにとっての近ちゃんでした。」   高畑 勲



  「僕が出会った何百人ものアニメーターの中でも、
  屈指といってもいい感じのいい仕事をする、
              腕の良いアニメーターでした。」  宮崎 駿









会期
2015年10月10日(土)~2016年4月10日(日)
会場
石ノ森萬画館2階企画展示室
開館時間
9:00~18:00(※12~2月は17:00まで)
※ご入館は閉館の30分前まで
休館日
第3火曜日(12~2月は毎週火曜日)※年末年始は開館
観覧料
大人800円/中高生500円/小学生200円/未就学児無料(常設展観覧料含む)
※20名より団体料金2割引き
※障害者手帳・療育手帳をお持ちの方はご本人様と付き添いの方1名様が無料
主催
石ノ森萬画館・ミヤギテレビ
企画制作協力
スタジオジブリ、三鷹の森ジブリ美術館
後援
石巻市教育委員会、石巻市文化協会、ISHINOMAKI金曜映画館
公式サイト
http://www.man-bow.com/manga/kikaku/59th/



近藤喜文(1950-1998)は、新潟県五泉市に生まれ育った日本屈指のアニメーターです。
「赤毛のアン」「火垂るの墓」など、日本のアニメーション史に残る作品で作画監督やキャラクター・デザインを務め、1995年には初の長編アニメーション「耳をすませば」を監督しました。近藤氏は学生の頃に漫画家を志しており、石ノ森先生のアトリエによく足を運んでいたこともあり、このような縁もあって今回当館で開催する運びとなりました。
本展覧会は、「耳をすませば」公開20年を記念して、スタジオジブリの全面協力を得てジブリ作品の展覧会としては宮城県で初開催となります。アニメーションの原画やイメージボード、スケッチなどを展示し、高畑勲・宮崎駿両監督から厚く信頼を寄せられた近藤喜文が関わったアニメーションの仕事を振り返ります。













アニメーター・アニメ監督として活躍しながら、47才の若さで亡くなられた近藤喜文さん





687474703a2f2f7777772e74656e792e.jpg





監督作品『耳をすませば』公開から20年を記念し、石ノ森萬画館での特別企画展が今回実現しました。


展示で近藤さんの経歴を振り返ると、Aプロダクション、日本アニメーション、テレコム・アニメーションフィルム、スタジオジブリと数多くの会社を渡り歩いてきたことがわかります。


その長い経験とセンスに裏打ちされた確かな技術、そしてその人柄によって、多くの方々から尊敬された人なのだなと感じられました。











私は『もののけ姫』の制作現場のドキュメンタリーを見たことがあるので、その中での近藤さんの印象がとても強く残っています。


当時、宮崎監督の下で作画監督を務めた2人の内の1人が、近藤さんでした。もう一方の作画監督である安藤さんはまだ若く、ひたすら一生懸命絵に向かい合っているのに対し、近藤さんは終始穏やかで現場を包み込む優しさに溢れた役回りを担っていたように感じました。


しかし、今回展示の中で見た『リトル・ニモ』のパイロットト版を見たときに、そのイメージが一新されるような衝撃を受けました。


『リトル・ニモ』は、1980年代にテレコム・アニメーションフィルムにより制作された劇場作品です。


当初メインスタッフとして関わっていた近藤さんですが、制作途中でテレコムを退社することとなり、作品制作からの離脱も余儀なくされます。ここで、これまで作ってきたものを残すため、同じくメインスタッフであった友永和秀とともに、3分半のパイロット版を制作します。


後生、そのできの良さで”近藤喜文代表作の1つ”に数え上げられるほどの評判を呼びましたが、当時は、どこにも公開される予定もないお蔵入りする可能性が高かった作品です。


その中でも作り上げたというのは、近藤さんのクリエイターとしてのプライドであり、”作品を残す”ということが人生の最大のテーマだったということが伺えます。今でもその映像を見ると、劇中の空を飛ぶシーンや水の中のシーンなど、圧倒的スピード感や独特のアングルに夢中になって見入ってしまいました。


優しげな笑顔の下には、ギラギラした情熱と飽くなき探求心が眠っています。










私は近藤さんの”旬”な時代に生きることができませんでしたが、残した作品達に触れる機会に今回恵まれたことを嬉しく思います。


またアニメの歴史を1つ、胸に刻んだような思いがしました。































よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2015/11/28 00:00 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

ハイキュー!!2ndシーズン 第8話 「幻覚ヒーロー」

6_201511221305571c1.png





            「日向と月島くんがライバルなら、


          ”太陽” VS ”月” だね!


          ”日”向 と ”月”島だから。」

















ここまでの合宿中の月島の様子を見て思うところがある山口。

日向なら何と声をかけるかを尋ねるが、「山口なら月島になんて言う」と逆に問いかけられる。

小学生のころから自分の憧れであった月島に対し、山口がとった行動とは…。
(ストーリー紹介より)

















■”月”を強調したアニメ独自演出





今話の主役は、烏野MB・月島 蛍


彼はいつも冷めた態度で、バレーへの熱意や一生懸命さが見えません。


そして、その原因となったのが、同じバレーをやっている兄の影響であるということが今話で語られています。


憧れであったはずの兄の挫折と、大好きな兄にウソをつかせてしまった自分に対しての言葉「かっこ悪い」。その一言が今の月島を作り上げてしまいました。


築いてしまった自分の”壁”を月島が崩すことができるのか―――――――。











この回で私が注目したのは、”月”を使って月島の心情を表現する演出です。


原作でも小さいコマで月は描かれていますが、アニメでは更に強調され、印象的に視聴者の心証に残るよう工夫されています。


まず、月島の小学生時代のシーン。ここで月島が来ている服に大きな月のマークが入っています。





1_20151122130541d0d.png






ここで、月島=”月”という置換を行っています。


次に、月島の過去のトラウマが明らかになり、彼の鬱屈した心情を表現するために、月が雲に隠れるシーンが組み込まれています。





3_20151122130542148.png






そして、山口が月島を説得し、気持ちが吹っ切れた直後のシーンでは雲に隠れていた月が顔をのぞかせるという、月島の心情とシンクロした演出がなされています。





5_20151122130539040.png





4_20151122130544bea.png










終盤の試合シーンで、月島が今までにない迫力を見せます。





7_20151122130558000.png





9_2015112213060066b.png






このとき日中にも関わらず、月が空に描かれています





20.png






これは以前の月島の発言、「派手に暴れるのが日向の役目。日向が後衛に回っている間、極力無難に凌ぐのが僕の役目。」という日向に対する引け目が払拭された証のメタファーです。


これまでは、昼=主役(日向)、夜=脇役(月島)という描かれ方をされてきました。


しかし、昼でも見えにくいだけで確かに月は空に登っている。


つまり、同じポジションである日向と月島の本格的なレギュラー争いがここから始まるんだ、という宣言のように私には思えました。
















■演出・佐藤雅子





上記の独自演出の裏には、この回の絵コンテ・演出を担当している佐藤雅子という方の意思が大きく働いているのではないでしょうか。


この方は、1999年に【スタジオジブリ】に入社し、原・動画として『崖の上のポニョ』等に参加。高畑監督の『かぐや姫の物語』では、絵コンテ補佐を務めました。


その後フリーとなり、近年ではテレビアニメを中心に、絵コンテ・演出として活躍されています。










どうしても声優さんや監督、作画監督ぐらいしか名前を見る機会はないのですが、アニメはもちろんその他大勢のスタッフ達の働きにより制作されています。


原画、動画、美術、仕上げ、CG、音楽・・・・etc.


それらのスタッフ達も気になったときだけでも調べていって、作品への理解と楽しみ方を深めていきたい!


と今回のことで考えさせられました。















公式サイト:http://www.j-haikyu.com/anime/


















【関連記事】

・『うたわれ』『ハイキュー!!』 今後の期待を高める秀逸回! [2015/11/08]
・ハイキュー!! セカンドシーズン 第1話『レッツゴートーキョー!!』 [2015/10/10]















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2015/11/23 00:00 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

【熱量と文字数】2015年10月からのアニメ新番組全部見てみた件

37b79476bf280037ff39394ac21f55ca_400x400.jpeg
出演:
サンキュータツオ(米粒写経)
国井咲也
あしとみしんご
公式サイト:http://netsumoji.com/










オタク芸人サンキュータツオが主催するポットキャストで毎週更新されている
『熱量と文字数』


そこで、恒例企画である『アニメ新番組全部見たみた件』が先日配信されました。


この企画は、毎回今期の新作アニメを、サンキュータツオ、国井咲也、あしとみしんごの3人が全て見てみた結果、期待値ランキングを発表するというものです。


まずは各自が1~20位を決め、1位は20ポイント~20位が1ポイントと、ポイントを割り振ります。最期に3人が投票したポイントを合計し、番組としてのランキングを作成していきます。


毎期50作以上の新作アニメが発表されている現状、全ての作品をチェックするのは至難で、出演者いわく”3ヶ月に1度の苦行”だそうです。















今回の2015年10期の期待値ランキングは、以下のとおりになりました。






1位 57p ワンパンマン


2位 50p ルパン三世
3位 41p おそ松さん



4位 40p 櫻子さんの足下には死体が埋まっている
       ヤング ブラック・ジャック
6位 36p すべてがFになる THE PERFECT INSIDER
7位 33p ハイキュー!! セカンドシーズン
8位 31p スタミュ
9位 26p 終物語
10位 24p 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ


11位 22p Dance with Devils
12位 19p サンダーバード ARE GO
13位 16p ヘヴィーオブジェクト
        ご注文はうさぎですか??
15位 15p うたわれるもの 偽りの仮面
        温泉幼精ハコネちゃん
17位 14p Peeping Life TVシーズン
        ヴァルキリードライヴ マーメイド
19位 13p あにトレ!EX
20位 12p コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜














ワンパンマンをこんなにも高評価してるのは以外でした。


強すぎる力を持った主人公と、それが周囲に理解されないという”お約束”的なギャグ。また、どんな敵も一撃で倒すスッキリ感が、歴代最高得点につながったのだと思います。


2位のルパンは当然として、3位には世間で話題騒然のおそ松さんがやはりランクイン。   


波乱としては、8位にスタミュが入ったのが、かなり驚かされた点でした。スタミュの魅力については、ぜひ放送を聴いていただきたいと思います。










全ての作品を見ることは自分では無理なので、このような企画をやっていただいて大変参考になっています。各作品の特色を短い時間でコメントされており、この放送を聴いてハマった作品も数多くあります。


大変だと思いますが、今後もぜひこの企画を続けていただいきたいです!















139 熱量と文字数 【2015年10月からのアニメ新番組全部見てみた件】















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2015/11/21 17:02 ] Webラジオ | TB(0) | CM(0)

攻殻機動隊 新劇場版   ――――― これが、全ての”起源”。

51bf1cefc395435b71acdebcbf468449.jpg

攻殻機動隊 新劇場版
原作 - 士郎正宗(講談社 ヤングマガジンKCDX)
総監督・キャラクターデザイン - 黄瀬和哉
脚本 - 冲方丁
監督 - 野村和也
総作画監督 - 大久保徹
アニメーション制作 - Production I.G
製作 - 「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会
配給 - 東宝映像事業部
公式HP - http://kokaku-a.jp/











【注目キャラクター】



 「国は、君に愛される努力をすべきだな。」



1429014040_1_4_0934896a1702a4c22f807d947b561880.jpg



藤本 修
内閣総理大臣・藤本彰の補佐官であり、彼の実の息子(長男)。












【レビュー】







    「何が望みだ。

    体とゴーストを売って、統一された規格を得ることか。

    与えられなかった者達を犠牲にして・・・・。



    お前達全員電脳がある、従うべきゴーストを持っている。

    それ以上を他人に望み、代わりに何を差し出す気だ。




    ――――――― 未来をつくれ。








rerw.png














      


西暦2029年3月、日本政府が検討している国防省を庁へと降格させる構想を不服とした国防軍の一部将校が、政府要人ら数十人を人質に国会議事堂内で籠城する事案が発生する。

公安9課の荒巻部長は、200人規模の警官隊で現場を包囲するが、草薙素子は総理大臣補佐官の藤本修から直接出動命令を取り付け、7人の独立部隊で議事堂内に突入する。部隊は首謀者たちを拘束し、人質を解放するが、ゴーストハックされた人質数名が武器を使い、犯人たちを殺害してしまう。

同時刻に、総理大臣の藤本彰が会談中に爆弾によって暗殺される事件が発生する。

会談に同席していた草薙のかつての上官クルツ中佐も爆発に巻き込まれて死亡する。
(作品紹介より)

















■盛大な“前振り”





今作の前に、黄瀬監督が制作したこれまでの『攻殻』について語る必要があります。


2013年6月から劇場公開された中編4本による『ARISE』


キャラクターデザインと担当声優の一新。


脚本に小説家・冲方丁、音楽を世界的に評価が高いコーネリアス


これまでの攻殻のイメージそのものを壊し、再構成するというこの試みは、人々に大きな衝撃を与えました。


当然ファンの間では賛否の声がわかれましたが、この企画を推し進められたのは、Production I.Gの社長である石川さんの力が大きかったのではないかと思います。


石川さんは、きっと”挑戦の人”なのでしょう。


「過去の栄光にしがみつくだけではダメだ。常に進化し続けないと、アニメに未来はない。」


私には、石川さんのそんな信念が見えるようです。


そして、劇場版4作+新作2話を再構成したテレビシリーズ『ALTERNATIVE ARCHITECTURE』が2015年4月より放送開始。


同年に公開される本作『新劇場版』へと続く道筋をつけてくれました。











本作を観てから改めて『ARISE』を振り返ると、その全てが”前振り”になっていることに気づきます。


少佐が軍を辞め、後の【公安9課】メンバーと知り合い、1つのチームになる下地の部分を『ARISE』という劇場版4作+テレビシリーズ1クールを丸々使って固めていったのです。


その結果、本作中で余計な説明部分を排除することに成功し、純粋にストーリー&アクションのみを楽しめる作品として作ることができました。


なんと贅沢な。 なんという剛胆さ。


こんな作品に出会えたことに最大級の感謝を。


そして、本作を作り上げた制作チームに最高のリスペクトを捧げたいと思います。




















■キー・ワード【デット・ライン】





これまでの『ARISE』シリーズでは、現実社会にもつながるいくつもの”キーワード”が登場してきました。


”水ビジネス”  ”途上国内線の先進国への拡大”  ”国家を超える企業集合体”


本作で登場する新たな”キー・ワード”







――――――― 【デット・ライン】。



新型の義体と従来型の義体で電脳の規格に違いが出てしまい、新しい義体に換装できない問題のこと。

この問題を抱える全身義体サイボーグは、やがてメンテナンスを受けることもままならなくなり、旧型の義体とともに朽ちて行くのを待つことになってしまう

この問題について議論も起こったが、巨額の富を生む義体テクノロジーの停滞を嫌った巨大企業グループはこれを黙殺し、現在に至る。









【義体】とは人間の”体”でありながら、”機械”であるということに変わりはありません。


つまり、電化製品と同じように、そこには”規格”が存在しています。


例えば、音声媒体がレコード→カセットテープ→CDと変遷を辿った過程において、規格が変われば過去の再生装置(ハード)は用済みとなってきました。


劇中では、それが義体でも起こり、義体の規格が変わってしまったことで換装がそれ以降できなくなり、取り残される者達が発生するという問題が持ち上がっています。





無題











現実社会に当てはめてみると、パソコンとインターネット技術の登場がこれに近いように感じます。


ほんの20年前、Window95が登場するまでは、コンピュータは専門の技術者が使うものであり、インターネットの整備はまだまだ進んでいませんでした。





49677.jpg





それが今や、ビジネスから様々なサービス、契約手続きまでもパソコンを通じてインターネット上で行われるまでに発展しました。


10代20代の若い世代ならいざ知らず、50代以降の中年~高齢者の間では、これらのツールを使いこなせることができず、様々な面に支障が出てきています。


【パラダイム・シフト】が起こるとき、確かに社会全体にとっても有益ですが、それについていけない人々がいるという現実も忘れてはならないのです。




















■”第4の攻殻”に相応しいラスト





劇中で私が最も驚いたのは、ラストシーンです。











”桜の24時間監視”をしている9課メンバー。





無4






そこに荒巻からの出動要請が。





ewww.png






出動する9課。


事件現場に皆が向かう姿が映され、そこで物語は終わります。





4443.png





443.png










攻殻ファンならすぐ気づく過去作へのオマージュ・シーンですね。


原作第1話の冒頭シーンでもあるのですが、私は『S.A.C. 2nd GIG』のラストシーンを思い浮かべました。





fee.png





reee.png





eerr.png






fssss.png











この2つのシーンには、大きな違いがあります。


それは、『S.A.C 2nd GIG』では、少佐一人が他のメンバーとは真逆の方向に走って行き、そのまま9課を離脱してしまうという点です。


この違いに気づいたとき、鳥肌が立ちました。


本作は、『S.A.C.』で「もしも少佐が9課を離脱しなければ」という”IF”を、ここで表現しているのです。










2002年に発表された神山健治監督の『S.A.C.』シリーズは、原作の「もしも草薙素子が人形遣いと出会わなければ」という”IF”をコンセプトに制作されました。


神山監督はこのコンセプトにより、原作とも押井版とも違うパラレルワールドの独自の攻殻世界を構築しました。


本作もこの構造を取り入れることで、過去作のライン上に存在するのではなく、まったく独立した物語だという意思を表明したのです。


士郎正宗の【原作】、押井守の【GHOST IN THE SHELL】、神山健治の【S.A.C.】に続く、”第4の攻殻”の誕生です。










20140125232637ed8.jpg





hollywood-ghost-in-the-shell_01-1-640-434.jpg






viploader597142.jpg
































































【関連記事】

・攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone  攻殻機動隊、起動 ――― [2014/09/29]
・攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears ―― この義体<カラダ>が求める愛 [2014/08/04]
・攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers 攻殻機動隊はborder:2で動き出す [2013/12/04]
・攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain [2013/06/23]





















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2015/11/16 00:00 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

ひなちゃんの日常  ――――― 明るく優しい心を育んでくれる。

81UrrpuLe+L.jpg
ひなちゃんの日常(産経コミック)
著者:南 ひろこ
発売元:産経新聞出版
既刊:17巻
















【レビュー】











幼稚園児「ひなちゃん」とその家族、友達、地域の人達との平和な日常を描いている。

植物や季節に関する話題や、「けんかをしたら仲直り」といった優しい教訓を扱った内容が多い。
(作品紹介より)













『ひなちゃんの日常』ってマンガ知ってますか?


知ってる人も多くいらっしゃると思いますが、私はお恥ずかしながら今まで読んだことがありませんでした。


本作が連載されているのは、『産経新聞』


お堅い記事の並ぶ中、その一面の片隅にはいつもひなちゃんの笑顔があります。










主人公のひなちゃんは、ただまっすぐで純粋です。


彼女の目に見える世界と自分が見える世界は、なぜこんなに違うんだと思えてきます。


気づくことの大切さ、本質を見抜く力の大事さを教えられた思いがしました。










comic_sample_24.jpg












125275409100916205061_comic_sample1.jpg











最近は、本作を読むのが毎朝の楽しみになっています。































よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2015/11/12 23:22 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

『うたわれ』『ハイキュー!!』 今後の期待を高める秀逸回!

xf64124.jpg
うたわれるもの 偽りの仮面 第6話 「楼閣の主」



遂に登場前作キャラ。


トゥスクルが誇る”女剣奴”カルラと、”うっかり侍”トウカがヤマトに潜伏していることが今回判明しました。


その目的は、ヤマトの繁栄の秘密とトゥスクルの脅威となるかを探るというものです。


現在は、ハクやクオンが滞在する旅籠屋『白楼閣』を立ち上げ、女主人&女中として暮らしています。


クオンの交えての久々の”家族の団らん”は、観ていて癒やされるものであり、前作ファンとして涙が出るほどの嬉しかったです。


小さい頃のクオンの描写がまたかわいらしい!


それを受けて、今回のクオンの表情全体が子供のようにコロコロ変わり、微かに残る幼さが感じられました。


まだ観登場のキャラが大勢いるので、今後の展開がますます楽しみです!!!





公式サイト:http://utawarerumono.jp/




















1446822558_1_1_393bc1b993bf720c7b56d8970d38886e.jpg
ハイキュー!!セカンドシーズン 第6話 「"テンポ"」



前話で、日向が”変人速攻”で目をつぶらないと宣言。


影山とのコンビに亀裂が入り、2人はあれ以来口をきいていません。


そんな日向を繋心は、自身の祖父である鵜飼元監督のもとに連れて行きます。


鵜飼監督は、これまで”特別”だと思っていた”変人速攻”を理論的に分析し、「速攻において主導権はアタッカー側にある」と日向に諭すのです。


速攻とは、「アタッカーの助走のタイミング」=”テンポ”によってコントロールされ、セッターの役割はいかにアタッカーに合わせたトスを出せるかということにあるという話でした。


この回を境に、日向と影山、2人の”進化”への長い道のりが始まります。






季節は移ろい夏休み。


春高バレー前、烏野は最初で最後の長期合宿に東京へと向かいます。


そこで各キャラクターの苦悩・挫折、乗り越えての”進化”が描かれる一番盛り上がるところです。


彼らの熱い熱い”夏”をこれから観ることができると思うと、ワクワクが止まりません!!






公式サイト:http://www.j-haikyu.com/anime/




















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2015/11/08 17:37 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

今期視聴確定作品【2015年秋アニメ編】――― アニメの”秋の味覚”を味わおう!

15av3_2.jpg















■外は寒いが、”アニメ熱”は冷めない





各局が4月新番に次ぎ、力を入れるこのクール。


その例に漏れず、改めて「アニメって本当に面白い!」と思える作品ばかり!


個人的には観てる作品の放送日が固まってるので、まとめて観るのに苦労してます。


嬉しい悲鳴ですね。


今年も残すは、約2ヶ月。


いつもどおりアニメ三昧だった今年もラストスパートです!!




















■視聴確定作品












12351_webreco.jpg

『ハイキュー!! セカンドシーズン』

大人気マンガのアニメ化第2期です!


1期の最期、青葉城西に負けた烏野。


落ちた強豪”飛べない烏”と呼ばれた彼らの快進撃がここから始まる!


今期では【梟谷学園グループ】各校との合宿が最大の見せ場です。


個人的には、新人マネのやっちゃんの良すぎるリアクションが大好きです!
























fb.png

『K RETURN OF KINGS』

メディアミックスを主体とした新世代のアニメ作品です。


テレビ第1期、劇場版を経て、物語はクライマックスを迎えるのか!?


最上級の作画と実力派声優陣が脇を固める完璧な布陣!


今日も我らは叫ぶのさ、”抜刀”!!!

 





















main_20151103115208d58.jpg

『終物語』

【西尾維新アニメプロジェクト】の最新作!


これまで物語のメインに出てこなかった忍野扇が遂に本性を現す!?


正当派ヤンデレ(?)老倉さんにも注目だーー!!


来年には『傷物語』の劇場公開も発表されて、ますます加熱していきます。























68799.jpg

『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』

今期『金田一少年の事件簿』と双対をなすミステリーモノ。


印象としては今日アニの『氷菓』に近いかな。


普段はクールなのに、”骨”のこととなるとテンションMAXになる櫻子さんは可愛すぎます!!!

























visual_01.png

『ワンパンマン』

全ての敵を”ワンパンチ”で倒してしまう超絶パワーを持つヒーロー・サイタマ


周囲に評価されずとも、サイタマは己の信念のもと、今日ものほほんと日常を過ごしています。


だんだんとサイタマのスゴさが理解され、仲間が増えていくのも観ていて楽しいです。























character.png

『うたわれるもの 偽りの仮面』

長年このときを待っていました!


2006年のテレビアニメ『うたわれるもの』から9年の時を経て、続編のアニメ作品が発表となりました。


原作ゲームをプレイしていないのでストーリーはまったくわからないのですが、前作と物語の継続はないが何らかの関連性はあるとか。


その辺りで前作キャラの登場もあるとのことなので、楽しみに待ちたいと思います。























1436440033_1_4_718b14434d2d95c1595932f75caff7df.jpg

『おそ松さん』

今期のダークホース枠


主人公の6つ子が20代のニートになったとう斬新な設定の中、放送コードギリギリの下ネタ・パロディ・社会風刺満載の意欲作です。


古いキャラデザインながら、”萌え”に特化した最近のアニメにはない、ウィットにとんだ引き込まれる不思議な魅力を持つ作品です。


声優陣も大変豪華。


6つ子役にはそれぞれ、櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山 潤、小野大輔、入野自由が抜擢され、名物キャラ・イヤミ役が鈴村健一とイケメン揃い。


EDが6つ子ごとのVer.があるのも、遊び心があって面白いですね。
































【関連記事】

・今期視聴確定作品【2015年夏アニメ編】―――冷房が効いた部屋でアニメを見る幸せ。 [2015/08/02]
・今期視聴確定作品【2015年春アニメ編】 ―――桜舞う新しい出会いの季節。 [2015/04/30]
・今期視聴確定作品【2015年冬アニメ編】 ―――年の始めからアニメ三昧! [2015/02/04]
・今期視聴確定作品【2014年秋アニメ編】  ―― 秋の夜長にアニメはどう? [2014/10/29]

・今期視聴確定作品【2014年夏アニメ編】  ―― 今年も熱い夏になりそうだ。 [2014/07/29]















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2015/11/03 17:30 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
28位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード