とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  2015年06月

公開から2年『言の葉の庭』 ――――今年も梅雨の季節がやってきた

20130903200441.jpg








昨日、平年より2週間以上遅れてようやく東北の”梅雨入り”が発表されました。


この時期になると、2013年に公開された劇場版アニメ『言の葉の庭』を思い出します。


この作品は、梅雨の雨が降る日に出会った男女の恋愛模様をそれぞれの人生の葛藤とともに描いている、名作アニメです。


また、監督が”あの”新海誠ということで、雨を中心とした自然や背景美術が実写より精密かつ美麗であり、それが作品世界に観客を引き込ませる一つのファイクターともなっています。










今でも初めて観たときのことを鮮明に覚えています。


2013年の6月12日。仙台市内にある【フォーラム仙台】の夕方の回でした。


そのとき私は仕事帰りで、外は激しい雨が降っていました。


まるでこの作品を彷彿とさせるようなシュチュエーションでしたね。











あれから3度目の梅雨がやって来ました。


自分の生活環境も当時とは様変わりし、今この作品を観ると受け止め方も変わっているかもしれません。


Blu-rayを引っ張り出して改めて観てみようかな-。



































【関連記事】

・小説 言の葉の庭  ――雨の朝、静かな庭で二人は出会った。 [2014/04/21]
・だれかのまなざし  つり革をまるで”命綱”みたいに強く握って――― [2013/09/20]
・聖地巡礼【言の葉の庭】 [2013/07/27]
・言の葉の庭 [2013/07/01]















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2015/06/28 12:54 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

ふしぎの国のバード 1  ―――― 日本発見紀行(ディスカバリー・ジャパン)

index_201505312340323bd.jpg
ふしぎの国のバード  1 (ビームコミックス)
著者:佐々 大河
発売元:KADOKAWA/エンターブレイン
発売日:2015/5/15












【注目キャラクター】



「私がしたいのは楽しいピクニックではありません。

 この国のことを知るために 私は旅をするんです。」




img060_20150621223450491.jpg


イザベラ・バード
本作の主人公。
イギリス出身の女性冒険家。
これまでロッキー山脈やハワイ諸島など、西洋人にとっての未開の地を訪れ、そこでの体験をもとにした旅行記を執筆。
世界的にも著名人。












【レビュー】





 「荷物は行李ひとつぶん。

 お供は通訳ただひとり。



 明治初頭、東京から蝦夷まで好奇心のおもむくままに

 地図なき道を旅した英国人がいた。



 ―――― 彼女の名は イザベラ・バード。



 消えゆく日本の文化を愛した、

 偉大なる女流冒険家(レディ・トラベラー)!」






img058.jpg














                  


イギリス人の目から見る、懐かしくも驚きに満ちた日本文化

ディスカバー・ジャパン――――これは、古き良き日本文化を取り戻すための物語。

時は明治初頭。東京から蝦夷まで、地図なき道を旅したイギリス人がいた。
その名はイザベラ・バード、冒険家。彼女の目的はただひとつ、滅びゆく日本古来の生活を記録に残すこと。
通訳の伊藤鶴吉をひとり連れ、日本人すらも踏み入ったことのない奥地への旅が、今はじまる!

漫画誌ハルタの実力派新人・佐々大河。初のコミックスは、日本の魅力を熱筆した旅物語!!
(作品紹介より)

















■東京から蝦夷まで 金髪の冒険家が行く





明治初期の日本。


かつて江戸と呼ばれた東京に一人の異国の女性が降り立ちます。






img053.jpg






――――彼女の名は、イザベラ・バード


英国出身で、これまで何冊もの旅行記を執筆した女性探検家でした。


彼女の今回の目的は、”時をさかのぼる旅”





img057.jpg










当時の日本は開国し、西洋文化が怒涛のように流れ込んでいました。


その反面、昔ながらの日本文化が消えつつある、分水嶺のような時代でもありました。


バードは東京を出発し北上していくことで日本古来の文化や風習を見聞し、記録に残そうという決意のもと来日していました。


彼女の最終目的地は、蝦夷地。現在の北海道です。


そこで古代からの文化を守り続けている”アイヌ民族”を会うことが、この旅の本懐です。










現地で通訳兼従者として伊藤鶴吉を雇い、東京を旅立ちます。





img054.jpg





異国人でありながら、日本の文化を日本人以上に愛したバードの旅が今始まったのです。















■史実の人





実はこのバード女史。実在した女性がモデルとなっています。





b83h3.jpg






彼女は明治時代の東北~北海道、関西をそれぞれ旅し、『日本奥地紀行』(『バード日本紀行』)を著しています。


本書は明治期の外来人の視点を通して日本を知る貴重な文献であり、特に、アイヌの生活ぶりや風俗については、まだアイヌ文化の研究が本格化する前の明治時代初期の状況をつまびらかに紹介したほぼ唯一の文献であるとされています。





51813YFDY6L.jpg





その後、他のアジアの国々も訪れ、『朝鮮紀行』『中国奥地紀行』等多くの旅行記を執筆しました。


まだ男尊女卑の価値観が根強い時代に、本当にバイタリティ溢れる女性だったのだろうと経歴を見るだけでも感じられます。


彼女の目には当時の日本がどう移っていたのか。


機会があれば、彼女が残した本を読んでみたいですね。















■消えていった日本文化





バード女史が目撃した日本人の姿は、さぞ驚くものであったと思います。


西洋とはまったく違う文化。多くの欧米人はその姿を”野蛮”と表現しました。


しかし、バード女史は、そこに”文化の多様性”という価値を発見し、興奮したことでしょう。





img056.jpg






img061.jpg





img062_2015062122345311d.jpg





img059_20150621223449de3.jpg






私達、日本人が繁栄との引き替えに失ってしまったもの。


それをバード女史と一緒に見つけていきたいと思います。
































よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2015/06/24 00:00 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

『KING SUPER LIVE 2015』1日目に行ってきました。

20150218204937-14881.jpg








昨日開催されました『KING SUPER LIVE 2015』の1日目に行って参りました。


セットリストは下記のとおりです。











2015年6月20日(土) セットリスト

01. 残酷な天使のテーゼ / 高橋洋子
02. 魂のルフラン / 高橋洋子
03. ヒカリ(Short ver.) / 堀江由衣
04. Stay With Me(Short ver.) / 堀江由衣
05. YAHHO!!(Short ver.) / 堀江由衣
06. 嵐の中で輝いて / 米倉千尋
07. WILL / 米倉千尋
08. ミライナイト / 佐藤聡美
09. 一筋の光明 / カスタマイZ
10. Our Steady Boy / ゆいかおり
11. 赤いメモリーズをあなたに / かなでももこ
12. Black Holy / 小松未可子
13. カラフルストーリー / every♡ing!
14. 七つの海よりキミの海 / 上坂すみれ
15. Baby Sweet Berry Love / 小倉唯
16. Raise / 小倉唯
17. YOU GET TO BURNING / 松澤由美
18. Dearest / 松澤由美
19. Shining Tears / 保志総一朗
20. Give a reason / 林原めぐみ
21. Over Soul / 林原めぐみ
22. JUST BEGUN / 林原めぐみ

(休憩20分)

23. 甲賀忍法帖 / 陰陽座
24. 凛麗 / 喜多村英梨
25. Birth / 喜多村英梨
26. 輪舞 -revolution / 奥井雅美
27. 朱 -AKA- / 奥井雅美
28. そうだ、ぜったい。 / 奥井雅美
29. BREAK IT!! / 宮野真守
30. オルフェ / 宮野真守
31. シャイン / 宮野真守
32. Little Wish ~lyrical step~ / 田村ゆかり
33. Pleasure treasure / 田村ゆかり
34. W:Wonder tale / 田村ゆかり
35. 騎士行進曲 / angela
36. イグジスト / angela
37. 明日へのbrilliant road / angela
38. 水の星へ愛をこめて / 森口博子
39. ETERNAL WIND ~ほほえみは光る風の中~ / 森口博子
40. Synchrogazer / 水樹奈々
41. 終末のラブソング / 水樹奈々
42. ETERNAL BLAZE / 水樹奈々
43. ハッピー☆マテリアル / 上坂、佐藤、かなで、ゆいかおり、every♡ing!
44. For フルーツバスケット / 堀江、田村、喜多村、小松
45. 翔べ!ガンダム / 宮野、保志、KATSU
46. RHYTHM EMOTION / 森口、水樹、米倉、atsuko、松澤
47. Get along / 全員














正直、3時間ぐらいかなぁとか、なめてた頃が私にもありました。


結局16:00開演~21:00過ぎ終演と、約5時間のアニサマ越えの凄まじいライブでした。


もうね、一夜明けて右腕と喉と両足、死んでますけどね。










何かとアニサマと比較してしまいますけど、アニサマだと各アーティストごとに2~3曲歌ったり、間にMCが入ったりと以外と休んだり、息をつく暇があったりしました。


しかし、今回のライブはまったく違いました。


キングレコードの長い歴史の中で、時代を彩ってきた数々の名曲がノンストップで続き、前のステージの後は後ろのステージ、次はアーティストがゴンドラに乗って空中から登場などなど。


怒涛の展開で、まさに”祭り”という熱狂の空気が会場中に充満していました。











キングレコードは今年創立84周年を迎えるということで、今回の出演陣の間でも下は10代から上は40代まで幅広い年代の方々がいらっしゃいました。


とりわけ大御所の方々のステージを見てびっくりしました。皆さん本当にお綺麗でした!


トップバッターだった高橋洋子さんは、神々しいほどの美しさであり、前半のトリだった
林原さんは元気いっぱいの美しさ、今年39才となったゆかりんは相変わらずのかわいさ爆発状態、デビュー30周年を迎えた森口博子さんは可憐なかわいさが留まりところを知りません。










その他にも、小倉唯の天使のかわいさに癒やされたり、保志さんと一緒に
「ぱっぴぃ」を言えて夢のようだったり、angelaの爆笑ステージなどなど思い出すことがたくさんありすぎて大変です。


これがキングレコートが積み重ねてきた歴史であり、今日また新たな1ページが追加された、その瞬間に立ち会えたことが何よりも幸せです。


私のこれまでの人生を支えてくれてありがとう!不束者ですが、これからもよろしくお願いします!!










”このライブはスターチャイルドレーベルでおなじみの

       キングレコードの提供でお送りいたしました。”
















公式サイト:http://kingsuperlive.jp/#


















【関連記事】

・ 【KING SUPER LIVE 2015】での林原めぐみ”閣下”セットリストを大胆予想 [2015/06/02]
・『KING SUPER LIVE 2015』 俺、参戦決定! [2015/04/21]
・アニソンフェス『KING SUPER LIVE 2015』開催決定! [2015/02/13]















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2015/06/21 13:14 ] アニソン | TB(0) | CM(0)

【SHIROBAKO】の名シーンを語る① ―――― 22話『それは下着ですか?』より

url_20150613231132fe9.jpg












1_20150613231135d33.png















2_2015061323113678b.png



             「僕にも見せてくれる?」










3_20150613231133bc9.png















4_20150613231208b1f.png



             「何か・・・変ですか・・・。」










5_201506132312101d5.png



        「いや・・・、これは僕には描けないなぁ。」










6_20150613231210e70.png



      「安原さんにしか描けない絵だ。いいね。」










7_201506132312122bd.png


















この場面は、絵馬「アニメーターとして一生食っていく」という決意が明確になった、
”人生のターニング・ポイント”と言える重要なシーンです。


【作監補】という新たなステージに向けて意欲が高まっているときに、ベテランアニメーターである杉江に頼まれ、今描いていた原画を見せる絵麻。


原画を無言で見る杉江に絵麻は、こう言います。




「何か・・・変ですか・・・。」





この台詞を聞くと、心を鷲掴みにされるような切なさと健気さを感じます。


レジェンド級の大先輩である杉江に絵を見せるということは、アニメーターとしての自分を全て晒すことと同義です。


何か否定的ことを少しでも言われたら、もう立ち直れないぐらいのダメージです。


手札を全て見透かされている状態なのですから。


しかし、アニメーターとしての自信を持ち始めている絵麻は、その不安を乗り越えて杉江に自分の絵の評価を尋ねたのです。


なんて、いじらしい!!!










そこで更に素晴らしいのが、絵麻を演じている声優・佳村はるかさんの演技です。





a298c184c36122d88b37cd98716d62cc.jpg





もう不安9割:希望1割の絶妙な絞り出すような声色で、絵麻の心情を本当にうまく表現しています。


上で述べたように、絵麻にとってこの瞬間こそ今後のアニメーター人生を占う、緊迫の一瞬でした。


その一言をどう演じるかは、佳村さんも試行錯誤されたのだろうと推して然るべしと言ったところです。


私はこの台詞が全話通して一番重い台詞でもあり、秀逸な台詞でもあったと感じます。





















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2015/06/14 00:00 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

わが家に【SHIROBAKO】がやって来た!

DS124.jpg







ついに!【SHIROBAKO】『原画集&設定集セット』が到着しました!!!


箱を空けた瞬間、あまりの豪華さに興奮!





DS0125.jpg















原画集はめくればその線画なのにこの躍動感!


数々の名場面が脳裏に浮かびます。





DSC_0134.jpg





DSC_0136.jpg





DSC_0138.jpg
















設定集では、本編であまり語られなかったキャラクターの紹介や各美術設定が掲載されています。






DSC_0139.jpg





DSC_0141.jpg





特に美術設定の空の場面は、こだわりの”雲”が際立っています。
















今回、公式通販サイトから予約購入したのですが、予約特典として、『複製原画』『第三飛行少女隊完成記念写真』が同梱されていました。





DSC_0127.jpg






DSC_0128.jpg






DSC_0129.jpg






DSC_0130.jpg
















ボリューム満点で大変満足しました!


今年はイベント開催も予告されていることだし、まだまだ【SHIROBAKO】は終わりません!!!


















【関連記事】

・あの『第三飛行少女隊完成記念写真』が手に入る! [2015/04/25]















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2015/06/07 12:00 ] アニメ | TB(0) | CM(2)

【KING SUPER LIVE 2015】での林原めぐみ”閣下”セットリストを大胆予想

1033696_300.jpg







【KING SUPER LIVE 2015】の開催まで1ヶ月を切りました。


私自身も出演されるアーティストさん達の楽曲をiPodに入れ、通勤時に聴くなど予習に励んでおります。











さて、私がこのライブで最も注目しているのが”林原めぐみさん”のステージです。


中学生の頃から林原さんのラジオに出会い、今でもときどき聴くと、まるで実家に帰ってきたような安心感を覚えます。


そんな林原さんの生ステージを初めて見られるということで、否が応でも期待は膨らみます。


そこで、今回は当日どの楽曲を歌われるかを予想してみたいと思います。















【本命】





■ Give a reason







最大の売り上げを記録したシングルです。


林原さんの代表作である『スレイヤーズ』の主題歌となっております。


この曲を歌わずして何を歌う!!











■ Northern lights








テレビアニメ『シャーマンキング』の後期OPですね。


個人的には”林原めぐみ”という個人を初めて意識した曲でもあります。


初っぱなから勢いがあり、これが歌われれば会場は盛り上がること間違いなしです!


ちなみにその頃私は大号泣していることでしょう。










■ 集結の園へ







この曲は、CRエヴァのイメージテーマということで制作されました。


アニメは知らないけど、パチンコからエヴァを知ったという人が以外と多く、林原さんのこともこの曲で知ったという人も大勢いたというエピソードがあります。


2000年代の代表曲と言っても良いでしょう。











■ 虹色のSneaker & Tokyo Boogie Night












どちらも林原さんの初期の楽曲です。


林原さんがパーソナリティを務めるラジオ番組のテーマソングに採用されており、ファンからは長年愛され続けています。


節目に行われる公開収録には必ず歌われ、そのときの会場の一体感は凄まじいです。















【番外編】



今回のライブでは、出演者に保志総一朗さん奥居雅美さんがいらっしゃいます。





e010f509.jpg img_0_20150531231140cd8.jpg





どちらも林原さんとユニットで曲を出しているので、コラボという形で歌われる可能性大です!










■ Heartful Station















■ Tuning Love















■ Get Along



















どうでしたか?


「もっといい曲あるよ」とか「今回のライブならこれだろう」など様々な意見をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。


私達の中で、”林原めぐみ”という存在がいかに大きいかがこれだけでわかることでしょう。


このセットリストが当たるにしてもハズレるにしても、当日は大いに騒ぎ、大いに感涙に浸り、この”祭り”を存分に楽しみましょう!!!!!



















【関連記事】

・『KING SUPER LIVE 2015』 俺、参戦決定! [2015/04/21]
・アニソンフェス『KING SUPER LIVE 2015』開催決定! [2015/02/13]















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2015/06/02 00:00 ] アニソン | TB(0) | CM(0)
プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
28位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード