とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  2014年03月

君に届け 21  高校生活――最後の1年です。

51led5d9iSSL500_AA300_.jpg
君に届け 21(マーガレットコミックス)
著者:椎名 軽穂
出版社:集英社
発売日:2014/3/25








【注目キャラクター】


「自分の選択で将来が決まってくんだからな。

 怖い? そうだな、怖いな。

 でも だから面白いんじぇねーか。

 より面白い事選びたいだろ?」



kimi_11_020.jpg

荒井 一市
北幌高校の教師。誕生日は7月25日。血液型はB型。
愛称は「ピン」。担当学科は体育。野球部監督。独身。爽子のクラスの副担任だったが、1年生2学期の終業式で荒井(善)が退職し、持ち上がりで担任となった。2年生以降も爽子らの担任を務める。
風早の父が監督を務める少年野球チームの出身で、風早・龍のことは彼らが幼い頃から知っている。北幌高校野球部の出身で、プロ野球球団から指名されるほどの選手であったが、高校野球がやりたいという理由で教師になった(地域的に教師が監督を務める傾向である)。









【レビュー】





    「わかってるふりするな。

    わかってないふりもだ。

    
    安心しろ。ちゃんと子供だよ。

    まだ無茶な事出来るんだからよ。」
              
  




img403 (500x800)






            


バレンタインが終わり、次は男の子のターン! それぞれのホワイトデーの行方は…? そして爽子たちもいよいよ3年生! 進むべき道を悩みつつ、高校生活最後の1年が始まります…!
(作品紹介より)









爽子 達もついに高校3年生に進級しました。


それは、高校生活が残り1年間だけ、ということを意味しています。





kimini1.jpg





高校3年生といえば、【将来】 について真剣に悩む1年です。


大学に進学か、専門学校か、それとも就職か。


大学でも近場か、もしかして東京か!?








また、春という季節は ”別れの季節” とも呼ばています。


これまでの様々な関係性を深めてきた相手と別れなければならないかもしれない。


爽子 達にとっても1年後に迫った事柄なので、各々ちょっと悩みがちになっています。





悩めばいいさ!若人よ!!







人生は長いですが、自分の人生を真剣に考える機会はなかなかないものです。


本巻を読むと、受験生として過ごした高3の頃を思い出すと共に、まだ見ぬこれからの自分の未来に対する可能性と不安の気持ちが巻き起こってきております。







以前も記事に書いたのですが、依然として 【ピン×矢野】 のこれからの進展が気になる!!





img402.jpg
























【関連記事】

・君に届け 1~12 [2011/01/03]











よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2014/03/30 19:35 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

『宮崎駿の悪意と贖罪』(岡田斗司夫無料メルマガより)

o0596040812599818332.jpg




先日、ジブリ実験劇場 『On Your Mark』 についての記事を書きました。


同じ題材で、 ”オタキング”岡田斗司夫さん が無料メルマガ(27日分)で私見を述べられていました。


当然ですが、私よりもかなり深いところまで掘り下げていらっしゃるので、そのメルマガを転載させていただきます。









宮崎駿の悪意と贖罪
---------------------------

おはよう! 岡田斗司夫です。

いやー、びっくりしました。

宮崎駿の短編アニメ『オンユアマーク』がネットに動画、UPされてるんですよね。
http://dout.jp/864

「ジブリ実験劇場」と銘打たれた作品で、もともとはCHAGE&ASKAのコンサート会場での上映ムービーとして作られました。

この作品、一般的には「核戦争後の世界で、希望を語った=どんな時代でも夢と希望を失ってはいけない」と解釈されているようです。

荒廃した世界で、翼をもつ天使のような少女を監獄から助け出して大空へとかえす。

そんなシーンから、てっきり「良い話」だと思ってるアニメファンが大多数です。

でも、僕の解釈は違います。

この話は、宮崎駿の強烈な悪意と絶望と、そして贖罪意識から作られているのです。

なぜかというと・・・

描かれている世界は「原発が未曾有の大事故を起こし、人が住めなくなった地球」です。

Twitterで「核戦争後じゃないんですか?」という質問を受けたんですけど、違います。

冒頭のシーンをよく見てください。

建物や街が壊れずに残ってるでしょ? 周囲には「放射能汚染標識」があり、朽ちた鉄条網が見えます。

つまり、あの死の街は「放射能に汚染されて、鉄条網で隔離された」「その鉄条網が朽ちるに任せている=もう隔離が意味ないほど、世界全体が人類の住めない環境になっている」わけです。

核戦争・核ミサイルなら、街は破壊されているはず。

でも街は美しいまま。ただ誰も住んでいません。

背後に見える真っ黒な巨大な建物は「棺」です。

「棺」とはチェルノブイリ原子力発電所が大事故のあとに、放射能汚染を封じ込めるためにベトンでビルごと固めた処置のことです。

死の街の背後にそびえたつ「棺」と、放射能汚染標識に朽ちた鉄条網。

セリフやナレーションなしに、宮崎駿はこんな恐ろしい世界を描いています。

地球のあらゆる場所は放射能に汚染され、人が住めなくなった。

なのでドーム都市を造り、人類は生き延びています。

まるで『進撃の巨人』のような情況です。

わずかに生き残った人類はドーム都市に隠れ住んでいます。

しかし、そのドームの中でも人は争いあい、殺し合っている。

主人公は警察官です。

でもその警察は、カルト宗教組織の本部に突入し、逮捕令状なしに機関銃を連射します。

彼らがやってるのは「犯罪者を逮捕」ではなく「敵を虐殺」です。

すでに警察が、警察では無くなってる世界。

女や子どもを殺し、降服を認めず全員を虐殺する作戦に主人公は参加します。

そこには法の秩序も正義も、そして大義もありません。

逃げ場のない主人公は、安酒場で友達と酒を飲みながら、妄想します。

俺たちのやってることに、もし意味があるなら・・・

もし正義や真実があるとしたら・・・

彼の妄想は、いま飲んでる安酒場から離れて、くつろいだ自室でワインを空けている自分を想像します。

花やプレゼントを贈られて、今日の「仕事」を祝福されている妄想です。

その妄想の中では、彼は友達と一緒に「女の子を助ける」ヒーローです。

でも、どんなにリアルに想像しても、妄想の中ですら少女を助けることはできません。

ついには、いつも乗ってる耐放射能装甲車が秘密ボタンを押したら空が飛べる、という荒唐無稽な想像までするようになりました。

いつしか、フィルムの中で彼の妄想と現実とは混在します。

なにが真実か、宮崎駿は語りません。それが目的のフィルムでは無いからです。

宮崎駿が『オンユアマーク』で語っているのは、彼自身の贖罪です。

アニメ監督とは、人に夢を与える職業。

この世に存在しない世界で、存在しない人物が、現実ではありえないような都合の良い展開で幸せになる。

観客はそんな「宮崎駿のウソ」に癒やされ、勇気と元気をもらって、映画館から出て行きます。

現実世界は国際情勢も経済状況も環境問題も、すべて宮崎駿にとっては絶望的です。

だからこそ、彼は「ウソの世界」を描くのです。

『オンユアマーク』の主人公は、滅亡後の世界で生きています。

でも、人はそんな世界でも夢を求めます。生きがいを求めます。

現実にそれがないなら、ウソの、空想の、アニメの世界でもいいんです。

お互いを殺し合いながら絶望している原発崩壊後の世界で、現実の辛さゆえに夢を見てしまう、アニメのような虚構の妄想の世界を信じたいと思ってしまう二人の男の話です。

ラストは「翼の少女」を大空へかえすシーンです。

少女は「喜びの顔」で大空へ帰り・・・ません。

その前に、二人を見下ろして、優しく微笑むのです。

まるで慈母のように。

すべてを認め・許してくれる微笑みです。

世界を滅ぼした人の業を許し、妄想の世界でしか正義に生きられない主人公を許し、そしてアニメ作家の宮崎駿を許します。

「またあなたは、空を飛ぶ女の子の話を作ったのね。原発で作った電力で、資本家から集めたお金で、あなたを信じるファンの人たちに向けて、いつもの【空を飛ぶ女の子】の話を」

少女が大空へ帰った後、主人公の乗ったオープンカーは道を外れて止まります。

人が生きられないほど、放射能に汚染された世界です。

翼を持った少女は、当たり前だけど奇形種でしょう。

主人公ふたりは、口や鼻や目や,身体中から血を流して死んでいるはずです。

でも、そんなシーンは具体的には描かない。ただ暗示するだけです。

二人の死を描かずに、ただ「車が止まった」シーンを大俯瞰で描くだけ。

「わかる人にだけわかる」という救いの無いラストだけど、逆に「オレの作るアニメなんかおとぎ話だよ。でもオレは夢を語る。それしかアニメ屋にはできないから」という宮崎駿のメッセージがまっすぐに伝わってきます。

「現実が絶望でも、オレの語る夢がウソっぱちでも、それでも人は明日に希望を抱かないと生きていけない」「だからオレはアニメを作る」と宣言しているのです。

このアニメが描くのは「絶望」と「絶望の世界でも夢を欲しがる、人の切なさ」です。
『風立ちぬ』を語る 宮崎駿とスタジオジブリ、その軌跡と未来 (光文社新書)
で詳細に解説しました。
http://goo.gl/EDk71v


僕たちはウソっぱちのアニメで「自然の大切さ」「人間の素晴らしさ」を教えて貰います。

それは「宮崎駿の語る夢」でしかない。

それでも、僕たちは「ウソっぱち」に癒やされ、感動し、勇気を与えて貰うから生きることができるんです。

ジャーナリズムや科学など「真実」は、僕たちにチカラを与えてくれます。

アニメや小説などの「ウソ」は、僕たちに勇気と希望を与えてくれるのです。

じゃあ、また明日。バイバイ!












どうですか?


ここまでアニメから深く読み取ることができるって、素敵なことだと思います。


自分の思慮の浅さが身にしみ、更に精進しようという気にさせてくれます。


岡田さんの無料メルマガは、アドレスを登録すれば毎日メルマガが届くお手軽なものなので、気になった方は登録してみてはいかがでしょうか。




『岡田斗司夫の毎日メルマガ~力尽きるまで』
http://www.mag2.com/m/0001148694.html














【関連記事】
もう一度観たい『On Your Mark』~震災から3年を経て… [2014/03/23]











よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2014/03/28 11:09 ] 岡田斗司夫 | TB(0) | CM(0)

もう一度観たい『On Your Mark』~震災から3年を経て…

ohyourmark_2.jpg




有名な話ですが、CHAGE&ASKA の1994年の発表曲 『On Your Mark』 にスタジオジブリがPV用の短編アニメーションを制作したことがありました。





















当初は出来がいいアニメ程度の認識でしたが、震災から3年を経過した今改めて見返してみると、宮崎監督 の先見性と時代性に驚かされます。


劇中の世界は原発事故により地上が荒廃し、人類は地下にドーム状に都市を建設し、そこでの生活を強いられています。


その証拠に地上場面では、原発事故がかつて起こったアメリカの スリーマイル島 にあったものと同様の発電所の煙突が描かれています。





じこ1





50111008328.jpg










本作で制作された当初も他にチェルノブイリ等、大規模な原発事故があったのにも関わらず、私達はその危機感を年数を経るごとに忘れ、今でものうのうと暮らしています。


今回の震災による福島原発事故はまだ終息していないため、世間からの関心は高いです。


しかし、これが10年、20年経った頃にはまた私達は原発の恐ろしさを忘れ、これを乱用するようになるのではないでしょうか。











宮崎駿が

「チェルノブイリの住人は被曝しているって言われても
 他に知ってる土地はないし、ってその場で暮らし続け、
 この芋は汚染されてるんだよアハハって笑いながら
 それを食べるっていう生活をしていた。
 あれが我々の未来図。」

と昔から言っていてそれが「ナウシカ」原作版のラストに
なっていたけど、そんなものだなあ。
(『哲学ニュース 2011.4.4』より)












私達の未来というのはこのままいけば、どうしようもなく暗いものになってしまうことは避けられないのかもしれない。


でも、それでも、希望を持って生きていきたいし、生きていかねばならない。


この『On Your Mark』の歌詞にも、人の足掻きと、それによる希望が仄めかされています。










        ”On Your Mark

       僕らがそれでも止めないのは

       夢の斜面見上げて 行けそうな気がするから”











よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

[ 2014/03/23 02:51 ] 被災体験記 | TB(0) | CM(0)

紅殻町博物誌  ――地図に無い町と、図鑑に載らない風物の、物語。

rc646045package.jpg
紅殻町博物誌
ブランド:raiL-soft
ジャンル:ヴィジュアルノベル
原画:天原埜乃
シナリオ:希(まれに)
音楽:マッツミュージックスタジオ
発売日:2009/07/24
公式サイト:http://www.liar.co.jp/raiL/bengara_top.html








【注目キャラクター】


「お電話ですとね、貴方のお顔が見れませんから」


benkgara.jpg

朱籐 松実
30代半ば。主人公と縁続きらしい年増の美女。
今では数少なくなった、紅殻町の宿を営んでおり、主人公は紅殻町にいる間、彼女の宿に居候させてもらうことになる。
性格は穏当で穏やかだが、男をどこか不穏な気持ちにさせる色気をそこはかと漂わせる。
要は孤閨をかこつ熟れた未亡人。









【レビュー】





「赤褐色の密度が増していく。

 この色は、紅殻を塗った色。

 あの町の名の、色。


 まるで―――道を辿る事が、時間を遡る事のようだ。

 還っていく―――赤褐色の、紅殻の家並みの中に。

 戻っていく―――陽炎揺らめく、あの紅殻の町並みの通りに。」
              
  



bangara2.png









            


世の中には、いわゆるインチキ商品というのがある。たいそうな性能、効能を謳っておきながら、中味は全く実を伴わない、いわば詐欺まがいの品々だ。

そういった怪しげで胡散くさい品々ばかりが当たり前のように出回っている町が、この日本の片隅に存在していたとしたなら?
そしてその町では、それらの品々が本当に謳い文句の通りの力を発揮しているとしたなら?

どうしてその町に限ってそんなことが起こりうるのか―――
それは、その町には、けして世間の表には出てこない、とある秘密が隠されていたから―――

これは、地図に無い町の、図鑑に載らない風物と、記録に残っていない事件の、物語。
その町の秘密を巡って交差する、想いと企みの物語。
(作品紹介より)












■『raiL soft』発売の第2弾【ヴィジュアルノベル】



本作は独特な世界観で人気があるPCゲームブランド 『Liar soft』 の姉妹ブランドである
『raiL soft』 から2009年に発売されました。





145030643.jpg





発売当初に少しプレイしたことがあるのですが、1回きりでそれ以降すっかり忘れていました。


ここ最近、あんまりワクワクするようなPCゲームがないなぁという不満が溜まり。


そんなとき、ふと本作を思い出し、時間もそれなりにあったのでモソモソやってみると。


これは面白い!


ブログにも記事かいてみたいなぁ、と思ったわけです。










■【和風】を前面に出した魅力



相対的に見ると全面的に 【和風】 を打ち出している作品って以外と少ないと思いませんか?


ゲーム以外、マンガ・アニメなんかでも。


まず、本作のここまで【和風】に重きを置いているということに好感が持てます。


それは、以下の3つの具体的な点から特に感じることができます。








①山形県の片田舎『紅殻町』という舞台設定



『紅殻町』 は、明治~昭和初期にかけての面影が残るノスタルジー溢れる町です。


いわゆる ”古き良き時代” というやつです。





pict0001_3.jpg






いくつかの地区に別れ、【本町】 と呼ばれる地区は、格子窓の住居が並び、京都の町屋っぽい面影があります。


【新町】 と呼ばれる地区には、駄菓子屋や物品館など温泉街の風情があります。


いずれも現代からは失われつつあるものであり、一抹の寂しさとだからこそ感じる愛おしさを画面を通して伝わってきます。








②【縦書き】の文章



基本的にPCゲームの画面文章は、【横書き】 が当たり前になっています。


しかし、本作は初期設定において文字方向が 【縦書き】 です。





べんがら11





【縦書き】にすることで、より日本的な印象を受けることができ、
「小説を読んでる感」 もばりばり出てきます。


日本語の文章は【縦書き】のほうがより美しい!







③文学的な文章表現


決めつけは、その難解で長文だがクセになってしまう文体、に魅力を感じざる負えません。






「―――もっとも、国定の教科書に

 例文としてあげられるようなスタンダードな文章でなく、

 いわゆる好事家の活字好きによって、

 珍酒を味わうような愛顧のされ方ではあったが。―――」



(本編より抜粋)







まるで 芥川竜之介 とか、あの辺りの小説家を彷彿とさせる文章が随所に散りばめられています。


調べてみると、シナリオは 希(まれに) というライターらしいです。





元遊演体、現在はLiar-softの姉妹ブランド、raiL-softに所属しているシナリオライターである。

夜行巡査や高野聖、外科室などで有名な、日本における浪漫主義文学の先駆けと言える作家の泉鏡花を彷彿とさせる雅文体を始めとした、昨今のエロゲライターとは一線を画す作風が特徴。

「Fateは文学」とはν速発祥の有名なネットスラングであるが、エロゲ業界で大真面目に文学を目指していると言えなくもないのであるから成る程一線を画している。

作中には一般に文豪と評されるような作家の手がけた小説、映画からの引用が数多く存在し、それらの作品のファンにとってはたまらない作品といえるだろう。
(『ニコニコ大百科(仮)』より)







このような才能ある人材がエロゲー業界にいるなんて、日本もまだ捨てたもんじゃないですね。


それともエロゲーの文化的な成熟の現れと受け取るべきか…。










■【珍奇物品】という”マジック・アイテム”



物語の中心であり、主人公が紅殻町を訪れるきっかけになるのが、紅殻町のみに存在する
【珍奇物品】 と言われる数々の品物です。


一見、明治時代以降日本に入ってきた【舶来品】とか【ハイカラ】とか呼ばれる物に酷似しています。


しかし、使うことによって現代科学をもってしても解明できないような、摩訶不思議な現象を引き起こす曰くありげなアイテムです。





6




9.png




10.png





紅殻町事態が現代から見ると浮世離れしている ”隔絶した空間” のイメージなので、このような ”マジック・アイテム” が登場しても違和感まったくなかったです。


それどころか、【舞台】と【アイテム】の2つの要素がお互いに相乗効果になり、完成度の高い【世界観】の構築に成功しています。










■他の作品とは一線を画したオンリーワン



上記のようなかなり得意な作品だということがお分かりいただいたと思います。


万人にはウケないけれど、必ず需要はある。


”ニッチ”を狙っていけ!


これからの時代は、大ヒットを狙わず、熱烈な固定ファンを増やしていくことが大事です。


それがコミュニティを作り、更なる結束と愛着が生まれ、息の長いコンテンツとして歴史を作ることができる。


そんな戦略を取っていくことが ”今” 段階の正解のような、気がしています。





c646045sample2.jpg
c646045sample4.jpg
c646045sample1.jpg
c646045sample3.jpg





















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓


[ 2014/03/20 01:33 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

ワルガキと魔女の転校生―地獄堂霊界通信

978-4-591-04973-0.jpg
ワルガキと魔女の転校生―地獄堂霊界通信
著者:香月 日輪
イラスト:前嶋 昭人
出版社:ポプラ社
発売日:1996/04








【注目キャラクター】


「使い魔をつれて、
   このあたしに『会いたかった』ですって!?

 いい度胸じゃないの。

 どっちの使い魔が上か勝負しようってわけ?」



waru.jpg

鳴神 流華
てつし達のクラスに来た転校生でスペイン生まれの帰国子女。
日本人の父とスペイン人の母とのハーフであり、年に見合わぬ気品に満ちた美貌の持ち主。様々な術を使う魔女で、降霊を得意とする。









【レビュー】





 「『通りゃんせ』って、神謡<かみうた>だって知ってた?

  神の国への扉をあける呪文の歌なんだ。

  人身御供をさしだすときなんかに唱えるんだってさ。

  どーりで、うすっ気味わりぃ歌だとおもってたんだよなあ。



  
  ”通りゃんせ 通りゃんせ”

  ”ここはどこの細道じゃ 天神さまの細道じゃ”

  ”ちょっと通してくだしゃんせ 御用のないもの通じゃせぬ”

  ”この子の七つのお祝いに 御札をおさめに参ります”

  ”行きはよいよい帰りはこわい”

  ”こわいながらも通りゃんせ 通りゃんせ”
              
  





warugaki8.jpg










            


まじょ、マジョ、魔女。てつしとリョーチンのクラスにきた転校生は、美少女だけど、とてつもなくなまいきな魔女。しかも背中には、底知れぬパワーを秘めた黒い炎をしょっている―イタズラ大王三人悪VS魔女。対決のゆくえは…。
(作品紹介より)









■”ラノベ読み”としての原点



私が小学校4先生くらいの頃だったと思います。


学校の図書室で本作品とある意味運命的な出会いをしました。


それまで本はマンガしか読んでいなかった私が、生まれて初めてハマった活字本です。


まさに中学以降開花することとなる ”ラノベ読み” としての原点的作品であり、人生のターニング・ポイントの1つでした。







本作品は 『地獄堂霊界通信』 と題される子供向けシリーズの1作品です。


【上院町】 という架空の町に、誰もが知る ”ワルガキ” 達がいました。


人呼んで 【町内イタズラ大王三人悪】 !!!


上院小に通う5年生の幼馴染3人組であり、リーダーの てつし は、上級生を抑えて上院小の番長を張っています。





warugaki1.jpg





warugaki4.jpg





warugaki3.jpg







彼らはあるとき、町外れにある 【地獄堂】 という不気味な薬屋の おやじ から霊や妖の存在を教えられ、それらが関わる数々の事件に関わっていきます。





warugaki2.jpg





その事件を おやじ から与えれる霊的な道具や、持ち前のバイタリティで解決していく様は快活であり、中には大人にも読んで欲しい人間の ”暗部” を描いた考えさせられる話もあります。


この年代になって改めて読み直すと、懐かしさと共に、新しい感動を与えてくれる素晴らしい名作です。










■『神隠しの山』



本作品は2編の話から構成されているのですが、1話目は
【神隠し】 を題材にした話です。


てつし
達5年生が遠足に行った山である生徒が行方不明になりました。


そこには小さな神社があり、管理をしているじいさんの言うことには、





「この辺の木は、山の神の持ち物だとされている。

 七のつく日は、神がその木の数をかぞえる日だとされている。

 その日に山に入るとタタリがあると言われている。」






そう、生徒が行方不明になったのは ”17日” だったのです。







三人悪は、おやじからもらったアイテムを使い、【異界】である ”神の国” へ友達を救いに行きます。





warugaki5.jpg





そこで ”巨大な何か” である神と対面することになるのですが、神の注意を雷の呪文で逸らすことで見事、友達を救い出すことに成功します。





warugaki6.jpg





warugaki7.jpg







おやじの解説では、今回出会った神は、 【天孫降臨】 以降天津神によって地上から排除されていった土着の神の1体だろうということでした。


日本独自の 【八百万の神】 と多神教の概念と、『古事記』 などの 日本神話 を絡めた、民俗学的にも興味深い話に仕上がっています。


これでガッツリ引っ張りこまれたなぁ~。










■『魔女の転校生』



さて、次話は表題にもなっているメイン話 『魔女の転校生』 です。


内容はタイトル通り、てつし 達のクラスにヨーロッパから ”魔女” の少女が転校してくるという面白い切り口の話です。





warugaki11.jpg







「国籍こそいまはスペインだけど、

 もともとどこ出身か、ちょっとわかんないぐらい古いんだ。

 で、鳴神は、特殊な術がつかえるわけで…。

 ヨーロッパでそういう『術』といえば、

 まずうかんでくるのが『魔術』。『西洋魔術』ってやつ!?


 つまり… 『魔女』 さ!」




warugaki9.jpg








本巻の一番の盛り上がりは、てつし 達と 流華 の直接対決です。


日本の環境に馴染めない 流華 の鬱憤が爆発し、自らの使い魔 ”ゾディアック” を放ちます。


それを雷の呪文で受け止める てつし




アツイ!!もうワクワクが止まらんですよ!!!





warigaki12.jpg






その後、お互いに和解し、流華 はシリーズを通して三人悪の仲間として度々活躍していきます。








それまでになかった 【西洋魔術】 という変わり種と、 ”新しい仲間” というシリーズの枠を広げる展開は素晴らしい。


何よりも ”ゾディアック” というインパクトが強烈な 【魔犬】 の登場をクライマックスに持ってくる構成力には少年だった私の心は鷲掴みにされましたし、その印象は今でも変わっていません。











■現在も発行され続ける『地獄堂霊界通信』シリーズ



2008年に講談社 『good!アフタヌーン』 でコミカライズが連載を開始し、それに合わせて小説も装丁等を変えて同社から出版をされています。


現在、小説は第2シリーズ(完全版8巻)まで完結していますが、第3シリーズの構想もあるということです。





slide-top-jigokudou-afternoon.jpg





私としてはシリーズが続いていくことは嬉しい限りですが、イラストや装丁は初期のポプラ社版が思い出深いですし、いい味を出していて私的には好みです。


とりあえず第1シリーズはポプラ社版で揃えて、第2以降は完全版を買っていこうかと思っとります。










    










よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2014/03/17 03:10 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

日本人の死生観から見る【ループもの】作品ヒットの秘密

d45d84d8.jpg




【走馬灯】って見たことありますか?







私は幸いなことにまだ見るような機会にあったことはありません。










【走馬灯】 とは、多くの人がご存知の通り、臨死体験をしたときにそれまでの人生の場面が自分の周りをゆっくり回って見える現象のことです。


ちなみに【走馬灯】を辞書で引くと、 【回り灯籠】 と出てくるそうです。




走馬灯2





よくお葬式やお盆の時期に祭壇や仏壇の前に飾ってありますよね。


内と外の二重構造になってて、内だけ廻ってライトに照らされて回転した絵が映し出される、見ていてスゴク綺麗です。


確かに【走馬灯】という言葉から受けるイメージは、【回り灯籠】にかなり近い気がします。










そのことで最近発覚したことがあります。




「【走馬灯】という概念は、日本人しか通じない」




キッカケとなったのは、音楽家の 畑亜貴さん が配信しているネットラジオ
『弱り目に祟られろ!レディオ』 の第23祟目内の話題でした。









番組内では、【走馬灯】に類似する欧米の考え方(心理学用語)で、
【パノラマ視現象】 というものを紹介していました。


つまり欧米人は臨死体験した際、それまでの人生をパノラマ写真のようにながーい帯のような形で見るということです。




oanonara.jpg











この欧米と日本の相違は、アジア圏の仏教文化が影響していると言われています。


仏教では 【輪廻転生】 という、死んだとしても再び別な生命として生き返るを繰り返す 【輪】 の中にいると信じられています。




20080316052733.jpg




なので日本人には、 【無限の繰り返し】 という概念が心の奥底にインプットされており、自然と受け止められています。










さて、ここである考えが閃きました。




「日本で【ループもの】作品がヒットするのは、仏教の影響」




日本人は 【ループもの】 が大好きです。


特にアニメやマンガの中ではその要素が組み込まれた作品を多くみることができます。


古くは 手塚治虫 の名作 『火の鳥』


その後も 『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』 『魔法少女まどか☆マギカ』 『ひぐらしのなく頃に』 『STEINS;GATE』 『時をかける少女』 『涼宮ハルヒの憂鬱(エンドレス・エイト)』 と時代を超え綿々生み出され続け、いずれも一定の人気を得てきました。


最近では『進撃の巨人』の伏線として、【ループもの】ではないか、という仮説も有力視されています。




c9e990e2.jpg




それらの元ネタは仏教文化でした、なんてすごく興味深い話だと思います。


サブカルチャーと言われるものの中にも、日本人が先祖から受け継いできた文化と風習が息づいています。







そんな壮大な歴史ロマンに思いを馳せ、
             今日もアニメを観ています!











よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2014/03/15 03:42 ] オタク的日常 | TB(0) | CM(0)

ONE PIECE 73  ――”D”はまた…必ず嵐を呼ぶ

One-Piece-Manga-Volume-73.jpg
ONE PIECE 73(ジャンプコミックス)
著者:尾田 栄一郎
出版社:集英社
発売日:2014/3/4








【注目キャラクター】


「同じリングで男が拳を交わしたら

 もう”戦友”だべ!!

 おれァ腐ってもダチは見捨てねェ!!」



726

バルトロメオ
海賊団「バルトクラブ」船長。懸賞金1億5000万ベリー。
鼻ピアスや尖った歯といった異様な顔立ちが特徴の男。「最悪の世代」の1つ下の世代。数々の残虐な事件を起こしていることから、「イカれたルーキー」「今最も消えてほしい海賊No.1」などと称されている。残忍無比な性格で知られ、常に人を食ったような行動をとることから「人食いのバルトロメオ」の異名を持つ。世間からの評判は最悪だが、一度拳を合わせた者は戦友として助ける義理堅い一面もある。
超人系悪魔の実「バリバリの実」の能力者。一切の攻撃を通さないバリアを張ることができる「バリア人間」。









【レビュー】





    「この”悲劇の数”こそが

    今回の我々の『作戦』の

    大きな”鍵”を握っている!!!」
              
  



724








            

ローの思惑から外れ、事態は予期せぬ方向に動き出す。そんな中、明らかになるドレスローザの悲劇。それぞれの局面は全面戦争へと向かい、対決の時が近づいて…。 (作品紹介より)









■”受け継がれる意思”



今巻の終盤、ある2人が登場します。




729


 

一人は コアラ


過去に ”天竜人” の奴隷でしたが、フィッシャー・タイガー によって解放され、魚人海賊団に故郷の村まで一緒に航海した経験を持ちます。


フィッシャー は彼女を村に送ったときの隙をつかれ、海軍の罠にハマってしまうのですが…


今は革命軍の一員のようですが、その肩書きに涙が出ました。




「魚人空手師範代」




人間と魚人という異なる種族の間には、これまで暗い歴史が流れていました。


ルフィ 達がその壁に風穴を開けたのですが、それ以外にも希望は至るところで育ってる。


フィッシャー の意思は確実に生きているということを実感できました。







そして、もう一人は…




727

「――そんな事 昔から知ってる」




732




728




730

「――あいつの意思は おれ達で継いでいくんだ!!!」







…もうお分かりですよね!?


ルフィ のもう一人の兄弟、アイツです。


現在の姿は次巻に持ち越しのようですが、これはお楽しみにとっときましょう。










■第2の【アラバスタ編】



現在連載している 【ドレスローザ編】 ですが、それらを構成する ”キーワード”【アラバスタ編】 と似ている点に気がつきます。




「王家」




「国盗り」




「王下七武海」




「ぶっ飛ばす」





725







さぁ!ここから盛り上がりのピークまでストーリーは一直線です。


お膳立ては全て終わり、ルフィ 達の逆襲が始まります!


そして、【ドレスローザ編】が終わることにはまた一つ、熱い思い出が増えていることでしょう。





















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2014/03/11 13:23 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

ストライクウィッチーズ アフリカの魔女 ケイズ・リポート3 

51V3qPTz7DL_SL500_AA300_.jpg
ストライクウィッチーズ アフリカの魔女 ケイズ・リポート3
(角川スニーカー文庫)

著者:鈴木 貴昭
原作:島田 フミカネ
イラスト:島田 フミカネ
出版社:KADOKAWA/角川書店
発売日:2014/2/28








【注目キャラクター】


「それは素晴らしいわ、
 
 この私のナイスバディと同じなら、

 さぞかし目を見張るような活躍が期待できるわね!」



federica.jpg

フェデリカ・N・ドッリオ
機械好きで技術者志望だったため、軍でストライカー等の研究をしていたが、試験的に飛行訓練を受けた際、高い空戦ウィッチの適正が判明した。
そのまま実戦部隊としての訓練を受け、少尉に任命されるまでになったが、技術職へのこだわりから、テストパイロットの道を選ぶ。

民間メーカーの試作・実験機で、様々な高度、速度記録を樹立した。

欧州での戦闘が本格化、ロマーニャ方面にも脅威が目に見えるようになったことから、軍への復帰を決意した。

復帰後の活躍はめざましく、第151飛行隊長を経て、精鋭部隊「赤ズボン隊」に抜擢される。
その戦果と、明るくサービス精神旺盛な振る舞いから、民間レベルでの知名度が高い。









【レビュー】





    「そうだ、

    私は単に空が飛びたかったんだ。

    だからウィッチになろうと思ったんだ。

    そんな簡単な事もすっかり忘れていた。」
              
  



3f4f46cfe4.jpg






            

マルタ島の激戦から数日。そこで浮き彫りになったネウロイの不可解な出現パターンから、サハラ砂漠を突破して襲来している可能性が浮上する。この危険性に、各国が連携し大規模な偵察作戦を展開。次々と届く情報の断片からケイが大型ネウロイの新たな進化に気づいた時、最悪の場所が襲撃されるのだが―「ふん、地味な戦いに飽きてきた所だ」。待望の外伝第3弾、アフリカの空が戦火に染まる時、マルセイユが最高の輝きを放つ! (作品紹介より)









■戦火は【マルタ】から【ダカール沖】、そして【イコシウム】へ

 

前巻でネウロイに防衛ラインの裏を欠かれ、補給線から孤立してしまったマルタ島。


このままでは島民の命と、アフリカ・ヨーロッパにおけるネウロイの勢力を拡大されてしまう…。


ウィッチ・各国の艦隊は大規模な救援作戦を実施し、その迅速な対応により、マルタからのネウロイ勢力の排除に成功します。







しかし安心したのも束の間、今度はアフリカ大陸の北西岸に位置する ダカールがネウロイによって急襲されました。


カールスラントやガリアがネウロイによって占領された後、扶桑やリベリオン大陸からの援軍や物資の輸送は主にアフリカ大陸の西を回るルートが使われていました。


つまり、ダカールをネウロイに占拠されてしまうと、人類のヨーロッパ奪還が絶望的になってしまう ことを意味します。







このネウロイの侵攻の矢面に立たされたのは、近くに設立されていたガリアの臨時政府の1つであり、そこにはウィッチ1名と艦隊が駐留していました。


しかし、いかなウィッチと言えども1名だけではその防衛は厳しいものがあります。


なぜならこのような防衛戦の際は、最低2人1組で戦うことが当たり前とされているからです。


1人が攻撃、もう1人が援護と防御を行うからこそ、ネウロイに対して優位的な戦いが可能となるのです。




afrika2.jpg




この戦闘においても、各国からの援軍がなんとか間に合い、最悪の事態は避けることができました。







これらの戦闘によって浮上してきた大問題があります。


『ネウロイがどこから来たのか?』ということです。


それまでネウロイは 【ネウロイの巣】 から生み出され、その移動距離には制限がありました。


しかし今回襲われた地域の周囲に【ネウロイの巣】はありません。


第31統合戦闘飛行隊【アフリカ】隊長・ 加東圭子大尉 を中心に喧々諤々の議論が行われました。




ahrika1.jpg




そこで得られた結論は


「【巣】を必要としない
 自らの体内でエネルギーを作り出せる新型ネウロイが現れた」



という仮説です。


これが事実であれば、【ネウロイの巣】の位置から侵攻ルートを計算し策定されていた現行の防衛線がまったくの無駄になってしまいます。








その後、仮説を証明するようにアフリカの北岸・ イコシウム に現れたという一報が届きました。


この襲撃も マルセイユ を中心に【アフリカ】の面々の活躍で撃退に成功しましたが、今後の戦局に大きな不安をもたらすことになりました。




afrika3.jpg




世界で一番過酷と言われる【アフリカ戦線】が更に激化していきそうですし、ますます【アフリカ】部隊の活躍から目が離せません!










■地名から見る【ストパン】世界の歴史



【ストライク・ウィッチーズ】の世界は、地理的に現実の地球とほぼ一致していますが、その歴史の推移には大きな違いがあります。


例えば現実の日本に対応する作中の国に 【扶桑皇国】 があります。


その歴史では、織田信長 が【本能寺の変】で死亡せず、織田幕府を開いたといったものになっています。







同様にローマ帝国の初代皇帝となったのが カエサル だと、作中で語られる場面があります。




aftika6.jpg







この2点の歴史改変(?)は、どちらも ウィッチが偉人を救ったことが原因 となっていました。


つまり、【ストパン】はただのファンタジーではなく、【ウィッチ】という存在がもし現実の世界に存在していたら、どうなっていたかという壮大な実験場のように思えてきました。







このような歴史の違いは今巻の地名からちょっと垣間見ることができました。


今回ネウロイの襲撃を受けたイコシウムという都市。


現実の世界では、アルジェ に対応します。


このアルジェ、その昔ローマ帝国の占領下にあったときその名前がイコシウムでした。


歴史の流れが違えば、地名の変遷も変わってくる。


上記でも書いたように、もしかしたら現実の世界と【ストパン】の世界がつながっているかもしれないといった面白さを感じます。










■関連書籍でより深く楽しむ



今巻が発売された同じ月に 『WORLD WITCHES』 というイラストコラム集が発売されました。




51EB2aLPWALSL500_AA300_.jpg




この中で様々な世界中のウィッチ達が紹介されています。


今巻で登場した フェデリカ・N・ドッリオ中尉
エリザベス・F・ビューリング少尉 もイラストコラム中で紹介されています。




aferika9.jpg




afrika7.jpg




コラムを読むことでそのキャラをより深く理解することができ、小説の物語により入って行きやすくしています。


この『WORLD WITCHE』を読むことで、今まで【アニメ】【小説】【マンガ】【同人誌】と分散的に存在していた設定の数々をある程度集約することができ、資料としての価値も計り知れない貴重なものです。


【ストパン】を追いかける者として、欠かすことができないアイテムの1つと言っても過言ではありません。










 













【関連記事】

・ストライクウィッチーズ アフリカの魔女 ケイズ・リポート [2013/07/30]











よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓


[ 2014/03/05 13:22 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵- 

AUT201402100097.jpg
モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-
監督:佐藤竜雄
脚本:佐藤竜雄
原作:朝日ノベルズ刊「ミニスカ宇宙海賊」
製作:劇場版モーレツ宇宙海賊製作委員会
出演者:小松未可子、下田麻美
音楽:Elements Garden
主題歌:ももいろクローバーZ 「猛烈宇宙交響曲・第七楽章『無限の愛』」
撮影:岩崎敦
編集:坪根健太郎
製作会社:サテライト
公式サイト:http://www.starchild.co.jp/special/mo-retsu/gekijo/#top








【注目キャラクター】


「僕は…僕の未来を見てみたいと思います!」


img_kanata.png

無限 彼方
亜空間ダイバーの第一人者である無限博士の息子。
博士の死後、その遺産を狙う輩から逃走しているところを茉莉香に助けられる。









【レビュー】





    「異なる物理法則の別の宇宙。

    座標を同じくして宇宙空間と重なるように存在する。

    ――――【亜空間】。


    ”亜空の流れ、その果ては何色か?”」
              
  



th_sub14_large.jpg






            

白鳳女学院高等部に通う加藤茉莉香は宇宙海賊船・弁天丸の船長。3年生になる目前の春休み、豪華客船での海賊営業の仕事で、乗客リストを見た際に銀河パス所有者の少年・無限彼方がいることを知る。彼方の父で亜空間ダイバーである無限博士との約束を果たすべく、茉莉香はあることを実行するが……。(作品紹介より)









■”俺達のアニメ”をみんなで観よう!

 

本作品を観て、私の【アニメ】に対する価値観は大きく揺さぶられました。


私はそれまで去年観た劇場版作品 『空の境界 未来福音』『言の葉の庭』 が、単体作品としては、現在の最高水準のアニメであり、今後これらを超えるものは当分出てこないだろうと考えていました。


しかし、それは少し勘違いしていた点がありました。


上記2作品は【アニメーション】というジャンルのもので、言わば ”芸術作品” としてクオリティが特筆して高いということに今回、気がづきました。


叙情的な音楽や、繊細なストーリー、演出の細かさに目を見張る映像、何の余地も挟むことができないほど完璧です。







しかし、【アニメ】とは本当にそんなものだったのか?


私が小さい頃からハラハラドキドキ観続けてきたものは何だったのか?


本作品を観て、そんな疑問が首をもたげました。


佐藤竜雄監督


「海賊と言ったら ”宝島” でしょう」


と今作のコンセプトを語っていました。




th_sub3_large.jpg




いわく、劇場版こそ超王道の【スペースオペラ】!


私達が真に望んでいたアニメはこれだったんだ!と脱帽しました。







ここに2014年というアニメが成熟した時代にこんな ”俺達のアニメ” を観れたことを嬉しく思います。


まさにアニメとしての ”個の極地” を観た思いです!




157.jpg











■少年から観た”茉莉香像”



劇場版からのオリジナルキャラクターとして登場した 無限彼方くん




th_sub6_large.jpg




今作では彼の成長が描かれており、主人公的な位置づけになっています。


そんな彼の目線からの映像が多いせいか、女性キャラが全体的に若干艶かしく描かれている印象を持ちました。




th_sub9_large.jpg




th_sub4_large.jpg




th_sub8_large.jpg








その中でも、ダントツにエロいのは 茉莉香 です。




th_main_large.jpg




下から見上げるような視線で見てきたり、彼方くん と一緒のベットで無造作に寝たり。


もう太股がいやらしすぎます!


そんな魅力増大な女性キャラに大大大満足しました。










■”ナデシコ”を彷彿とさせるデフォルメエフェクト



今回の劇場版では、佐藤監督 の代表作である 『機動戦艦ナデシコ』 で用いられた、デフォルメされた画面エフェクトが登場します。


90分という短い上映時間の中で難しいSFの内容を観客に伝えるには、いかに情報を簡略化・イメージしやすいようにする工夫が必要だということがわかります。










■恵まれた豪華スタッフ陣



スタッフロールを改めて見てみると、 ”大御所” と呼ばれるような方々が名を連ねています。


まず、一人目はメカニックデザインの一人である 河森正治さん です。




robo_36.jpg




このブログでも以前紹介しましたが、マクロスのメカニックデザインとして脚光を浴び、その後も第一線で活躍し続けています。


河森さん は本編中に登場する白凰女学院高等部の練習船・ オデットII世 をデザインしました。




E1328536207701_2.jpg




オデットⅡ世は劇中の他の宇宙船とは構造が全く違い、太陽光を帆に受け推進力を得る 【太陽帆船】 という特殊な船です。


その宇宙船らしからぬ美しいラインや帆を展開するギミックは、河森さん ならではのこだわりが強く伝わってきます。








二人目は、スターチャイルドに所属するプロデューサーである 中西豪さん です。




110207-081-002.jpg




『マルドゥック・スクランブル』
シリーズや 『蒼穹のファフナー』 シリーズなどのプロデューサーを歴任し、最近では 『鬼灯の冷徹』 の制作として関わっていらっしゃいます。


これは聞いた話ですが、中西さん はヒットするとは限らないような企画についても 「とりあえずやってみよう」 というスタンスで数々の実験的な作品を立ち上げてきたそうです。


去年、話題となった 『悪の華』中西さん がプロデューサーを務めていました。




e172ced7.jpg







『モーパイ』 は、本当に様々な方に支えられてできているのだなぁと感じます。


このような恵まれた環境で作られて、幸せな作品です。










■テレビシリーズ2期への期待



佐藤監督 はテレビシリーズの終盤にそのときのプロデューサーから、ある質問を受けました。


「続き(テレビアニメ2期)と劇場、どっちがやりたい?」


そのとき監督は、すぐ 「劇場!」 と答えたそうですww


劇場アニメは作りたくてもなかなか機会が巡ってこないということもありますし、原作のストックもなかったので、テレビシリーズはまだ厳しいという計算もあったとおっしゃってました。







というわけで今回の劇場版の制作となったのですが、これはテレビ2期も期待できると私は思います。


これは直接劇場にいった私自身の感覚ですが、劇場でのファンの熱気がかなりすごく、今作についてもテレビシリーズに続き商業的に成功するという手応えを感じました。


何よりもこれで終わってしまうには惜しい作品です。


物語はやっと 茉莉香 が一人前の宇宙海賊にというところなので、これからも 茉莉香 の活躍を見たいという欲求が日々高まってきます。








とりあえず、劇場版をあと2回は観てきたいと思います!










よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2014/03/02 01:53 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

このゆびとまれ 2  ――子役戦国時代 絶対的勝ち組ッッッ!!!!!!

51p1YGuLynL00_AA300_.jpg
このゆびとまれ 2(ニチブンコミックス)
著者:大澄 剛
出版社:日本文芸社
発売日:2014/2/8








【注目キャラクター】


「与えられてんだ 私達は!
 
 眩しすぎる光の中に

 闇なんてあっちゃいけないんだ!


 本当に大事なのが何かわからならねぇなら…

 辞めちまえよ この仕事!



yubi2.jpg

藤江 恵那
”時代の寵児”と呼ばれる天才子役。
その本性は、自分のブレイクのために全てを利用する腹黒女。
女優としての誇りを持ち、仕事は何でも全力で取り組む直向きも併せ持つ。









【レビュー】





      「時代が私をみつけたんじゃない

    私こそが ”時代” なのよ」
              
  



yubi1.jpg







            

超人気子役・藤江恵那は毎日お仕事で大忙し!!
無邪気な子どもを演じつつも実は、大人に勝る野望を胸に抱く…!!
“可愛い子ども"の特権フル活用で、芸能人をブッた切る!!
過酷な芸能界を可愛く、逞しく生きる小学1年生!!
向かうところ敵無しッ!!!
恵那の時代がやってキタ――ッ!!!!!
(作品紹介より)









■”子役群雄割拠”の現代ならではの作品

 

テレビでは、ドラマ・CD・バラエティと子役が活躍しており、必要不可欠な 【枠】 となりつつあります。


そんな世相を反映してか、人気子役を題材にしたありそうでなかったマンガが本作です。







おそらくモデルとなったのは、現在の子役の頂点に君臨する 芦田○菜ちゃん だと推測できます。




1b300c1e91769ed16f6e056a63ab923e.jpeg




あくまで私の個人的見解なので真相はわからない、と逃げておきます。







”子役から見た芸能界” という斬新な視点で、子供の目から見るからこそ感じることができる大人達の思惑や本性を感じ取ることができ、面白い切り口だと思いました。










■芸能界で生きるための処世術



芸能界は浮き沈みが激しい世界。


その中で生き残るためには卓越した実力ももちろん大事ですが、それ以上にどのように立ち振舞れば淘汰されないかという絶妙なバランス感覚と、他の人間をときには出し抜く思い切りの良さが欠かせません。


作中で恵那ちゃんも様々な ”生存戦略” を実行しています。








例えば…


①大御所の心を掴む




yubi3.jpg




yubi4.jpg




yubi5.jpg

     「今度がっつりコントしようよ!」







②他の子役を蹴落とす




yubi7.jpg




yubi6.jpg

  「てめえの代わりなんざ
      腐るほどいるんだからよぉ」








このしたたかさは、芸能界だけでなく、人間関係という【檻】に閉じ込められている現代人全てにとって学ぶべきものは多いと思わせる作品です。










■子役の未来



子役として終わるのか、それとも”女優”や”俳優”に転身できるかは非常に難しい問題です。


子役時代のイメージが強すぎると、その後の役に制約がかかってしまいますし、いつまでも”子供”の印象が払拭できなくなることもあります。







本巻で 恵那ちゃん は、元人気子役のある女優と共演します。




yubi8.jpg




彼女は子役として人気絶頂時に不祥事を起こし、その後は崖っぷち人生一直線。


それでも、40歳を手前に発売した自伝本の大ヒットをきっかけに再ブレイクをはたした苦労の人でした。




yubi9.jpg

 「―――この人は 一体どれだけの
     失望や諦めを繰り返してきたんだろ?」





恵那ちゃん も彼女との出会いによって、今後自分がどうするべきなのかのヒントを学んだようです。




yubi10.jpg

   「  感謝を忘れちゃいけないよ  」




恵那ちゃん の今後の活躍と更なる腹黒さを期待して、次巻を待ちたいと思います。


週刊誌連載だから結構発行ペース速そうだなぁ~。





















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2014/03/01 13:11 ] マンガ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
36位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード