とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  2013年05月

遅すぎた『真実』

c6ad1802.jpg





本当に久しぶりに『ちはやふる』のアニメを観たところ、驚愕の事実を知るに至りました。



というか、こんな重大なこと知らずにのこのこよく生きてたもんだな、俺。







キャスト

桜沢 翠   :  林原めぐみ

山城 今日子:  芹野恵子(読手時)








000111.jpg


               ↓↓↓


urlgegeree.jpg







98e67fa6.jpg


               ↓↓↓


P1040077.jpg







まず、富士崎高校かるた部顧問、桜沢翠



ぶっちゃけ『ちはやふる』の中で大好きなキャラクターなので、声優が誰か気になってました。



閣下キターーー(゜∀゜)ーーーー!!!!!



なかなか意外ですけど、不思議と納得です。







そして、きょこたん(笑)こと山城今日子専任読手



読手時は、まさに正真正銘の専任読手、芹野恵子さんが声を当ててくれています。



「本当に決勝なんですね・・・・

 近江神宮で、最高の舞台で・・・・

 最高の読手で・・・・」




という劇中の台詞を裏切らない素晴らしいクオリティを実現しています。



いい仕事するね!スタッフ~~~~!!!







よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2013/05/21 23:47 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

白の皇国物語 8

61vZrJ0FkmL_SL500_AA300_.jpg
白の皇国物語 8
著書:白沢 戌亥
イラスト:マグチモ
出版社:アルファポリス
発売日:2013/04




★注目キャラクター★


「約定を違えたとき、
 この剣はあなたの喉笛を切り裂きます。

 努々、お忘れなきように」

 

imggggdss88.jpg

パルヴァティア十二世 
パルヴァティア王国の統治者。通称「海賊女王」。






★レビュー★



「理想論だと笑う者もいる。
 砂上の楼閣だと断言する者もいる。
 
 だが私は、
   私の愛する生徒たちに明日も言うのだ。

 ようこそ、あの日先人たちが夢見た世界へ、と。


 ―――統一暦九九年初春 
     久世浜高等学院学院長 一文字月久」
  




      

“アルトデステニア皇国”の南方に位置する南洋諸国で、突如事件が起きた!皇国を追われた貴族が海賊となって島を襲い、多数の死傷者を出したのだ。事態を重く見た摂政レクティファールは、自ら海賊討伐に乗り出すことを決める―。 (作品紹介より)








この『白の皇国物語』は、僕がWeb小説にハマったきっかけとなった作品で、思い出深いものがあります。
まだ、2年ぐらいしか経ってませんけどね。







この巻では主戦場であるマルマダ大陸から少しだけ離れ、大陸南の南レムリア海が舞台となります。
アルトデステニア皇国摂政レクティファールが今回そこを訪れた目的は、”海族討伐”です。



この海域の諸島に領土を構える友好国パルヴァティア王国が海賊の被害に見舞われており、その海賊が元皇国の貴族だという事実が発覚したのです。



そして、その裏には別大陸の
【統一帝國エシュリオン】の影が・・・・・。







作中の終盤、海賊と皇国の艦隊は、エシュリオンの秘匿艦隊の奇襲を受けます。



別大陸から見た場合、アルマダ大陸は【蛮族の大陸】となり、科学技術や豊かさに差があります。
当然、通常の皇国の兵器では、エシュリオンの艦隊に太刀打ちするのは難しいことです。



しかし、皇国には概念兵器【皇剣】があります。



その【皇剣】を用いて単独レクティファールが出撃し、見事秘匿艦隊8隻の内、7隻を撃沈することに成功します。





hryrhrsgvrsv.jpg





「化け物め・・・・・ッ!」





そうです。化け物なんです。
彼一人がいれば、戦局は大きく覆る、それだけの力を持っています。





「いつかその力、貴様自身を滅ぼすだろう。
 それは、ヒトには過ぎたる力だ」






この秘匿艦隊艦長の言葉は、後々の複線になるような気がして妙に印象に残りました。















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2013/05/19 08:52 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

仙台のアニソン&J-POPパーティー【022- call.7】に行ってきました。

1366383089.jpg








【022- call.7】


5/12(日) @仙台 元鍛冶丁公園
入場FREE
11:00~20:00

Special Guest DJ
DJ初回限定盤

Guest DJ
TakachenCo .(The LASTTRAK)
2若王子DJ′s/mp3syndicata
(初代DJ若王子&二代目DJ若王子a.k.a taataka)

FriendDJ
えどん(Aims)
ICHI(Assult Star)
ベイビーロンロン

Friend singar
えりかてん
JOT

Dance
Serfume(あ→ちゃん、みずゆか、わっち)

022-DJ
val
(略)白米
ikumin

022-singer
佐倉
超銀河系ユニット

VJ
gatotsu
ICHI

デザイン
はかせ

and more…


公式ブログ:http://ameblo.jp/022sendainyan/








緑萌える新緑の季節、アニソンイベント【022-】国分町は元鍛冶屋公園という野外で開催されました。
というか、この記事を書いている時刻ではイベント開催中です。



11:00~20:00という長時間のイベントなのですが、僕は諸般の事情があり、途中で抜けさせていただきました。



昨日は雨が降っていたのですが、今日はおおよそ天気予報どおりの<曇りときどき晴れ>といったまずまずの空模様だったかと思います。





IMG0004rgsr4.jpg







僕が会場にいたのは、だいたい13:30~15:00の2時間ぐらいだったのですが、ちょうど歌い手さん達のゾーンに当たりました。



(株)超銀河系ユニット団


えりかてん


JОT



かなり至福の時間でした。







イベントとはまったく関係ないのですが、帰りに公園の近くのアーケードですずめ踊りの列を発見しました。





IMG00048eeeer.jpg





後から調べたのですが、来週開催される【青葉祭り】のプレイベントだったみたいです。



もうそんな季節なんですね。



夏の足音が聞こえてくるような、そんな今日この頃です。







よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

[ 2013/05/12 18:39 ] アニソン | TB(0) | CM(0)

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ

20130301-00000035-famitsu-000-0-view.jpg

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ
原作:5pb./Nitroplus
監督:若林漢二
総監督:佐藤卓哉、浜崎博嗣
脚本:花田十輝
出演者:宮野真守、他
主題歌:いとうかなこ「あなたの選んだこの時を」
製作会社:WHITE FOX
配給:角川書店
公式サイト:http://steinsgate-movie.jp/




★注目キャラクター★


「忘れないで・・・・、
  私があなたを観測する。」

 

imagewwwwww.jpg

牧瀬 紅莉栖 
重度の@ちゃんねらーで、その事を知られないよう必死に取り繕うものの少し油断すると会話の端々に@ちゃんねる用語が混じるうえ、岡部の牽制の囁きである「ぬるぽ」に対し、思わず「ガッ」と返答してしまうなど、大変残念な美才女の一面も覗かせる。






★レビュー★



「それは、3000万年前から続く記憶・・・・
 
 止まることなく、戻ることなく、
    交わることのない流れの中で
       人の想いが時を超えた記憶

 人の想いが運命の門に到達した記憶・・・・」
  





E58A87E5A0B4E78988E382B7E383A5E382BFE382A4E383B3E382BAE382B2E383BCE38388E291A1.jpg




      

テレビアニメ主要スタッフが再結集し、MAGES.が完全監修した「完全新作」ストーリーの元、「トゥルーエンド」(アニメ最終回)の後、ラボメンメンバー達に振りかかった事件を描いた映画。今作ではこれまで仲間のために力を尽くしてきた岡部がただならぬ事態に巻き込まれる[46]。岡部が悩み明け暮れる度に適切な助言を与えてきた牧瀬の視点で物語は描かれ、今回は自らが思いもよらない事態に直面し、決断を迫られることとなる。(作品紹介より)








前記事の言葉通り、テレビアニメシリーズを見終わった翌日、劇場に走りました。







劇場版を見終わった後、『シュレディンガーの猫』という言葉が頭に思いつきました。



これは、量子力学(コペンハーゲン解釈)において粒子は、様々な状態が「重なりあった状態」で存在しうる。この「重なりあった状態」は、観測機器によって粒子を観測することで、いずれかの状態に収束するという学説を象徴する実験です。



本作で岡部は自身の存在が”シュタインズ・ゲート”線において希薄化し、遂には別の世界線へ存在自体が飛ばされてしまうという危機を迎えます。



そこで、劇場版の主役とも言えるクリスティーナこと牧瀬紅莉栖の登場です。



紅莉栖は、自力でタイムリープマシンを製作し、時を超えます。
そして、岡部と同じ時を超えても前の世界線の記憶を保持できる能力、"運命探知の魔眼(リーディング・シュタイナー)"を身に付けることに成功します。



そして、色々あって最後はついに別の世界線での岡部を観測することに成功し、元の”シュタインズ・ゲート”線への帰還を果たすのです。



つまり、岡部という存在は紅莉栖という観測者を得ることで、様々な世界線に存在しえる可能性のある不安定な存在であった岡部”シュタインズ・ゲート”線収束(固定)させたのです。







『STEINS;GATE』シリーズでは、上記にもある”観測者”という言葉がしばしば登場します。



テレビシリーズでは、岡部のみが”運命探知の魔眼(リーディング・シュタイナー)”を有し、世界線を超えても別々の世界を知覚しえる唯一の”観測者”でした。



テレビアニメ版主題歌『Hacking to the Gate』の歌詞で『孤独の観測者』というフレーズが出てきますが、まさに主人公・岡部を象徴する言葉でした。



その孤独を共有し、分かち合う存在としてヒロインである紅莉栖が成長し、それによって二人の間の絆は強固なものとなるのです。







”科学アドベンチャー”という名を冠している通り、SFと科学が物語上に存分に散りばめられ、見る側の知的好奇心を刺激する見事な作品でした。







ちなみに、今回も別の世界線にも関わらず三度タイムマシンで未来からやってきた鈴羽さん



ここまでくると、『困ったときの鈴羽さん』なんてご都合キャラのレッテルを貼りたくなるのは、僕だけでしょうか??















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

[ 2013/05/11 00:59 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

STEINS;GATE

29e9cc8d7.jpg

STEINS;GATE
原作:5pb./Nitroplus
監督:佐藤卓哉、浜崎博嗣
シリーズ構成:花田十輝
脚本:花田十輝、横谷昌宏、根元歳三
キャラクターデザイン:坂井久太
音楽:阿保剛、村上純
アニメーション制作:WHITE FOX
製作:未来ガジェット研究所
放送期間:2011年4月 - 9月
話数:全24話
公式サイト:http://steinsgate.tv/index.html




★注目キャラクター★


「――ラボにいる何気ない時間、
 ――ジュースを口にしたとき、
 ――街を歩くその一瞬、
 ――いつか誰かとキスしたとき、

 いつもじゃなくてもいい・・・・。

 100回に1回でもいい、
 私を思い出してほしい。

 そこに私はいるから。

 1%の壁の向こうに、私は必ずいるから。」

 

img_chris.jpg

牧瀬 紅莉栖 
未来ガジェット研究所のラボメンNo.004。本作のメインヒロイン。
アメリカのヴィクトル・コンドリア大学脳科学研究所所属研究員。専攻は脳科学であるが、他の理系分野に於いても博識である。日本出身だが、2003年(小5)の頃から母親と共にアメリカに移住している。若くして飛び級で同大学を卒業し、17歳にして学術雑誌で名高いサイエンスに自らの論文が掲載される程の才媛。






★レビュー★



「―――世界を騙せ。

 それが・・・・

 ”シュタインズ・ゲート”

   へ到達するための条件だ。」
  





c6018bd8.jpg




      

5pb.とNitroplusがコラボしたアドベンチャーゲームのアニメシリーズ。2010年夏の秋葉原。発明サークルを主宰する大学生・岡部倫太郎は、過去にメールが送れるタイムマシンを発明し、過去に干渉してしまう。(作品紹介より)








2010年の秋葉原を舞台とした本格的SFアドベンチャーゲームのアニメ化作品です。



内容としては、主人公・岡部倫太郎が仲間達と開発した過去へメールを送信できるタイムマシーンを開発したために起きた悲劇を改変しようと何度もタイムリープを繰り返すという物語です。



この岡部倫太郎厨二病全開である。



自身のことを狂気のマッドサイエンティスト・鳳凰院凶真(ほうおういんきょうま)と名乗り、「とある機関に狙われている」設定による言動を振舞っています。



しかし僕は、このオカリンが大好きです!尊敬してます!!
掘られてもいい!!!・・・・は冗談です。



幼馴染の椎名まゆりを死から救うために、自身の精神が擦り切れるもの顧みず、タイムリープを繰り返す。
絶対にあきらめない姿勢にそこにシビれる!あこがれるゥ!







そして、その支えとなるのがヒロイン・牧瀬紅莉栖なのです。



彼女はタイムリープ後で前の世界線での記憶がないにも関わらず、いち早く岡部の異変に気づき、常に彼のサポートをし続けるのです。




「世界線が変わっても、
 いつどんな時でも、私は、あなたの味方」






序盤~終盤まで欝展開が続く中で、この言葉は、岡部だけではなく、視聴者である僕達にも希望を与えてくれました。
本当に救われました。







またこの作品の特徴として舞台が秋葉原ということで、秋葉原の街並みや雰囲気が忠実に再現されています。



2010年当時ラジオ会館がまだ建っており、劇中の場面を再現して、劇中のラジオ会館屋上に衝突した「人工衛星らしき物体」(=FG204こと未来ガジェット204号、α世界線の阿万音鈴羽が使用したタイムマシン)を模したセットが、現実のラジオ会館の屋上に設置されました。





450px-Time_machine_representation_on_the_Radio_Kaikan.jpg





立て壊しが決まっていたとはいえ、粋な計らいですね。







この作品を視聴していて思ったんですが、劇中で重要なアイテムである携帯、みんな『ガラケー』使ってるんですよね。



今やおそらく若い世代の半分ぐらいはスマホを持っていると思います。
しかし思い返せば、作品の舞台となっている2010年では、確かにほとんどまだガラケーを使っていました。



時代の変化は凄まじい・・・・。



劇中のSF設定よりも、世の中の変容の異常な速さを実感し、そっちに若干引きました。







今、午前2時です。



これから未公開25話を観ます。



そして仮眠して、朝一番の回で劇場版観にいくしかないっしょ!!



・・・・変なテンションになってます。





38_20110914023627.jpg





37_20110914023628.jpg





■【シュタゲ】劇場版Steins;Gate負荷領域のデジャヴ特集【めざましテレビ】
















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

[ 2013/05/06 02:32 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

ガールズ&パンツァー

poster.jpg

ガールズ&パンツァー
監督:水島努
シリーズ構成:吉田玲子
脚本:吉田玲子
キャラクター原案:島田フミカネ
キャラクターデザイン:杉本功
音楽:浜口史郎
アニメーション制作:アクタス
製作:ガールズ&パンツァー製作委員会
放送期間:2012年10月 - 12月(第1話 - 第10.5話)、2013年3月(第11話・第12話)
話数:全12話+総集編2話
公式サイト:http://girls-und-panzer.jp/




★注目キャラクター★


「やっと見つけたよ!
 ―――私の”戦車道”。」

 
img_906096_32093979_2.jpg

西住 みほ 
大洗女子学園唯一の戦車道経験者であり、戦車道チームの隊長として作戦立案なども任されるが操縦は本人曰く苦手。普段は心優しく引っ込み思案でドジっ娘の面が目立つが、戦車道では経験に裏打ちされた大胆な行動と臨機応変な戦術変更、そしてリーダーシップで隊員たちを引っ張る。
実家は西住流戦車道の家元で、黒森峰女学園の西住まほは姉。






★レビュー★



「”パンツァー・フォー”!!」  





e70c402b.jpg




      

戦車を使った武道「戦車道」が華道や茶道と並んで大和撫子のたしなみとされている世界。
県立大洗女子学園に転校生・西住みほがやってきた。戦車道が嫌いで、戦車道のない大洗女子を選んだみほ。
ところが転校そうそう生徒会長に呼び出され、必修選択科目で戦車道を選択し、戦車道全国大会に出場するよう強要される。
しかも、集まったメンバーは個性派ばかり。

華道家元の娘の五十鈴華、恋に恋する武部沙織、戦車マニアの秋山優花里、朝に弱い優等生の冷泉麻子――。
友達とのフツーの女子高生活を夢見るみほの、ささやかな願いは叶うのか―?
(作品紹介より)








今年の3月、未放送だった11話・12話が公開され、晴れて完結を迎えた今作品。
来年には劇場版の製作が決定され、今、一番勢いのあるアニメの1つです。







この作品を見ていく中で最も感じたのは、スタッフの”戦車”に対する溢れるばかりの愛情です。



主人公が在籍する大洗女子学園は最終的に8台の戦車を保有することになりますが、その全てが違う種類の車体で構成されています。
それは、廃車寸前のものを回収・補修し使用しているという設定からですが、そこには、色々な戦車を登場させて、世間に戦車の魅力を広く伝えたいという想いが感じられてならないのです。



それを操る女子高生達。
1クール(12話)という限られた期間の中で本当に大量のキャラクターが登場しています。
そして、それ程のキャラクターがいるのも関わらず、全員”キャラが立っている”のです。
1人1人の魅力がちゃんと出ているのです。



これは恐らく、彼女達はスタッフ達の分身なんだと思います。
戦車が好きなスタッフ達の想いが詰まったキャラクターだからこそ、その情熱が画面を通して視聴者にも伝わってくるのです。







色々な戦車が登場すると述べましたが、大会で対戦することになる他の高校にもそれぞれ魅力があります。
高校によってモデルとなっている国があり、それが戦術や戦車にも現れています。





20121106064039_original.jpg
黒森峰女学園(モデル:ドイツ)





20121101021219.jpg
聖グロリアーナ女学院(モデル:イギリス)





c52d7af3.jpg
サンダース大学付属高校(モデル:アメリカ)





05677538.jpg
プラウダ高校(モデル:ソビエト連邦)







また、近年増えてきていますが、アニメと町おこしのコラボも本作で試みられています。



茨城県の大洗町がモデルとして登場していますが、実際の大洗町でも『ガールズ&パンツァー』のキャラの看板や、関連商品を販売したりしています。



それがテレビでも特集されていました。





めざましテレビ ガールズ&パンツァーの紹介








2000年代に入り、アニメ界は『デジタル化』『製作委員会方式』を取り入れたことにより、深夜帯を中心に数多くの作品を配給できるようになりました。



一方では、その分『原作枯渇』『スポンサー多様化による作品作りへの弊害』など、様々な問題を生んでもきました。



しかし、アニメ作品を比較的安価に容易に作ることができる環境が整備されたからこそ、本作のようなアニマックな作品も日の目を見ることができたのです。



”戦車”というものの持つ魅力に賭け、この作品を世に送り出してくれた全ての人々に対して感謝の気持ちでいっぱいです。















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

[ 2013/05/03 22:45 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

弓と剣

re.jpg
弓と剣
著者:淳A
URL:http://ncode.syosetu.com/n3017bo/(『小説家になろう』サイト内)




★注目キャラクター★


「俺の脳裏に今でもあざやかに蘇る。
 あの会場で聞いた、北の猛虎の咆哮。

 なぜか俺を呼んでいるような気がしたんだ。
 すぐにあの人の側に駆けつけなくっちゃ、
           そんな気持ちにさせられた。

 そんなはずはないのに、さ。」


サダ 
ヴィジャヤン伯爵家三男でありながら、過酷な北軍に入隊する。
北への途上、オークを矢で6体倒したことから”六頭殺しの若”の異名を得る。






★レビュー★



「これが、後世に語り継がれる

 『弓と剣』

 北の猛虎と六頭殺しの若の生涯にわたる
 付き合いの始まりになる事なぞ、
 もちろん、この時の俺は知らずにいた。」
  




      

ヴィジャヤン伯爵家三男、サダは、北軍の稀代の剣士、リイ・タケオに憧れ、弓を片手に、北軍へ入隊する。ちょっと世間知らずなサダが、いろいろな出来事と、出会いにより、北の大地で成長していく。 途中、オークを六頭矢で射殺したことから、平凡に終わるはずだった彼の人生は、非凡な展開を始める。(作品紹介より)







この物語の主人公・サダは、貴族のお坊ちゃんでありながら、それを鼻に掛けるでもなく、自分の感じるまま常に自然体で行動します。



その矢の腕前もさることながら、サダの人間性に周囲の人々はすぐに惹かれ、魅了され、本人の知らぬところでサダを支えるために奔走するのです。



これはサダの”人徳”の賜物ですね。
僕もコレほしいです。







特に面白かったのは、サダの従者トビが軍人の従者専用会誌に連載している『若便り』なる大人気コラムの内容です。
サダの行動を真面目な文体で記録したものですが、内容が内容だけにかなりウケます!





「”二日。小隊長会議の後、
 タマラ小隊長が、若より

 『びーえるって何』

 とのご質問をお受けになる。

 さすがの小隊長も
 この質問には衝撃のあまり絶句となる。」

        ―――『若便り』より一部抜粋
 





 

この作品は作者の初投稿作品ということもあり、最後が予想外にあっさりと終わっています。
「え?これで終わり?」っていう感じです。



もしかしたら、これは小さい頃から
「人気がある作品はとことん連載伸ばして、結果グダグダになる」
というジャンプ編集部の策略にどっぷりと接してきた弊害なのかもしれません。



ただ、そうは言ってもこの作品は”名作”として十分だと思います。
作者の次回作に期待大です。



読むと清々しい気持ちになる、雰囲気も終始重くもなく、軽い気持ちで読める軽妙な作品でした。










【追記】

連載が再開されました。

まだまだ楽しみは終わりません。







よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

[ 2013/05/02 00:52 ] Web小説 | TB(0) | CM(1)
プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
45位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード