とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  2013年04月

【バッカーノ】に行ってきました。

bakkano1.jpg




          

【バッカーノ】

場所 LIVE HOUSE enn 3rd
出演 JOT、左折禁止、High Flying Birds、(株)超銀河系ユニット団、N.H.K.








久しぶりに仙台のアニソンイベントに行ってきました。
前回の【ヲタソン!!劇場版】が2月だったから、約2ヶ月半ぶりぐらいですね。



今回のイベント名【バッカーノ】ですが、何でも名古屋で同名のアニソンイベントがあるらしく、そこから取ってるみたいです。



本家【バッカーノ】HP



各出演者の登場で、同名のラノベ作品のアニメ版OP音楽を使ってたのは感激しましたね!
成田良悟ファンとしては、テンション上げざるを得なかったです!!







そして、オープニングアクトでまず演奏されたのが
『REMEMBER 16』!!!



しかもアコースティックVersion!!!



これを一発目に持ってくる勇気に感服です。



今年マクロス30週年なのを意識しているんでしょうか??







①JOT



いきなり大本命から来ましたね。



『Battle No Limit! 』→『MAXON』の流れは、2010年のライブを彷彿とさせるセットリストで鳥肌立ちました。







②左折禁止



たぶん初めて聴きました。



Lisaやボカロ中心に演奏するバントみたいです。



『oath sign』


『crossing field』




は、もはやどこのアニソンイベント行っても演奏されたり流してますけど、何度聴いてもやっぱり盛り上がりますね!!



ザ☆鉄板ネタ!!!





 

③Hiht Flying Birds



しゃむさん率いる東方バンドです。



個人的には『東方萃夢想』『東方妖々夢』が良かったですね!



「\石鹸屋/」って叫びたくなります。







④(株)超銀河系ユニット団



今回のコスはマドマギのほむほむ美樹さやかでした。



相変わらず完成度高いな~。



まったく関係ないのですが、1曲目の『Precious Memories』(君が望む永遠OP)を久しぶりに聴けて良かったです。


爽やかな雰囲気で、ちょうどこの季節にぴったりな感じがしました。



ちなみに会場でメンバーの2人からステッカーもらっちゃいました!





bakkano.jpg





手帳にはって、ときどき眺めてニヤニヤしたいと思います。








⑤N.H.k



今回のトリということで、ロボット作品ばかりの熱いステージでした!!



実はあまりロボット系は範疇外なので、知らない曲も多かったのですが・・・・。



まだまだ不勉強です。



でも、ガンダムX OP『DREAMS』ぐらいはわかりましたよ!



あとガオガイガーは、みんなで叫ぶと気持ちいいですね!!







アンコールでは、『真っ赤な誓い』を出演者・来場者で大合唱。



その後、全員での記念撮影もありました。



写真どこかでアップしてくれないかな~。





【ヲタソン!!】が休止している間に仙台のアニソンブームの火が潰えないように、という想いの元開催された今回のイベントですが、【ヲタソン!!】に負けないくらい盛り上がりました。



僕も仙台に住む1人のオタクとして、出演者にはなれませんが、聴く側としてイベントに参加し続けたいと思います。



微力ながら、1人1人が自分にできることを考えることが、大きな流れを生むと信じています。







よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2013/04/29 03:45 ] アニソン | TB(0) | CM(0)

あさひなぐ 8

61HxF333.jpg
あさひなぐ 8(ビッグ コミックス)
著者:こざき 亜衣
販売元:小学館
発売日:2013/3/29




★注目キャラクター★


「恋も薙刀も基本は同じよ。

 先の先を読み合って
 駆け引きを制した者が勝つの。」


rssssssssssss.jpg

福留 やす子
白滝院(びゃくろういん)の薙刀教士の資格を持つ寿慶より紹介された二ツ坂高校の新監督。個人でインカレを制したこともある実力者。
薙刀の競技を続けたことにより失恋した過去があり、そのことが原因で現在は薙刀から一切足を洗っている。






★レビュー★



「君を見ていると、胸が苦しい。

 君がたくさん持ってるものを、
   オレはひとつも、持ってないからだ。

 皆はそれも、恋と呼ぶんだろうか―――?」
  

 



00121e.jpg




          

私は、強い人になる。

エース・真春の新人戦での敗北。絶対的な信頼が
あったからこそ、その事実はチームに陰を落とし続けていた。
真春への依存から脱却するべく、部長の野上が編み出した
新たな練習法は…防具なしでの稽古だった!!
「私は、強い人になる」――切なる決意を胸に、
旭が踏み込む右足は、この暗雲を振り払えるか――!?
(作品紹介より)








この巻はいままでとは比べものにならない”濃密”な内容となっています。
もう『天下一品ラーメン』ぐらいの濃さですね!あー、久しぶりに食べに行きたい!!!





f211122.jpg






野上部長が一皮むけたり。





twegr1.jpg





真春がトラウマを克服できたり。





4422tgressss.jpg





イメチェンしたり。





reeewgt.jpg





新監督が登場したり。





まさに『第2章始動』って感じですね。



二ツ坂高校薙刀部はこれから始まるんだ!!という気運高まるおもしろさ満点の今巻でした。















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓


[ 2013/04/27 23:42 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

徹底解剖JAM Project ライブヒストリースペシャル Live History SPECIAL

■徹底解剖JAM Project ライブヒストリースペシャル Live History SPECIAL






2月2日にニコニコ動画やスペースシャワーTVプラスで放送された特番の動画です。



スペースシャワーTVで横浜アリーナで行われたライブの生放送を記念したスペシャル番組で、JAM Project簡単なメンバー紹介や過去のライブのダイジェストを中心にまとめられています。





アニソンの力は無限大だ!!!!







少し大きい文字
よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

[ 2013/04/27 11:50 ] 動画 | TB(0) | CM(0)

PSYCHO-PASS

psycho1pass.jpg

PSYCHO-PASS
総監督 :本広克行
監督:塩谷直義
脚本:虚淵玄、深見真、高羽彩
キャラクターデザイン:天野明(原案)、浅野恭司
メカニックデザイン:常木志伸
音楽:菅野祐悟
アニメーション制作:Production I.G
製作:サイコパス製作委員会
放送局:フジテレビほか
放送期間:2012年10月11日 - 2013年3月21日
話数:全22話
公式サイト:http://psycho-pass.com/





★注目キャラクター★


「これまで、
 悪を憎んで正しい生き方を
 探し求めていた人々の想いが・・・・

 ―――その積み重ねが”法”なんです」

 
4b0d72affa0f2017d293a982d1805ae7.png

常守 朱 
本作のヒロインで漫画版における主人公。公安局刑事課一係所属の20歳の新人監視官。2092年4月1日生。コールサインはシェパードtwo。千葉県出身。訓練施設は首席で卒業。不器用だが天真爛漫で正義感が強い。また立ち直りや気分転換が早く、今の社会を受容しつつ問題の解決に関してはポジティブな観点で思考するサイコパスの濁りにくい精神の持ち主。






★レビュー★



「私達はいつだって
 より良い社会を目指してる。

 いつか誰かが
 この部屋の電源を落としにやって来るわ。

 きっと新しい道を見つけてみせる。」
  





1889cefes.jpg




      

シビュラシステムが構築され、人間のあらゆる心理状態や性格傾向を計測する値、通称「PSYCHO-PASS」(サイコパス)が導入されて間もない未来世界(西暦2112年)。大衆は、有害なストレスから解放された「理想的な人生」を送るため、その数値を指標として生きていた。その中でも、犯罪に関しての数値は「犯罪係数」として計測されており、たとえ罪を犯していない者でも、規定値を超えれば「潜在犯」として裁かれていた

この物語は、そのような監視社会のある都市で治安維持のために働く、公安局刑事課一係所属メンバーたちの活動と葛藤を描く。
(作品紹介より)








実写ドラマ『踊る大捜査線』の監督として知られる本広克行が総監督を務めているだけあって、刑事モノとしてみたときに各事件の特異性や、犯人像もかなり興味深く描かれています。魅力的と言っていいかもしれません。



その中で『シビュラシステム』という犯罪者をシステムが判断し、その人間を否応なく取り締まるという社会秩序の最終形態とも呼べる現代からみればかなり歪な世界の中で、主人公・常守朱は仲間達と難事件に挑みます。





全22話という約2クールに渡り放送された本作ですが、まだまだ回収していない複線を残す形となりました。



というか、最終話でばら撒き過ぎです。



スタッフ達、絶対2期作る気満々だよ・・・・。





5ede3d45-s.jpg





槙島を殺した後、姿をくらました狡噛が今後どのような行動に出るのか。





dc460126s.jpg




狡噛の部屋に置いてあったプルースト『失われた時を求めて』は、いったい何を暗示したものなのか。





psycho22-93.png




最終話のエンディングで、狡噛にこれまで強力し続けてきた臨床心理学の元教授である雑賀譲二が、公安局の局長室のソファーに座っている描写があります。



雑賀は最初からシビュラシステムの協力者だったのか、今回の事件後話を持ちかけられたのか、気になるところです。





0f2de181s.jpg





物語のラストで公安局刑事課一係に新人・霜月美佳が入ってきますが、彼女、実は6話~8話で既に登場しています。





4192b1ebs.jpg





彼女が通う女子高で事件が起き、彼女の友人が事件に巻き込まれ帰らぬ人となってしまいます。



友人の死に局面し、取り乱す姿が印象的でしたが、無事立ち直ったようで良かったです。



2期もし決定したら、彼女が主人公決定ですね。





2ed352a.jpg















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

[ 2013/04/21 21:21 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

ジブリの教科書1 風の谷のナウシカ

51qYdWOzenausika.jpg
ジブリの教科書1 風の谷のナウシカ(文春ジブリ文庫)
編集:スタジオジブリ、文春文庫
販売元:文藝春秋
発売日:2013/4/10




★レビュー★



「ナウシカの世界は
 東西の冷戦構造を踏まえている。

 『火の七日間』は核戦争、
 巨神兵は核の比喩でしょう」
  





0000001.jpg




          

凶暴な美しさを秘め、友愛を体現する唯一無二のヒロイン像と圧倒的なSF世界―1984年公開の映画『風の谷のナウシカ』は戦後のカルチャー史の中でも異彩を放つ作品だ。当時の制作現場の様子を伝える貴重なインタビューに加え、映画の魅力を立花隆、内田樹、満島ひかりら豪華執筆陣が読み解くジブリの教科書シリーズ第1弾。(作品紹介より)








文芸春秋より創業90周年記念として『文春ジブリ文庫』が創刊され、その第1弾として刊行された『ジブリの教科書1 風の谷のナウシカ』をこの度購入しました。



本書は、1984年に公開されたアニメ映画『風の谷のナウシカ』を題目として、当時のインタビュー記事や今回豪華執筆陣によって新たに書き起こされたコラムや論評によって丸々1冊が構成された、かなり挑戦的な試みだと思います。





002100020.jpg





今後、作品のフィルムブックと共に公開順にシリーズが刊行されていくことが決定しています。
逆にこれまでこのようなシリーズがなかったことが不思議にも思えます。それだけスタジオジブリ作品は、日本にって国民的アニメの代名詞になっているからです。





本書で取り上げられている『風の谷のナウシカ』は正確にはスタジオジブリが設立される前の作品であり、公開が1984年と僕自身が生まれる前ということもあり、当時の世情について無知ということがありました。



当時のインタビュー記事や新聞記事、ポスター等も本書の中に掲載されており、公開当時のリアルな雰囲気を感じられた点が一番うれしかったですね。





ffffss.jpg





wrrw.jpg





その他にも主人公・ナウシカのモデルとなっている平安時代の短編集『堤中納言物語』の1編『虫愛づる姫君』や、ギリシアの叙事詩『オデュッセイア』に登場するスケリア島の王女『ナウシカ』の紹介もされており、とても興味深い内容となっています。





「白い歯でほほ笑む
 八百年以上前の”虫愛でる姫君”が
 今の私たちと重なるように、
 ナウシカの世界は
 まだ見ぬ未来を描いているのかもしれない。」

 ―――大塚ひかり 『「虫愛でる姫君」の心より』
  




今後もこのシリーズから目が離せないですね!!
とりあえず、『紅の豚』『もののけ姫』は必ず買います!!!





文春ジブリ文庫HP
















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓


[ 2013/04/21 10:26 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

ジブリヒロインズ

op.jpg





かなり前に面白いイラストだな~と見つけていたのですが、前記事との関連で紹介したいとおもいます。










op2.jpg










op3.jpg










op4.jpg










op5.jpg










op6.jpg










op7.jpg










op8.jpg










op9.jpg










op10.jpg











op11.jpg










op12.jpg










op13.jpg










※懸賞金の数字はテレビ放映時の最高視聴率(2億3300万→23.3%)
クシャナとメイは初放映時の視聴率













よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

[ 2013/04/18 22:35 ] 静画 | TB(0) | CM(0)

スタジオジブリ最新作『風立ちぬ』7月20日公開予定

kazetachinuposter2.png

風立ちぬ
原作・監督・脚本:宮崎駿
音楽:久石譲
制作:スタジオジブリ
配給:東宝
公式サイト:http://kazetachinu.jp/




      

航空技術者として活躍した堀越二郎が、主人公のモデルとなっている。日本海軍における七試艦上戦闘機(試作のみで採用されることなく終わった単座艦上戦闘機)、九試単座戦闘機(後に九六式艦上戦闘機として採用される)、零式艦上戦闘機、雷電、烈風や戦後のYS-11の設計などを手掛けた、二郎の生涯が描かれている。東京、名古屋、ドイツを舞台に、二郎の10代から30代までを中心に物語が展開される。航空技術者としての活動とともに、オリジナル要素であるヒロインとの恋愛シーンも盛り込まれている。(作品紹介より)








ジブリの最新作がこの夏公開予定だということをつい最近知りました。



僕のアンテナもだいぶ錆付いているようですね。





今回の作品は、宮崎監督が『モデルグラフィックス』誌上にて発表した連載漫画を原作としています。



実際の人物をモデルに物語が作られており、舞台も日本のようです。



今までの宮崎監督の作品からは一線を画した作品になるように思えて、まったく展開が予想できません。



『老兵は死なず、ただ消え去るのみ』なんて誰かが言っていましたが、宮崎監督はその人生の終わりまで挑戦をし続けるのでしょう。





ちなみに公開まであと3ヶ月ほどなのに、予告編もまったく発表されず進捗状況がまったくうかがい知れません。



これは公開延期も十分にありえるかもしれませんね。



いい作品ができるならいくら時間をかけても構わないと思うのは、僕だけではないはずです。







よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

[ 2013/04/15 21:39 ] オタク的日常 | TB(0) | CM(0)

この危うい関係

im53310.jpg
この危うい関係
著者:素子
URL:http://ncode.syosetu.com/n9980ba/(『小説家になろう』サイト内)




★注目キャラクター★


「敗走で浮き足立っているか。
  沼沢地の最奥に誘い込め。

 ――ここで、終わらせるぞ。」


クラーク・ベケット・ウォーレン 
ハースト王国のウェンブル伯爵。四十を越えてその体躯、技量、戦術に加えて老練な経験から勝利を呼び込む男として近隣では有名であり、ハースト騎士団の団長を務める。
顔の傷と、山賊かと見まがう人相の悪さから”戦場の悪鬼”と呼ばれる。実際に先祖は山賊であり、討伐に来た当時のハーストの国王に臣従することで、元々の根城だった土地を領地として認められた。






★レビュー★



「戦に勝った国の伯爵と
 負けた国の王妃の話。

 息子達は父の侯爵位と母の侯爵位を継ぎ、
 娘達は請われて縁づいた。

 今もこの地方に残る『嫁担ぎ競争』は
 観光の目玉の一つであり、
 山賊の子孫は配偶者を抱き上げて塔を上る
 『仕来り』にご先祖を恨む。


 ――ひときわ目を引く肖像画の、
        二人が織りなした、話。」
  




      

戦に勝った国のおっさんの伯爵と負けた国の王妃の話。(作品紹介より)








この物語が最新長編作である作者素子(そし)さん



僕が大ファンなWeb小説家の一人です。



活動報告を書かれないので人となりがなかなか見えにくいのですが、この文章からするとおそらく女性であると推測できます。
また、一人一人の感想に、感謝の気持ちを込めた丁寧なコメントをしていることから、作品同様素敵な方なのが伝わってきます。





そんな彼女の作風は、一言でいうと”おとぎ話”です。



物語の多くが中世のヨーロッパ風の国々が舞台であり、騎士、お姫様、魔法など比較的オーソドックスな要素で構成されています。
文章の印象からファンタジー小説というよりは、昔話や英雄譚といった感じを受けますね。



そして、『恋愛』をテーマにしています。



それも、成就が難しそうな組み合わせばかりが目に付きます。



この作品もそうですね。



主人公は、40歳を超えて未だ独身の”戦場の悪鬼”として恐れられるハースト国の伯爵クラーク



相手は、クラークにより夫である国王を殺された敗戦国カデルの王妃エリザベス



この二人がいかに惹かれあい、結ばれるのか最後までハラハラしながら読了しました。



いろいろな陰謀やハードルはあるけれど、やっぱり愛は偉大ですね。





ちなみに個人的な感想なんですが、2007年に電撃文庫からデビューされた作家・紅玉いづきさんの作風にかなり近いと感じます。



彼女の作品が好きな方なら、素子さんの作品も気に入ると断言できますね。





素子さんには、これからも素敵な作品達を生み出してくれることを節に願い、陰ながら応援していきたいと思います。







よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

[ 2013/04/15 00:17 ] Web小説 | TB(0) | CM(0)

ささみさん@がんばらない

4534530064851.jpg

ささみさん@がんばらない
原作:日日日
監督:新房昭之
シリーズ構成:高山カツヒコ
脚本:高山カツヒコ
キャラクターデザイン:原田大基
音楽:橋本由香利
アニメーション制作:シャフト
製作:製作委員会@がんばらない、TBS
放送局:放送局参照
放送期間:2013年1月10日 - 3月28日
話数:全12話
公式サイト:http://www.tbs.co.jp/anime/sasami/




★注目キャラクター★


「お前、全裸で何してんの!
 
 あたしが寝てるうちに
 エッチシーンに突入してんじゃ
 ねーーーーーーーーーーよ!!

 CGコンプリート
 できねーーーーーーーだろ!!」


url.jpg

邪神 つるぎ 
邪神三姉妹の長女。桜ノ花咲夜学園の教員(鎖々美の担任)。31歳。
実年齢は大人であるはずだが、見た目は子供にしかみえない「ちびっこ先生」。その性格はエロ親父のそれで、日常的に公的な場所でエロゲをしたり、女性にセクハラを繰り返している。その一方で、世界と鎖々美や妹達の「がんばる」姿を見守る「大人」でもある。
その正体は、最初に「最高神のちから」を持っていた太陽神・アマテラス(ちなみに、最高神現役時代は今の子供の姿をそのまま成長させたような姿をしていた。)。かがみ・たまは、つるぎが体を切り離して作った「娘」とも言える存在だが、恥ずかしいので姉と名乗ってる。






★レビュー★



「世のため 人のために
 がんばる必要なんて私達にはないんだ。

 守る時代は、もうおしまい。

 私は、神々を信じたい。

 だから、私はもうがんばらない。」
  





20130315143223696.jpg




      

ささみさんは引きこもり。着替えるのも、食事をするのも、がんばらない。
生活の面倒を見るのは、奴隷体質のお兄ちゃん。
ささみさんの日課は、パソコンに繋がれた「お兄ちゃん監視ツール」で外の世界を覗くこと。
外の世界では、正体不明の美少女三姉妹とお兄ちゃんがキャッキャッウフフでラブコメ中って……
間違ってる絶対!!
この世界は何かがおかしい!!
(作品紹介より)








主人公・月読 鎖々美は、”最高神”アマテラスの力をその身に宿しているという設定です。八百万の神達は、最高神に気に入られたいために鎖々美の望みを叶えようと世界を”改変”していきます。



そんな鎖々美を中心にドタバタと基本コメディタッチな物語です。



本作品は日本神話に関する(神話上の)実話と創作を織り交ぜたストーリーが展開されていきます。
日本神話に関する一部の要素や名称が登場する作品は多くありますが、これまで日本神話をフィーチャーした作品は近年なかなか珍しいと思います。



アマタラス、八岐大蛇、天叢雲剣なんかは一般的にもメジャー所ですが、鎖々美の兄・月読 神臣が日本神話に登場するなかなか影が薄い神ヒルコの立ち位置にいるという独特の設定があります。





a1dd5edb7c9e7a3d32c69478c4aa2257.jpg






ヒルコ(水蛭子、蛭子神、蛭子命)


『古事記』において国産みの際、イザナギ(伊耶那岐命)とイザナミ(伊耶那美命)との間に生まれた最初の神。しかし、子作りの際に女神であるイザナミから声をかけた事が原因で不具の子に生まれたため、葦の舟に入れられオノゴロ島から流されてしまう。次に生まれたアハシマとともに、二神の子の数には入れないと記されている。

『日本書紀』では三貴子(みはしらのうずのみこ)の前に生まれ、必ずしも最初に生まれる神ではない。不具の子に生まれるのも、後で流されるのも同じである。

始祖となった男女二柱の神の最初の子が生み損ないになるという神話は世界各地に見られる。
(Wikipediaより)








つまり神臣とは、鎖々美にとってだけではなく、彼女の一族である月読一族にとっても、アマテラス(またはその一部から生まれた)である邪神三姉妹にとっても”兄”だということになります。



実際劇中で、鎖々美の母親である月読 呪々邪神 つるぎ神臣のことをそれぞれ、「兄上」「お兄ちゃん」と呼ぶ描写があり、神臣の正体を暗に明示しています。





なかなか普段深く触れることがない日本神話ですが、天皇陛下が御座しますこの日本の一国民として、その成り立ちや文化の根源を理解するためにも、これを機にもっと勉強してみようかと思います。



ちょっと調べてその概略だけでも見てみると、物語としても面白そうですね。





天地開闢

国産み

神産み

岩戸隠れ

天孫降臨

神武東征・・・・etc.





ちなみに、約3年前に原作1巻を読んでレビューを書いてるんですが、結構評価低い感じになってます。





2010/01/22 : ささみさん@がんばらない





まだまだ僕の目は節穴だってことですね。



精進の日々は続きます!!





■ささみさん@がんばらない OPで中毒になる動画













よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

[ 2013/04/13 12:53 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

追悼ヤマグチノボル先生




あなたがいたから、今の僕があります。



あなたがいたから、
  今まで生きることができました。



あなたがいたから、今、こんなにも”オタク”です。



あなたの生み出した作品たちは、
これからも多くの人々に夢と希望を与えるでしょう。



本当に感謝しています。






よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2013/04/11 21:48 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

とりあえず『翠星のガルガンディア』を観てみよう。

841020576ee.jpg



季節が替わり、また新作アニメが続々と放送を開始しています。



とりあえず先行放送を観た感じで面白そうだったので、『翠星のガルガンディア』を見続けようかと思います。



毎期ごとに完走できるアニメが1作ぐらいしかない、かなり厳しい現状ですが、本当に面白いアニメなら無理してでも観たいと思うはず!と他力本願になってます。



ちょっと気になったのは、ヒロインのエミリー





o0400053312324823608.png






どこのナディアやねん!
と思ったけど、これだけいろいろ作品が出てきて時代が下ってるので、多少の過去作品へのオマージュはしょうがないですよね。





でも、この作品。本当に面白そうな要素が散りばめられています。



・監督が村田和也さん
 (『プラネテス』、『コードギアス反逆のルルーシュ』などの演出を担当)


・脚本が虚淵玄さん
 (『魔法少女まどか☆マギカ』、『PSYCHO-PASS』などの脚本を担当)


・製作がProduction I.G


・主題歌がみのりん



今期の最後に、本作品のレビュー記事を書けることを楽しみにしています。







翠星のガルガンティア


宇宙(そら)から来た少年、船団都市(ガルガンティア)と出会う
遠い未来
表面のほとんどを大洋に覆われた星、地球
宇宙で育ち
戦いしか知らなかった少年兵レドは
そこで初めて海を見た
広く、淡い翠に光る海
人々は巨大な船団を組み、
つつましくも生き生きと暮らしていた
通じない言葉
異なる習慣
レドは孤独な異邦人
だが、彼は一人ではなかった
ここで生きてゆくためになにができるのか
そして、なんのために生きるのか
翠の星で過ごす日々が、レドに問いかける


公式サイト:http://gargantia.jp/#top









よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2013/04/07 21:54 ] オタク的日常 | TB(0) | CM(0)

ワンパンマン 1~3

eregrhykksrsr.jpg eewwqfr.jpg ttjjhg.jpg
ワンパンマン 1~3(ジャンプコミックス)
原作:ONE
作画:村田 雄介
販売元:集英社
発売日:2012/12/4、2013/4/4




★注目キャラクター★


「趣味でヒーローをやっている者だ」

20121205011153.jpg

サイタマ 
この物語の主人公。25歳。ツルツルのハゲ頭がトレードマークで、戦うときは常にマントのついた黄色のスーツを着用している。
風貌こそギャグキャラじみたものだが、強者揃いの作中キャラの中でも次元が違う戦闘力を誇る。ほとんどの敵を普通のパンチ一発で倒し、ズバ抜けて頑健な身体には一切の攻撃が通じない。






★レビュー★



 「俺は行く

  今日は特売日なんでな 野菜が安いんだ」
  





img065.jpg




          

一撃必殺! 強くなりすぎて、どんな凶悪な怪人もワンパンチで倒してしまうヒーロー“サイタマ"。平熱系最強ヒーローの伝説開幕!! WEB界のカリスマと超絶絵師タッグが贈る、日常ノックアウトコミック!!(作品紹介より)








男なら誰しも子供の頃、”ヒーロー”という存在に憧れを抱いていたと思います。



この作品の舞台は、普通に”怪人”が出現し、それに対抗するため
『ヒーロー協会』なるものが組織され、”ヒーロー”が1つの職業として存在している、そんな世界です。



主人公はあまりに強力な力により、敵を一撃で仕留めることからタイトルが
『ワンパンマン』



その風貌から某ア○パ○マ○のパクリだということは丸わかりだが、誰も突っ込まないのは大人の事情。



この作品を読んで印象的だったのは、主人公・サイタマをはじめ登場するキャラクターたちが自分の理想とする”ヒーロー”という存在と、現実の自分とのギャップに思い悩む姿です。





img062.jpg





img064.jpg





自分が強すぎて敵をあっさり倒せてしまうことにやる気をなくしたり。





img060.jpg





意外とヒーローとして働くことがシビアだったり。





img063.jpg





そんな彼らですが、今日も人々のために怪人と戦い続けるのです。





img066.jpg





だって、彼らは”ヒーロー”だから。





  





よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓


[ 2013/04/06 00:08 ] マンガ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
36位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード