とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  2009年10月

とある科学の超電磁砲<レールガン> 04

l1.jpg
とある科学の超電磁砲<レールガン> 04 (電撃コミックス)
作画:冬川 基
原作:鎌池 和馬
キャラクターデザイン:灰村 キヨタカ
販売元:アスキー・メディアワークス
発売日:2009-10-27


★項目評価★
ストーリー
★★★★★★★★☆☆ 8点

キャラクター
★★★★★★★★★☆ 9点

総合
★★★★★★★★☆☆ 8.5点



★注目キャラクター★

「初めて飲んだ紅茶がこれかよと
 ミサカは嘆息します。」


9982号
 御坂美琴の体細胞クローン「妹達」の1人。
 一方通行をレベル6へ進化させる実験のターゲット役。
 外見は美琴そっくり(ただし目の描かれ方などが違う)だが能力は美琴に比べ大
 幅に劣るため、電磁波を視覚化する軍用ゴーグルや多様な銃器を常備して戦
 力を補っている。


★レビュー★

「さようなら お姉さま。」 


原作3巻の「一方通行編」で明かされることがなかった、美琴が”レベル6”計画に気づくまでの過程が今巻で描かれている。

今までは原作に関係がない、まさに”外伝”といったものであったが、今巻から原作のストーリーを踏襲し、かつ補完する位置づけとなった。

ファンの作品に対する「知りたい」という欲求を満たすものであり、僕も大いに興奮してヨダレ垂らしながら最後まで読みきった。


次巻では原作3巻に時系列的に追いつくと思われるが、”一方通行””幻想殺し”の対決をどのように描くのか楽しみだ。



スポンサーサイト
[ 2009/10/31 23:06 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

祝 MUSIC JAPAN 新世紀アニソンSP 当選!

mj.jpg



★報告!★

史上空前最強 Battle !!


今日の朝、郵便箱を開けたらハガキが1枚。何かと思ったら、MUSIC JAPAN 新世紀アニソンSPの収録観覧に当選(!)しており、その入場整理券だった。

収録日は11月12日(木)19:30~。
地方からの参戦のため、交通費が馬鹿にならないが、JAM projectを生で観れるという誘惑の前では喜んで奉げよう。


ちなみに他の出演者は、

ELISA、Kalafina、中島愛、堀江由衣、水城奈々、May’n and more・・・(公式HPより

となっている。


とりあえず、今週は出演者の予習に忙しくなりそうだ。


後日、このブログで当日の報告を行おうと思っている。


[ 2009/10/31 22:16 ] アニソン | TB(0) | CM(0)

ロードス島戦記 OVA 全13巻

lodosswar_ova_top.jpg

原作:安田均、水野良(角川書店刊 角川スニーカー文庫)
企画:田宮武
キャラクターデザイン・総作画監督:結城信輝
総監督:永丘昭典
製作総指揮:角川歴彦
音楽:萩田光男
主題曲:Sherry(加藤いづみ)
オープニングテーマ 「Adèsso e Fortrna ~炎と永遠~」(作詞・作曲/新居昭乃 編曲/荻田光男)
エンディングテーマ 「風のファンタジア」(作詞・作曲/伊藤薫 編曲/荻田光男)
アニメーション制作協力:マッドハウス
製作:角川書店・丸紅・東京放送・角川メディアオフィス
wikipwdiaより


★項目評価★
ストーリー
★★★★★★★☆☆☆ 7点

キャラクター
★★★★★★★★★☆ 9点

総合
★★★★★★★★☆☆  8点



★注目キャラクター★

「すまないな。
 ああ見えて、ディードは嫉妬深いんだ……」


ディードリット
 帰らずの森出身のハイエルフの女性。
 精霊を召喚して使役する魔法使いであり、同時にそこそこの剣の技量も備える
 魔法剣士。
 パーンと長く行動をともにする。小説本編におけるヒロインの一人である。


★レビュー★

「人々はその島を
 ”呪われた島”ロードスと呼んだ・・・・」
 


温故知新ということでこの作品を鑑賞してみた。

まさにファンタジーの原点であり、王道中の王道といった感じだった。剣と魔法、エルフ、ドワーフ、ドラゴン・・・、今のファンタジーにかかせないものがすべて詰まっている。

ストーリー的には、意外性というものはないが、良い意味で「安心して観ていられる」と言えるだろう。
個人的には、11話の冒頭部分の、パーンディードのイチャイチャシーンが大好きだ。

80年代にこれほどのクオリティの作品があることに驚き、改めて過去の名作とい呼ばれる作品たちを観てみようかと思えるようになった。


TV版を次に観てみようかと思うが、「OVAのクオリティに慣れてしまって、TV版がチープにみえる」といった状態にならないか心配だ。




[ 2009/10/30 03:40 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

神MAD①

これから定期的に僕がこれまで出会った神動画を紹介していきます。

第1弾はこちら!
劇場版予告っぽい NANOHA The MOVIE 3rd.




前日の水樹奈々の記事から「リリカルなのは」関連ということで。

しかし、今年から来年にかけて「なのは」が熱い!!

第4期としてマンガ「魔法戦記リリカルなのはForce」、「魔法少女リリカルなのはViVid」が連載中。僕は本誌では読まない主義なので、早く単行本化しないかと首を長くしている。

また来年の1月23日公開、「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」も見逃せない!

しかし・・・・、

チケット売り場で、

「魔法少女リリカルなのは、大人1枚。」

と言うのは恥ずかしすぎる(汗)

そんなことを妄想しながらこの動画を観ている。

良かったらご覧ください。
[ 2009/10/29 22:56 ] 動画 | TB(0) | CM(0)

水樹奈々

25077_1.jpg

水樹奈々
 (みずき なな、1980年1月21日 - )声優・歌手。
 愛媛県新居浜市出身。シグマ・セブンとキングレコードに所属。声優であ
 るとともに歌手としても精力的に活動している。
 公式サイト「NANANA PARTY」

★突然ですが★
最近遅らばせながら、水樹奈々にハマりつつある。アニサマのDVDやNHKの「MUSIC JAPAN 新世紀アニソンSP」を見たからだろう。とりあえず、
iPodでもプレイリスト(↓)をつくってみた。

  1. Astrogation             
  2. Dancing in the velvet moon
  3. DISCOTHEQUE
  4. BRAVE PHOENIX
  5. SECRET AMBITION
  6. 残光のガイア
  7. ETERNAL BLAZE
  8. Justice to Believe
  9. still in the groove
  10.innocent starter
  11.Take a shot
  12.MASSIVE WONDERS
  13.Endless Chain
  14.Pray
  15.SEVEN

そんなこんなで生のライブを観てみたいと思うようになった今日この頃。というわけで、「新世紀アニソンSP2」の収録参加に応募してみた。他の出演者ではJAM Projectなどが出演予定だ。(特集ページ

もし当選すれば、今月の29日に招待状を発送するらしい。当選した場合は、このブログで報告しよう。

ちなみに声優方面では、「リリカルなのは」シリーズのフェイト・T・ハラオウンがお気に入り。

[ 2009/10/28 01:18 ] アニソン | TB(0) | CM(0)

異世界の聖機師物語 第8話 「襲来」

eps8_screen2.jpg
公式HP(各話紹介)

脚本:白根秀樹|絵コンテ:稲垣隆行|演出:加藤 顕
キャラクター作画監督:大高雄太|メカ作画監督補:吉田 徹|メカ作監協力:西井正典


★項目評価★
ストーリー
★★★★★★★★☆☆ 8点

キャラクター
★★★★★★★★☆☆ 8点

総合
★★★★★★★★☆☆  8点



★注目キャラクター★

「私は”ドール”・・・。戦うことが私の存在意義。」

ドール
 謎の聖機師。
 年齢不詳(推定12歳)、女。
 全てが謎に包まれたババルン軍最強の聖機師。


★レビュー★

「”光”を纏いし者 世界を救い
 ”闇”を纏いし者 世界を滅ぼす」
 


これは予想外だ・・・。

メザイヤネイザイ・ワンが同一人物だということは予想していた。剣士ネイザイを見失った直後にメザイヤが登場してたし、ネイザイの声優「???」だったし。

「はいはい、わかってますよー。 ニヤニヤ」とか思ってた自分が恥ずかしい(赤面)

いやココは製作スタッフを褒めよう。
良くぞ裏切ってくれた!いい意味で!!

最近のアニメでココまで画面に釘付けになったことなかったな~。

でも、今回の見せ場はやっぱり聖機人での戦闘シーン。
考えたら、剣士が聖機人に乗るのって第1話以来なんだなー。やっぱ”白い”聖機人は動きのキレというか速さが他より圧倒的なので、見ていて気持ちいい。特に闘技場での、乱立する柱を利用して多数の相手を1体づつ、じわじわ片付けていく場面は興奮します。

次回は、アウラ様の国「シュリフォン国」が舞台になるらしい。そちらのほうも気になるが、ユライト先生の真の目的が徐々に判明してくるのではないかと個人的には注目している。

[ 2009/10/27 02:46 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

BLACK LAGOON 9

157189.gif
BLACK LAGOON 9(サンデーGXコミックス)
著者:広江 礼威
販売元:小学館
発売日:2009-10-19


★項目評価★
ストーリー
★★★★★★☆☆☆☆ 4点

キャラクター
★★★★★★★☆☆☆ 8点

総合
★★★★★★☆☆☆☆ 6点



★注目キャラクター★

「俺は、ローン・レンジャーになるしかないんだ。」

シェーン・J・キャクストン
 米国防総省特殊作戦軍、
 大56施設任務大隊”グレイ・フォックス襲撃郡”隊長。
 階級は少佐。


★レビュー★

「ほら、生きてるよ。」 


3巻に渡った、”El Baile de muerte”も今巻にて終結。まず単行本の厚さに驚いた。脅威の271ページ。
すさまじい・・・。持って読んだら手が疲れた。

終盤の若様ロベルタのキ○シーンが印象的だったが、結局はハッピーエンドというわけではなく、なんだかスッキリしない終わり方だったように思える。まぁ、ブラック・ラグーンではそういうのが多いんだけど・・・。
そこにシビれる憧れる!(?)

しかし、メインキャラクターの暗さがどんどん際立っていくような・・・。ロックの青臭さの抜け具合、レヴィ若様に対する妬み、そしてダッチの経歴詐称疑惑(笑)

それにしても、ベニーの影がどんどん薄くなっていっているのが心配だ。

[ 2009/10/22 02:25 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

ヨルムンガンド 7

157190.gif
ヨルムンガンド 7 (サンデーGXコミック)
著者:高橋 慶太郎
販売元:小学館
発売日:2009-10-19


★項目評価★
ストーリー
★★★★★★☆☆☆☆ 5点

キャラクター
★★★★★★★☆☆☆ 7点

総合
★★★★★★☆☆☆☆ 6点



★注目キャラクター★

「敵より1秒遅ければ味方を見殺しにし
 1秒先んづれば命を救う。」


ブックマン(ジョージ・ブラック)
 CIA工作担当官、NCS欧州課課長。
 ”オペレーション・アンダーシャフト”の責任者。


★レビュー★

「スパイでもいいよ!」
「みんなには言わない。だから・・・・・・」
 


ココのこんな弱気な台詞を初めて聞いた。

バルメのときもだったが、何事にも動じないココも、”部下”のこととなると年相応の女性の顔をみせてくれるようだ。

今巻では、今まで謎だったココの昔の部下、”エコー”。(ココに「常に笑っていろと」と言った)の存在も明らかになった。どうやら、ヘックスとの過去の戦闘で死亡したようだ。

次巻からはブックマンとの戦いが本格化するのか、それともまだスポットが当たっていないキャラクター中心の話になるのか、どういう進行をしていくか楽しみだ。

個人的にはトージョがお気に入りなので、彼の活躍を希望したい。



 
[ 2009/10/22 01:37 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

リンク・相互リンクについて

grp0311222017.jpg


★リンク募集中★
このサイトはリンクフリーです。張るのも外すのもご自由にどうぞ。
ちなみにリンク先はトップページ(http://fandy02.blog69.fc2.com/)にお願いします。


★連絡★
リンクをしてくださった方、また相互リンクのお誘いなどはこの記事のコメント欄で報告・連絡をいただければと思います。気兼ねなくどんどんどうぞ。
[ 2009/10/15 17:55 ] 雑記 | TB(0) | CM(18)

はじめまして

この度、「2次元を中心としたブログをやろう!」と思い立ち、実際にやっちまった”F”と申します。
まだまだ未熟者であるため、拙い内容になると思いますが、長い目で見守ってやってください。

ではでは~

[ 2009/10/14 03:47 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
28位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード