とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  マンガ

ベイビーステップ 45  ――― 日本代表・渡邊との準決勝が始まる!!

511opdW6klL.jpg
ベイビーステップ 45(講談社コミックス)
著者:勝木 光
発売元:講談社
発売日:2017/6/16











【注目キャラクター】



「ここが俺の限界なのか? 

 違う・・・・ 違うはずだ!



イメージ (16)

渡邊 隆敏
ATPランキング161位のプロテニスプレイヤー。日本人としては恵まれた体格による強力なショットを得意とする。慶稜チャレンジャー準決勝で丸尾と対決する。












【レビュー】










「バラバラだったピースが

 新しい精神力を身に着けることで繋がっていく・・・・・。


 この繰り返しがいつの間にか

   大きなビジョンを描く力になる。








イメージ (15)
















      


エーちゃんは、慶稜チャレンジャー3回戦を吉道の途中棄権により勝利するも、完全劣勢のまま終わった試合に自信喪失。

見かねた青井コーチが連れていったのは、格闘技ジム! 格闘家と意見交換する中で、エーちゃんが見つけ出した答えとは!?

日本代表・渡邊との準決勝が始まる!!
(作品紹介より)

















■”死んじゃうくらいの覚悟で”





慶稜チャレンジャーの準決勝、日本代表(ナショナル・チーム)の一員である渡邊との試合を控え、エーちゃんはいつになくナーバスになっていた。


そこで青井コーチが一計を案じ、ある人物をエーちゃんに引き合わせた。


総合格闘家である池の兄である。


彼の所属するジムで、畑が違う格闘選手と交流することは、エーちゃんにとって大きな ”カルチャー・ショック” であり、”井の中の蛙” から脱却するきっかけとなったように感じる。





イメージ





イメージ (2)





イメージ (5)






『世界は広い』 ということは誰でも知っていることですが、実感として持っているかは別問題だ。


例え実感を持っていたとしても、日々の生活の中でどうしても視野が狭くなり、忘れがちになってしまう。


この場面は、たぶんスポーツだけではなくて、他の様々な仕事にも役立つ描写だったと思う。


いろんな場所にいって、いろんな人と話してみる。


そこにはいろんな ”面白さ” が、あるんだろうな。















■すべてが結実した試合





遂に始まった、日本代表・渡邊との試合。


しかし、下馬評を覆し、エーちゃんが序盤から積極的な攻めにより、試合を優勢に進めていく。





イメージ (17) - コピー





イメージ (3)





イメージ (4)





イメージ (6)





イメージ (7)











この試合でエーちゃんが身に着けたのが、
”『命懸け』モード””『命が懸かってない』モード” の切り替え。


この2つのモードを試合展開によって瞬時に切り替えることにより、リスクを最小化し、かつ相手を揺さぶる効果的な戦い方が実現できるのである。


エーちゃんいわく、”おいしいとこ取り”





イメージ (8)





イメージ (9)





イメージ (10)





イメージ (12)











もちろんフィクションなので、ここまでとんとん拍子にいくことはまずないことだと思う。


しかし、メンタル・トレーニングに主眼を置いた今回の話の流れは、科学的であり、スポーツのリアルな奥深さを素人の読者にうまく伝えることに成功している。


これが、本作が他のスポーツマンガとの一番の違いだ。


リアル多めの、理論多め、でもカタルシスもちゃんと感じることができる物語性。


1つの作品中で実現させることは本当に難しい。


きっと、作者のたゆまぬ研究と取材の結果なのだろう。


エーちゃんみたいな作者だな。










イメージ (14)















■エリック社長の笑顔





エーちゃんが作者の分身とするならば、

エーちゃんのスポンサーであるサプリメントメーカー・ボディプラス社長、エリック・ホールトン は、我々 読者(ファン)を投影したキャラクター というべきだろう。


エーちゃんの試合をまるで少年のような輝いた顔で観戦している姿に共感を覚える。




イメージ (18)





イメージ (19)





イメージ (20)





スポンサーになった理由が 「笑顔を作り出したい」 とのことだったが、自分が一番笑顔になっているのは内緒だ。


そして、秘書のお姉さんとの関係も気になるところだ。


ぜひ、今後も本編に登場することを願っている。










































【関連記事】

・ベイビーステップ 40  ―――― エーちゃんの新たな挑戦が始まる。 [2016/09/24]

・ベイビーステップ 39  ―――― ”プロになる”のその先を描く。 [2016/03/27]
・ベイビーステップ 37  ―――― 胸を借りるんじゃない・・・・叩きのめすんだ!! [2015/10/19]
・ベイビーステップ 35  ―――― このゲームが最期になるかもしれない [2015/07/20]





















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2017/07/27 00:13 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

魔法少女リリカルなのはViVid  16 17  ―――― それぞれの目標、それぞれの道。

81o4kNSwNLL.jpg81Fuv6MRrbL.jpg
魔法少女リリカルなのはViVid 16(カドカワコミックス・エース)
魔法少女リリカルなのはViVid 17(カドカワコミックス・エース)
原作:都築 真紀
漫画:藤真 拓哉
発売元:KADOKAWA/角川書店
発売日:2016/4/22(16巻)、2016/10/26(17巻)
















【レビュー】










「技術も勇気も薙ぎ倒す ”神撃” の強打者と

 当たらずに当てる ”一閃必中” の技巧者。

 競い合って高め合って 『さあ、勝つのはどっち?』







イメージ
















      


三岩窟での修業を終え、ますます結束するチームナカジマの面々。そしてヴィヴィオは自分の目標を再確認し、自らが信じた「武」の道を歩み出す――。新章突入で更に広がる舞台! リリカル☆マジカル頑張ります! (16巻)

それぞれの“武”を極めるため――激闘開幕!!
「てっぺんで待ってるから追いついてきてな」というジークの言葉を胸に、新たなる目標へと歩み出したアインハルト。そしてヴィヴィオは最愛の母・なのはとの戦いを前に、以前惜敗したミウラとの再戦に挑む―――。 (17巻)
(作品紹介より)

















■”腹にくくった一本の槍”





この2巻が私の心を打ったのは、本作の主人公であるヴィヴィオとアインハルトの覚悟と成長が凝縮されていたからだ。


まずは、ヴィヴィオ について語りたい。


彼女は元々、【聖王の器】 として ”製造” された 【クローン人間】 である。


しかし、通常の能力的には平均的であり、作中の主要キャラからいうと ”凡人” の域を脱していない。


ストライク・アーツを続けていくにあたって、その 『才能の無さ』 が命取りになると、折に触れ言われてきた。





イメージ (2)






彼女がなぜ頑なに肉弾戦中心であるストライク・アーツに拘るのか?


その答えが16巻で語られている。










「格闘家としてのわたしは ノーヴェの ”作品” なんです。」


イメージ (3)










「ノーヴェが思い描く理想の格闘戦技を

 わたしが実現する――――

 格闘技に向いていない…弱いわたしが勝っていく事も

 きっと二人の夢で挑戦なんです



イメージ (4)










自分の夢だけではなく、他人の夢も合わせて背負い込める強さ。


その人との ”つながり””絆の強さ”


小学生の女の子が自分自身を ”作品” と言い切れる ”信念の強さ”





その小さな背中に、私は ”武士” の姿を確かに垣間見た。




















■”覇王”から”王者”へ





次にもうひとりの主人公である アインハルト についても、語らせてもらいたい。


彼女は、【古代ベルカ戦乱期】 のシュトゥラ王国の国王 ”覇王”イングヴァルト の末裔であり、その記憶を受けづく後継者である。


本作の序盤では、自身の流派 【覇王流】 が最強であることを証明するため、格闘有段者に無差別ストリートファイトを仕掛けたりと、孤独な戦いを続けてきた。


それが、ヴィヴィオや仲間・ライバル達との出会いを経て、世界の景色が一変した。










イメージ (7)





イメージ (8)










―――――「仲間達のために戦う。」


これまで自分だけのために戦ってきた彼女にとって、その響きは新鮮で、それでいて心地よかった。


自分が戦うことが誰かの助けとなる。


自分の戦う姿をかわいい後輩達が見てくれている。


だから、負けるわけにはいかない。










イメージ (10)





イメージ (12)





イメージ (13)






イメージ (14)










「一番前を歩いていこう。

 この子たちの道を照らす篝火になれるように。 」



イメージ (15)











他者を寄せ付けず、ただ強さのみを追い求めていた ”覇王” はもうどこにもいない。


堂々たる ”王者” の姿がそこにはあった。













































【関連記事】

・魔法少女リリカルなのはViVid 1 [2010/01/23]




















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2017/05/04 20:24 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

ハイキュー!! 25   今、進化の時――――!!

41S00.jpg
ハイキュー!! 25(ジャンプコミックス)
著者:古舘 春一
発売元:集英社
発売日:2016/3/3











【注目キャラクター】



「セッターは 支配者っぽくて

 いちばんカッコイイだろうがッッ!!!」



img283.jpg

影山 飛雄
烏野高校1年3組。背番号9。ポジションはセッター。身長181.9cm、体重66.3kg。ジャンプ最高到達点337cm。12月22日生まれ。好物はポークカレー温卵のせで、最近の悩みは「動物に嫌われているような気がする」。
日向の相棒。県内トップの強豪校の白鳥沢学園を受験して落ち、名将・烏養監督の復帰を耳にして烏野高校へ進学して日向と再会する。中総体で戦って以来、彼の抜群の身体能力に一目置いていた。
全日本ユース代表合宿選抜メンバーで、烏野の攻撃の司令塔である。












【レビュー】










  「 新”コート上の王様” 誕生だァ ――― !!」







img280.jpg















      


宮城県1年生選抜強化合宿で、練習に入れなくとも貪欲に学ぼうとする日向!! 一方、全日本ユース強化合宿に参加した影山は仲間との接し方に悩み始め!? 春高前総決算で挑む伊達工戦、大幅描き足しで収録…!!
(作品紹介より)

















■”影山、進化” の巻





春高全国大会に向けて個々のポテンシャルの底上げを図っている烏野高校。


その中で特に、主人公・ 日向 の成長描かれていたのが前巻だ。


一方、今巻ではもうひとりの主人公との言える、日向の相棒・ 影山 の成長を描いている。










思えば、影山は作中で最も ”成長していない” キャラクターだ。


中学時代において既に高い技術力を持っており、セッターとしてもほぼ完成していた。


日向との ”変人コンビ” としては成長を続けていたが、影山個人に着目すると、【変人速攻】【マイナス・テンポ】 へと進化させた ”置いてくるトス” 以外、成長を見ることができない。










しかし、春高全国大会前、全日本ユースの合宿に招集されたことをキッカケとして、影山の心が揺れ動く ”事件” は発生した。


今までの影山を一度壊し、新たに再構築する、”スクラップ アンド ビルド” 的な展開の幕開けであった。















■【トラウマ】の克服





全日本ユースの合宿で全国の強豪達の実力を目撃し、大いに刺激を受けた影山。


そして、参加メンバーのひとり・ から言われた 「おりこうさん」 という言葉が気になっていた。


チームに戻った影山のその言葉を過剰に気にし、気に入らないプレーをしたチームメイトに向け、これまでにない強い言葉を投げかける。





img270.jpg





img271.jpg





img272.jpg











「俺は良いトス上げています! 

       もっと決めて下さい!!!」




img274.jpg





img275.jpg





img273.jpg










影山は自分の発言に気づき、愕然とした。


中学時代、影山は ”コート上の王様” と呼ばれていた。


それは良い意味ではなく、コート上で周囲を見ずに独善的にゲームを支配することに拘る当時の影山を表した蔑称だった。


――――――― 「自分はまた、あの頃と同じ失敗をしてしまった。」



上の表情は、そんな影山の心情を物語っている。


これまで表にはしばらく出てこなかったが、当時の体験はどうしようもなく、今の影山の心に巣くう 【トラウマ】 に他ならなかった。











空気が緊迫する中、日向は事も無げにこう言う。





   「影山が何言っても納得いかなかったら

         おれは言う事聞かない!




img276.jpg










   「だから お前が ”王様” かどうかは

           あんまり関係無い!




img277.jpg










この言葉を受け、影山は自ら作り出した ”壁” を乗り越え、本当の意味で ”王様” になったのだ。










img278.jpg





img279.jpg





img282.jpg





img281.jpg











次巻、遂に ”春高バレー” 開幕!


ライバル達が一堂に会すその瞬間を見逃すな!!!!!












































【関連記事】

・ハイキュー!! 24  ――――― ”思考”が”直感”というカタチに化ける。 [2017/01/21]
・ハイキュー!! 16  ―――― 元・根性無しの戦い [2015/05/03]
・ハイキュー!! 14  ――――お前しかいない!頼むぞ!!”縁下 力”[2015/02/11]





















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2017/04/23 14:23 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

空挺ドラゴンズ 1   ―――――― 空飛ぶ龍を獲って食う!!

612j22V9r8L.jpg
空挺ドラゴンズ 1(アフタヌーンKC)
著者:桑原 太矩
発売元:講談社
発売日:2016/11/7











【注目キャラクター】



「食うまでは死ぬわけにはいかないんだよ。

 捕って 解体して 食う。

 それが ”龍捕り(おろちとり)” だ。」



img255.jpg

ミカ
クィン・ザザ号の乗組員。
龍の肉が大好物で、龍の臭いをかぎ取る独特の嗅覚を持つ。


 









【レビュー】










 「各国が希少な を求め空を目指してからおよそ半世紀。


  今はその数も少なくなった現役の捕龍船 【クィン・ザザ号】


  肉・油・臓腑・・・・ 時に懸けられた賞金を求め
  それぞれがそれぞれの事情を乗せて


  西へ 東へ 南へ 北へ 天空を泳ぐ を追う。


  彼らに帰るべき港は無い。


  風を捕らえ影を捕らえて 旅は続く――――――。」








82267a546813fb3d8ef577b0f5bf78620bb73c01_20170226200414a5b.jpeg














      


龍を追って、世界の空を往く捕龍船『クィン・ザザ号』。

大物を捕まえれば一獲千金、獲りたての肉も食べ放題。でも、失敗したらもちろんお陀仏。

空と龍に魅せられた乗組員たちの大冒険の旅&世界グルメ紀行!
(作品紹介より)

















■【捕鯨】×【ファンタジー】





月刊アフタヌーンで昨年から連載が始まった本作。


巨大な生物 ”龍” が存在する世界で、捕龍船 【クィン・ザザ号】”龍捕り” の旅を描くファンタジー作品です。


この世界では龍は貴重な資源。


肉・油・臓腑といった多くの部位が日々の生活の糧となっています。


現実世界の 【捕鯨】 をモデルにしているのがわかりますね。





img260.jpg










一言で龍といっても、その特性は個体別に様々です。


その個体ごとにどのように仕留めるのかが、話数ごとの見所となっています。





img259.jpg





img257.jpg





img264.jpg





img263.jpg















■捕龍船に乗り込むアウトロー達





今後の展開としては、龍捕りの旅が続くとともに、クィン・ザザ号の乗務員それぞれの素性にスポットが当たってくると思います。


物語世界では、捕龍船はヤクザな生業だと認知されており、一般の住民からは偏見を持たれています。





img256.jpg





img265.jpg










個性豊かな乗組員達が どのような経緯で空に上がることになったのか 、キャラクターの数だけ物語がありそうですね。





img261_20170226205225285.jpg





img262_20170226205226ba9.jpg





img266_20170226205236de2.jpg





img267_20170226205238d1e.jpg











































【関連記事】

・空挺ドラゴンズ  世界の空を往く捕龍船——その目的は「龍を獲って喰らう」こと! [2016/06/25]




















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2017/02/26 20:59 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

ハイキュー!! 24  ――――― ”思考”が”直感”というカタチに化ける。

51wNcB33DpL.jpg
ハイキュー!! 24(ジャンプコミックス)
著者:古舘 春一
発売元:集英社
発売日:2016/12/2











【注目キャラクター】



「例えばあの小僧がこの合宿中に

 なにか直向きな努力・根性をみせようとも

 練習に加えるつもりは無えよ。」



img242.jpg

鷲匠 鍛治
白鳥沢学園高校バレー部監督。71歳。最近の悩みは「最近は自主性のある生徒が減った気がする」。
高校生の競技生活は3年も満たないことから、やることが限られているゆえ個の力をつけさせて勝つという、「シンプル イズ ベスト」の持論者。持論と正反対に存在する日向と烏野高校を否定している。しかし、烏野に敗北してから、考え方に変化がある様子で「俺達(小さい者)に体格(高さ)の代わりに与えられたものこそ、その餓えなんだよ」と日向の姿勢を評価している描写がある。












【レビュー】










  「今まで ずっと 

  ボールだけを追っていた  でも ――――――


  ―――― コートの中には 情報がいっぱいだ。








img249.jpg














      


春高出場を控えた烏野排球部に舞い込んだ、影山の全日本ユース強化合宿招集の報せ!

選手として先を行く影山に対し、自身の成長を切望する日向は、呼ばれてもいない県の1年生選抜強化合宿に姿を現すが!?
(作品紹介より)

















■新章突入!~春高バレーに向けて





ずっと目標としていた春高バレー全国大会への出場を果たした烏野高校。


そんな中、セッター・ 影山 にビックニュースが舞い込みます。






  「影山くん 君に

  ”全日本ユース強化合宿” の招集がかかりました」



img237.jpg







img238.jpg







                「 先に行くぜ。 」


img239.jpg










焦った 日向 は呼ばれてもいないのに、県内の有望な一年生を集めた ”疑似ユース合宿” に潜り込みます。







         「・・・・君、呼ばれてないよね?・・・・」


img240.jpg







日向はこの独断専行によって、更なる成長を見せるのか!?


今巻は、次の ”飛躍” へに向けた ”成長” の巻になります。





img241.jpg















■日向の直向きな姿勢に胸がアツくなる!!!





勝手に合宿に入り込んだ日向は、その罰としてボール拾いに徹せられます。


これがなかなかキツイ。


うまくなるために合宿に来たはずが、練習を一切させてもらず、ずっとボールを拾う時間が永遠と続いていきます。


img243.jpg











普通なら、心ばっさり折られてますよ。


でも、これくらいでの逆境、日向に乗り越えられないものではありません。







   「探せ  探せ   考えろ

   いつもと同じ目線じゃだめだ   いつもと同じ考えじゃ駄目だ


   ―――――――― 探せ。 」



img244.jpg








 「おれはコートにいない コート上の ”誰でもない”


img245.jpg







img246.jpg







img247.jpg







img248.jpg










   「一人だけ 試合中みたい」


img250.jpg










毎度、日向には驚かされてばかりです。


予想の2段も、3段も上の行動を取られています。


自分の中の ”ジョーシキ” がぶち壊されていく感覚。


それは私にとって、”快感” であり、明日への ”活力” にもなります。


私が本作を読み続けているのは、こういう理由なんだ! っと改めて思い出させてくれました。










img251.jpg










img252.jpg











img253.jpg










































【関連記事】

・ハイキュー!! 16  ―――― 元・根性無しの戦い [2015/05/03]
・ハイキュー!! 14  ――――お前しかいない!頼むぞ!!”縁下 力” [2015/02/11]





















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2017/01/21 14:42 ] マンガ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
39位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード