とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  映画

メットガラ  ――― ドレスをまとった美術館

topt.jpg

メットガラ  ――― ドレスをまとった美術館
原題: The First Monday in May
監督:アンドリュー・ロッシ
キャスト: アナ・ウィンター、アンドリュー・ボルトン、ジョン・ガリアーノ、カール・ラガーフェルド、ジャン=ポール・ゴルチエ他
制作:ファビオラ・ベラカサ・ベックマン、シルバナ・ウォード・ダーレット、ドーン・オストロフ、スコット・ブライト
制作年:2016年
制作国:アメリカ
配給:アルバトロス・フィルム
 














【レビュー】










   「 ―――――― ようこそ 華麗なる ”美の祭典” へ。」





555















      


“プラダを着た悪魔”ことアナ・ウィンターが仕掛ける
《ファッション界のアカデミー賞》に初潜入!
2015年5月2日、NYメトロポリタン美術館(MET)。アート・ファンとファッショニスタが注目する伝説のイベント《メットガラ》が華やかに幕を開けた。大階段にはレッドカーペットが敷き詰められ、ポップスターのリアーナやレディ・ガガ、アカデミー賞の常連、ジョージ・クルーニーやアン・ハサウェイ、フランスを代表するデザイナーのジャン=ポール・ゴルチエなど、世界中から招待されたセレブがフラッシュの光を浴びてそぞろ歩く舞台に早変わり。豪華セレブリティと一流メゾンの鮮やかなオートクチュールが競い合う狂乱の一夜を主催したのは“プラダを着た悪魔”こと、アナ・ウィンター。一人あたり25,000ドル(約285万円)と高額な席料にもかかわらず600席が瞬時に満席になるのは、彼女の人脈と情熱の賜物だ。(この収益金はメトロポリタン美術館服飾部門の1年間の活動資金に充てられる)

世界最高峰の美術館の粋を集めた豪華絢爛なコレクションに
ため息がこぼれる至福の91分間!
本展覧会「鏡の中の中国(China:Through The looking Glass)」の準備に奔走するのは、MET服飾部門を指揮する革新的キュレーターのアンドリュー・ボルトン。ジャン=ポール・ゴルチエ、カール・ラガーフェルド、ジョン・ガリアーノ、トム・フォード、グオ・ペイといった米仏中の錚々たる著名デザイナーも協力。イヴ・サンローラン財団はパリのアトリエに保管されたコレクションから名作を貸し出し、ボルトンの野心的な企画を後押しする。40人以上のデザイナーによる150点以上の服飾を展示した本展覧会は、4ヶ月の展示期間を延長し同部門史上最多の80万人以上の来場者を記録する大成功を収めた。なお、2017年の展覧会は「川久保玲/コムデギャルソン展」に決定している。世界最高峰の美術館で開催される展覧会の制作過程と、世紀の一夜のために奮闘する8か月に密着した情熱のドキュメンタリー映画が、いよいよ日本上陸!

公式サイト:http://metgala-movie.com/

(作品紹介より)

















知られざる 【メットガラ】 の裏側を追ったドキュメンタリー映画である。


”メット” とは、アメリカ・ニューヨークにある 【メトロポリタン美術館】 の通称であり、”ガラ” とは 【お祭り】 という意味だ。


直訳すれば、”メトロポリタン美術館のお祭り”


毎年、5月の第1月曜日に開催され、その年の展覧会の幕開けを祝う一夜限りのパーティーだ。


出席者は約600人、驚愕するのはその席料が25,000ドル(285万円)だということ。


このパーティーの収益が、メトロポリタン美術館の服飾部門1年間の運営費に充てられるということにも納得する。


本作では、2015年のメットガラ開催までの日々を美しいファッションとともに収められた貴重な映像となっている。





35116871_89135.jpg
42.jpg
1431329548_1.jpg
28.jpeg











本作に登場する主な人物を2人紹介したい。


1人目は、アナ・ウィンター





Anna-Wintour_120221.jpg





ファッション誌の 『ヴォーグ』 のアメリカ版編集長に38歳の若さで就任し、以来30年以上業界のトップを走り続けている、ファッション界の ”女帝” である。


彼女がメットガラの主催者であり、出席者となるセレブ達を集め、全てを取り仕切る中心人物だ。


メットガラが今の社会的地位を築けたのも、長年の彼女の貢献があったからだ。


なぜそこまでメットガラに力を尽くすのかと聞かれ、彼女はこう答えた。




”カルチャー(文化)” のためよ。」




この言葉に彼女の矜持と、ファッション界を自分が背負っているという気概を感じることができた。










もう1人は、メトロポリタン美術館のキュレーター(学芸員)、アンドリュー・ボルトン だ。





mJHRC9.jpg





彼はイギリス出身であるが、学生時代から 「メットのキュレーターになりたい」 という夢を持ち、見事に叶えたファッションへの情熱溢れる人物だ。


メットの服飾部門は世界一の所蔵品数を誇っているが、美術界におけるファッションの地位は軽視されている傾向があるため、作業場や展示室が地下に設置されている、いわば”日陰者”に甘んじている。


しかし、彼が2011年に企画した展覧会 『アレキサンダー・マックイーン/野生の美』 の成功により、”美術としてのファッション” は世界的に評価が高まりつつある。


彼が本作品中で手掛ける展覧会のテーマは、【鏡の中の中国(China:Through The looking Glass)】


中国文化が世界のファッションに与えた衝撃の歴史を様々な展示室ごとにコンセプトを分け、通常の展覧会の3倍の規模で開催する。





C9G5O0PVwAAN0-m.jpg
2017-04-12-1491967090-3554449-th_Metgala_sub10.jpg
20170414-getty_527483990.jpg





ファッション界の重鎮達から歴史的な作品を集め、中国政府とも交渉し人民服を入手したり、彼の努力なくして今回の展覧会の実現はなかったことであろう。










私達が普段テレビで見ているゴージャスで優雅なファッション業界。


しかし、その光景を実現するために、多くの人々が汗を流している。


まるで、湖を優雅に泳ぐ白鳥が水面下で必死に水を搔いている様子を見ているようだ。


彼らのプロフェッショナルとしての仕事ぶりを見ていると、自らの仕事に対する姿勢を反省するとともに、もっと誇りと情熱をもって仕事をしてみたい!と心から思える。


”働き方改革” と叫ばれている昨今の日本社会にとって、本作は、「自分にとって仕事とは何なのか」 を問いかける重要な作品なのだ。










ちなみに、”テニス大好きおじさん” こと、ロジャー・フェデラー が2017年のメットガラに参加していた。





C-.jpg





アナ・ウィンターがフェデラーの大ファンであり、公私ともに親密な関係だということによるものだ。


当日は、背中にコブラが刺繍された個性的なタキシード姿で登場。





C-g large





相変わらず、タキシード姿が似合うテニス選手だなー。





































よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2017/05/28 19:02 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

『シン・ゴジラ』公開初日に行ってきました。

img_visual_jp-1.jpg

シン・ゴジラ
総監督・脚本・編集:庵野秀明
監督・特技監督:樋口真嗣
准監督・特技総括:尾上克郎
音楽:鷺巣詩郎、伊福部昭
美術:林田裕至・佐久嶋依里
製作:市川南
エグゼクティブプロデューサー:山内章弘
コンセプトデザイン:前田真宏
キャラクターデザイン:竹谷隆之
特殊造形プロデューサー:西村喜廣
製作プロダクション:東宝映画、シネバザール
製作・配給:東宝
公式サイト:http://shin-godzilla.jp/











【レビュー】







      「現実(ニッポン) 対 虚構(ゴジラ)。」





2016-05-04_202730.png










      
東京湾羽田沖で漂流中のプレジャーボートが発見される。生存者は確認されず、残されたのは僅かな遺留品だけであった。

その時、海面が変色すると同時に激しい揺れが発生、大量の水蒸気が噴出する。直下の東京湾アクアラインの海底トンネルにて崩落事故が発生し、数台の車が巻き込まれる。

これを受け、大河内清次内閣総理大臣以下、閣僚と関連省庁関係者が招集され、緊急会議が開かれる。会議参加者の多くは「事故の原因は海底火山の噴火か熱水の噴出によるもの」との仮説を支持し、その方向で対応を協議しようとする。

しかし矢口蘭堂内閣官房副長官はこの仮説に疑問を呈したうえで、「海底に未知の巨大生物が潜んでいるのではないか」と主張。赤坂秀樹総理大臣補佐官らはそんなものがいるはずはないと矢口の主張を一笑に付すが、その直後、足の生えたオタマジャクシに似た巨大生物が海面に浮上し、陸地に向けて移動を開始する。
(作品紹介より)












公開初日に観にいって来ました。


今回のゴジラは、一言でいうとエヴァの【使徒】とイメージが重なりました。


人類の攻撃が一切通じず、その行動目的、生態がまったくの不明の恐怖の存在。


生物でありそうだけど、機械的でもあり、人智を超えた存在”神”にも似た畏怖を見る人々に与えます。


そのような存在に、人類はどう対決していくのか。


上記でも記載したキャッチコピー、『現実(ニッポン) 対 虚構(ゴジラ)。』が今回のテーマとなっています。










今作の主人公・矢口が国会議員であり、行政側の活躍が詳細に描かれているところに、庵野監督の異常なこだわりが感じられました。


ドラマは”現場”ではなく、”会議室”で起こっている。


そこで繰り出される難解な言葉の応酬。しかもめっちゃ早口。


しかし、その状況に私のオタク心は今年一番くすぐられました。


本日放送された【ニコニコ岡田斗司夫ゼミ】の中でも語られていたことですが、あれはセリフではなく、”ラップ”なんですよ。


あのやりとりで重要なのは、言葉の”リズム”であり、”なんかスゲー”という全体的な雰囲気なんだと思います。










2時間という限られた時間で新しいゴジラと物語を描ききった庵野監督に、最大級のリスペクトを。


とりあえず、次のエヴァは2020年ぐらいまでに作ってくれればいいから。


そして、【ゴジラ】というアイコンを有効に活用し、今後も面白い作品が多く生まれてくることを願っています。
































よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2016/07/31 23:00 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

孤独のススメ ――――― This is my life(これが私の人生)

kodokuno-susume.jpg

孤独のススメ
監督:ディーデリク・エビンゲ
脚本:ディーデリク・エビンゲ
原題:Matterhorn
製作年:2013年
製作国:オランダ
配給:アルバトロス・フィルム
公式サイト:http://kodokunosusume.com/











【レビュー】







    「すべてを失くした男が

    何も持たない男から学んだ幸せとは―――――?」






5418c7b3.jpg










      
妻に先立たれた孤独な中年男を主人公に、2人の男の奇妙な共同生活を描いたオランダ映画。

ロッテムダム国際映画祭観客賞やモスクワ国際映画祭で最優秀観客賞、批評家賞などを受賞し、日本国内でもSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2014で長編コンペティション部門の最優秀作品賞を受賞した(映画祭上映時タイトル「約束のマッターホルン」)。

妻に先立たれ、オランダの田舎町でひっそりと単調な毎日を送るフレッド。ある日、言葉も過去も持たないテオがフレッドの家に居ついてしまい、男2人の共同生活がスタートする。フレッドとテオの間にいつしか友情が芽生え、何も持たないテオの生き方からフレッドは真の幸せを学んでいく。

監督は、オランダで俳優としても活躍し、本作が初長編映画デビューとなるディーデリク・エビンゲ。
(作品紹介より)












金曜日の夕方。


やるべき仕事は溜まっていますが、モチベーションが上がらず、今日のところはギブアップ。


たまには映画でも観て帰ろうかと、職場近くにある小さな映画館を訪れました。


その日はちょうどサービス日だったようで1,100円で入場することができ、鑑賞したのが本作です。


2013年にオランダで制作された本作ですが、世界各国の賞を受賞した話題作のようです。


小さな映画館の席がほぼ一杯でした。










閉鎖的な田舎町で暮らしている主人公・フレッド。


妻に先立たれ、一人息子は家を出て行き、周囲の人々との交流もありません。


同じ時間・同じスケジュールで淡々と日々を過ごす彼の前に、ある日、言葉を話さない不思議な男・テオが現れます。


そこからフレッドとテオの奇妙な共同生活が始まるのですが、このことがフレッドの人生を大きく変えるきっかけとなっていきます。










本作で描かれている人物は、皆、堅物で社会に埋没するつまらない人物のように冒頭は感じました。


日曜日は必ず教会のミサに参加し、周囲の目を気にし、酒は飲まない。


しかし、物語が進むにつれ人間には様々な面があり、一見しただけでは決してその本質を理解することはできないということが語られていきます。


つまらない人間だと思っていた登場人物達が、中盤以降どんどん愛らしく思えてきて、作品世界に引き込まれていくことがわかりました。










人生とは、何なのか―――――?


敬虔に神に祈りを捧げ、日々を慎ましく過ごすことが良い人生なのか。


自分の人生を見つめ直すときが、今ではないか。


そんなことを本作を観ると考えさせられます。


さらに、ラストシーンで流れる往年の名曲『This Is My Life』が、本作のテーマにピッタリと当てはまり、クライマックスへのカタルシスを見事に演出しています。


忙しく過ぎていく日々の中で、たまには少し立ち止まり、このような作品を観る時間をつくるのもいいものですね。










































よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2016/07/16 17:37 ] 映画 | TB(0) | CM(2)

スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒

6321ae6e46cb71b32758f.jpg
スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒
監督:J・J・エイブラムス
脚本:ローレンス・カスダン、J・J・エイブラムス
製作:キャスリーン・ケネディ、J・J・エイブラムス、ブライアン・バーク
製作総指揮:トミー・ハーパー、ジェイソン・マクガトリン
撮影監督:ダン・ミンデル
プロダクションデザイナー:リック・カーター、ダーレン・ギルフォード
編集:メリアン・ブランドン、メアリー・ジョー・マーキー
音楽:ジョン・ウィリアムズ
衣装デザイナー:マイケル・カプラン
特殊効果スーパーバイザー:クリス・コーボールド
視覚効果スーパーバイザー:ロジャー・ガイエット
音響デザイナー:ベン・バート
再録音ミキサー:ゲイリー・ライドストロム
総音響編集:マシュー・ウッド
公式サイト:http://starwars.disney.co.jp/home.html











【注目キャラクター】



「私は待っているの・・・・・家族を。」



20151219013636.jpg


レイ
砂漠の惑星ジャクーで、家族を待ち続ける孤独なヒロイン。ある出会いで運命が変わる。












【レビュー】










       「遠い昔、はるかかなたの銀河系で――――。」







スクリーンショット-2
















      


映画を超えた史上空前のエンターテイメント『スター・ウォーズ』、その新たなる3部作の第一弾。

ジョージ・ルーカスとスティーブン・スピルバーグ―ハリウッドが生んだ偉大なる巨星たちの才能を継ぐ、J.J.エイブラムスの「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」がベールを脱ぐ。はるか彼方の銀河系で繰り広げられる、家族の愛と喪失の壮大な物語。その歴史は、新たなるヒロイン、新たなる仲間たちによって、≪新たなる3部作≫として、真新しい1ページを開く。
家族を知らず砂漠の惑星で孤独に生きるヒロイン、レイの運命が、新型ドロイドのBB-8、戦うことに疑問を抱く兵士フィン、そして、フォースの暗黒面の担い手、カイロ・レンらと交わる時、銀河の命運を賭けた戦いの渦中へと導かれる。

果たして、真のフォースに目覚める者は、誰か…?その行く末を今、世界は固唾を飲んで待っている。
──その時あなたは、新たなる伝説の目撃者となる。
(作品紹介より)













『スター・ウォーズ』とは、アナキン・スカイウォーカーを始めとしたその一族の盛衰と、はるか遠くの銀河系の歴史を絡めて語られるスペース・オペラです。


【サーガ】(一家一門の物語を壮大に描く長編)と呼ばれるジャンルに区分できます。


必然的に、彼らを中心とした【ジェダイ】というものを描く物語になりがちになっていきます。


しかし、今作ではこの点がこれまでのシリーズとはまったく違って感じました。


これまでどおりであれば、レイカイロ・レンが大部分の映画になると思うのですが、今作は、それ以外のキャラクターの活躍のほうが目立っています。










最も顕著な例としては、準主役級に扱われているフィンの存在です。





d.jpg






彼は、元帝国の残党である【ファースト・オーダー】ストーム・トルーパー(一般兵)として登場しますが、物語序盤で心変わりし、レイを助ける重要な役割を果たします。


これまで一方的なやられ役であるトルーパーからこんなキャラが登場しようとは・・・・。


往年のファンにはさぞやショッキングな出来事であったことが想像できます。


今作で一旦レイと別れてしまうフィンですが、今後物語にどう関わってくるかが気になるところです。










その他にも、トルーパー達のリーダーであるキャプテン・ファズマというキャラクターも気になります。





61R99QiWO.jpg






一見分かりにくいのですが、女性キャラクターという設定です。


キャストもわざわざ190センチ以上の長身の女優を抜擢してくるというこだわりっぷり。


これは今後のシリーズ最期までつきあっていく、主要キャラの1人にこれから成長していくことでしょう。










もちろんライトセーバー戦は盛り上がりますし、今作のラストでルークが登場していることから、シリーズが【ジェダイ】とスカイウォーカー一族を中心とした物語になるということは間違いないでしょう。


しかしそれに加え、これまでのシリーズになかったサブキャラの活躍が、旧シリーズよりも格段に多くなるだろうということも感じました。


それは、さまざまな国々・人種が入り乱れる現実世界の状況を反映させているようです。


これから私達が観ることになる”21世紀のスター・ウォーズ”は、どんな結末を迎え、世界にどんな衝撃を与えるのか。


シリーズが完結する6年後まで、楽しい時間が続いていきそうです。





















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2016/01/02 23:59 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

LIFE! ―― The Secret Life of Walter Mitty

waltermittyposter.jpg

LIFE! ―― The Secret Life of Walter Mitty
監督:ベン・スティラー
脚本:スティーブン・コンラッド
原作:ジェームズ・サーバー『虹をつかむ男』
製作:スチュアート・コーンフェルド、サミュエル・ゴールドウィン, Jr.、ジョン・ゴールドウィン、ベン・スティラー
出演者:ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、シャーリー・マクレーン、ショーン・ペン
音楽:シオドア・シャピロ
製作会社:Samuel Goldwyn Films、Red Hour Films
配給:20世紀フォックス
公式サイト:http://www.foxmovies.jp/life/








【レビュー】





 「”TO SEE THR WORLD” (世界を見よう)

 ”THINGS DANGEROUS TO COME TO” (危険でも立ち向かおう)

 ”TO SEE BIHIND WALLS” (壁の裏側をのぞこう)

 ”TO DRAW CLOSER” (もっと近づこう)

 ”TO FIND EACH OTHER” (お互いを知ろう)

 ”AND FEEL” (そして感じよう)

 ”THAT IS PURPOSE OF LIFE!” (それが人生の目的だから!)
              
  




life1.png
life2.png
life3.png
life4.png
life5.png
life8.png
Secret Life of Walter Mitty
life9.png
life10.png
life13.png
life7.png
life11.png
life12.png






            


「世界を見よう、危険でも立ち向かおう。それが人生の目的だから」というスローガンを掲げる伝統的フォトグラフ雑誌『LIFE』。

ウォルター(ベン・スティラー)は、『LIFE』編集部のネガフィルム管理部門で真面目に働きながらも、地味で平凡な人生を送る冴えない男。

想いを寄せている同僚のシェリル(クリステン・ウィグ)に直接声を掛ける勇気もなく、彼女がパートナー探しのウェブサイトに登録していることを知れば、自身も登録してみるものの、特徴的な体験談のひとつさえも書くことがない。しかしお得意の空想の世界では、時にアクションヒーロー、時に勇敢な冒険者となり、シェリルに対して情熱的な台詞を言うことも出来た。しかし所詮それは、空想の世界の出来事でしかなかった。

ある日出社したウォルターは、突然のライフ社事業再編と、それによるLIFE誌の廃刊を知らされる。同時に、事業再編を担当する新しいボス、テッド(アダム・スコット)がウォルターらの前に現れる。

LIFE誌を代表するフォト・ジャーナリストであり、冒険家のショーン(ショーン・ペン)は、いち早く事業再編による廃刊を知っており、ウォルターへの手紙と、LIFE誌のための最後の撮影フィルム、そしてウォルターのこれまでの仕事ぶりに感謝を込めた、革財布の贈り物を届けていた。

しかしショーンが「自身の最高傑作ゆえに、最終号の表紙に相応しい」と記す「25番目のフィルム」はそこにはなく、撮影フィルムから欠けていた。

テッドによる容赦ないリストラクチャリングが始まる。同時にテッドは、最終号の表紙を飾る予定の、25番目のフィルムの早急な提出をウォルターに求める。

25番目のフィルムの在処はショーンしか知らない、と悟ったウォルターは、映像が写っている残りのフィルムを元に、シェリルの協力も得て、ショーンの所在を推理するが、それはニューヨークから遠く離れた場所、グリーンランドであった。

気がつけばウォルターはオフィスを飛び出し、ショーンを見つけるべく、グリーンランド行きの飛行機に飛び乗っていた。この瞬間からウォルターの、空想の世界ではない、現実の世界での冒険がはじまる。同時にこの旅は、彼自身の人生の転機、思いがけない人々との出会いの旅となるのであった。
(作品紹介より)









■『これは”あなた”のための映画です』





”生きる目的” というものを見失いがちな現代社会…。


すごく今の日本人の多くが共感できそうだなぁというテーマの映画でした。


主人公の ウォルター・ミティ は、10代で父親を亡くし、それから家族を養うために仕事ばかりの人生を送ってきました。





the-secret-life-of-walter-mitty.jpg





人に自慢できる冒険談や旅行の経験もなく、パートナー探しのウェブサイトに登録するときのプロフィール作成にも手間取るほどのネタのなさです。


『人と違うことをしたいけど、今更何かを始めるのは面倒くさい』


これは、一体どれだけの人が考えたことでしょう。


ほんと、心の中の痛いところをつついてくるなかなかエグくて、くすぐったくなる作品です。










■脇役トッド最高!





↑のあらすじにも書いていますが、意中の彼女と同じパートナー探しのウェブサイトに登録した ウォルター ですが、彼女のページに 【Wink】 (日本でいう【いいね!】)をしようとしますが、うまく送信できません。


これ冒頭のシーンです。


そこで、サイトの顧客サービスに電話するのですが、対応したのが トッド・マハール でした。


彼は電話口からでも分かるぐらい陽気な性格で、 ウォルター のことを気にかけ、場面場面で電話をかけて来てくれるとうになります。







その後ずっと電話口の声だけの出番だったのですが、劇中の後半、実物が登場します。


登場のタイミングやいきさつ、そのキャラ、想像を超えて愛すべき人物!!!










■さぁ、旅に出よう





本作を観た感想で、


『旅に行きたくなった』


というものをよく目にします。


その通りだと思います。







しかし、それは本作の本質ではありません。


ストーリーのメインは、『LIFE誌』最終号の表紙用の 『25番目のフィルム』 を手に入れるため、カメラマンの ショーン・オコンネル を探すということを目的としています。


このフィルムにどんなものが写っていたのか。


ショーン はこの被写体を、ほとんど人の前に現れない ユキヒョウ になぞられて
”幽霊ネコ” と呼び、次のようなことを言っています。





93152.jpg


「本当に美しいものは、”注目”を嫌うんだよ。」





これ以上はネタバレになるので、言いませんし、言えません。


言えるぎりぎりのところでは、


”本当に大事なものは以外と身近にある”


ということです。


これが本作の本質だと、僕は感じました。





















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2014/04/20 00:41 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
45位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード