とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  ロジャー・フェデラー

”Roger Federer Celebrates 36th Birthday ”

promo326401688 - コピー





本日、2017年8月8日は、ロジャー・フェデラー36才の誕生日だ。


先日のウィンブルドン選手権で見事、男子選手史上最多となる8度目の優勝を飾り、グランドスラムの優勝記録も「19」に伸ばした ”史上最高のテニスプレイヤー” の記念すべき日である。


この日を記念して、ATPツアー公式サイトでは、フェデラーの 『36のスーパープレイ集』 が公開された。


古いものでは、1999年~のまだ血気盛んなフェデラーから、最近の洗練されたフェデラーまで、一気に楽しめる満足度満点の仕上がりになっている。


”生きる伝説”として、今なお我々に夢を見せ続けてくれているフェデラーの誕生日を、





みんなで祝おう!!!!!


























よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト

明日、ウィンブルドン2017男子決勝  ――― フェデラー、史上最多8度目の頂へ。

N201708002600000_x.jpg







今年もウィンブルドンの季節がやって来た――――。


天候に恵まれた今大会は、恒例の ”ミドル・サンデー” を挟み順調に試合の消化が進み、明日、男子決勝を残すのみとなった。


決勝に駒を進めたのは、ロジャー・フェデラー(スイス)マリン・チリッチ(クロアチア) だ。





20170715_federer_.jpg20170714_cilic_546_02.jpg





この2人の対戦と言えば、昨年の同大会、準々決勝が思い出される。










その年、怪我での大会欠場が続いていたフェデラーは、状態の悪い中でウィンブルドンに入った。


なんとか準々決勝までたどり着けたが、チリッチ相手に最初の2セットを落とし、万事休す。


しかし、フェデラーはその後2セットを取り返し、ファイナル・セットでも競り勝ち、奇跡的な勝利を収めたのだ。


次の準決勝で敗退となってしまったが、チリッチ戦での輝きは、”フェデラー健在” を我々ファンに見せてくれたスペシャルな瞬間だった。










あれから、1年・・・・・。


フェデラーは帰って来た。 しかも、より進化して。


明日勝つことができれば、男子歴代最多優勝を塗り替える8回目のウィンブルドン制覇となる。


歴史のページが加わる瞬間を目撃できるかもしれない。


いや、フェデラーなら必ず成し遂げてくれると信じている。


今夜は興奮に震えて眠ることになるだろう。










試合の模様は明日夜10時~、NHKで中継される。


地上波で放送される数少ないテニスの試合を存分に楽しみたい。


しかも月曜日は、祝日だ。


思い切り試合を堪能した後は、ゆっくり眠ればいい。


なんて幸せな時間なんだ!


NHKウィンブルドン選手権公式サイト










最後に、私のお気に入りフェデラー動画をご紹介したい。


このブログでも既出であるが、昨年のウィンブルドンのwowowで放送された宣伝CMだ。


引退が囁かれつつあるフェデラーが、諦めず再び頂点を目指す構成になっていて、観るたびに胸が熱くなってしまう。


このCMで描かれた物語が結実する瞬間を、ぜひ皆さんも見ていただきたい。










ウィンブルドン 2016 CM 生ける伝説 ロジャー・フェデラー





















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

【テニス】 全仏オープン2017 男子決勝  ― 勝つのはどっちだ!? ―

slider_france_2017.jpg





今から約1時間後、日本時間午後10時から、”赤土(レッドクレー)の聖地”ローランギャロス で、全仏の男子決勝が行われる。


1月の全豪王者フェデラー不在の中で開催された今大会だが、ランキング1位・2位のマレー、ジョコビッチが準決勝までで姿を消す 波乱の展開。


決勝で相対するのは、”クレー・キング”ラファエル・ナダル と、”スイス第2の男”スタン・ワウリンカ





stan_546_20170612.jpg





どちらも全仏優勝経験があり、また30代のベテラン同士という、面白い試合にならないはずがない条件が揃った。










ナダルは、今シーズン怪我からの復帰で全盛期に近いプレーで好調を維持している。


準決勝の ”若手筆頭”ドミニク・ティエーム をストレートで破ったことで更に勢いがついている。



準決勝 ナダルvsティエーム ハイライト










一方のワウリンカも準決勝で マレー をフルセットの末破っており、その意気は高い。


これまでのキャリアでも、世界ナンバーワンの片手バックハンドのパワーと爆発力で、3度グランドスラムを制している。



準決勝 ワウリンカvsマレー ハイライト











前人未踏10度目の全仏制覇を目指すナダル。


”トリックスター”
の立ち位置から、一気に時代のトップに躍り出たいワウリンカ。


そして、休養から来週いよいよ復帰するフェデラー。



全仏だけではなく、今シーンを通してテニスの面白い時期は続いていきそうだ。










>>ワウリンカvsナダル 1ポイント速報<<






















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

【動画】 [驚愕] フェデラー 神業サーブ

usrfsertpose.jpg







先日、全豪オープンで優勝し、完全復活を遂げた我らが王 ロジャー・フェデラー


強力なフォアハンド、華麗なバックハンド、繊細なボレーなど多くの武器をもつフェデラーですが、その中で忘れてならないのは、性格無比な サーブ です。










速さは劣るともビックサーバー並みにエースを量産し続けるサーブは、まさにフェデラー最大の ”努力の結晶” だと言えます。


同じフォームから様々な球種を打ち分け、相手にコースを読ませない。


特に技術が出やすい 【セカンド・サーブ】 に、フェデラーは絶対の自信を持っています。


そのサーブのスゴさが端的に現れている動画がありますので、ぜひ紹介させていただきたいと思います。































これはCGではありません。


ノーカットで連続でサーブをピンポイントで決めるその技術力。


”プロのレベル” というものを、まざまざと見せつけたフェデラーでした。















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

【王の帰還】 ロジャー・フェデラー 全豪制覇!!!

C3WOEVaVMAE0pcz.jpg







―――――― 2017年1月29日。


その日、”伝説” に新たな1ページが加わりました。


ロジャー・フェデラー が全豪7年ぶり5度目の優勝。


自身が持つGS(グランドスラム)優勝の男子最多記録を、 『18』 に伸ばしました。











年齢が35歳になり、全盛期よりはフィジカルの衰えは年々感じられていました。


また、昨年は怪我によりシーズン後半の全試合を欠場。


世界中のファンは、いつまでもフェデラーのプレーを観ていたいと思う反面、もうGS制覇は難しいのではないかと考えていたことでしょう。











しかし、フェデラーは帰ってきました。


帰ってきてくれました。


衰えた部分を補うべく、ベースラインでの速い打ち合い&ネットプレーを多用する【超攻撃的】なプレースタイルへチェンジ。


また、唯一の弱点と呼ばれていた片手バックハンドも、ずっと継続してきたフォームの改良により、スピン・フラット・スライス、全ての球種を安定的に打てるものへと進化させました。










私は個人的に、全盛期よりも、今のフェデラーのほうが大好きです。


自分の衰えや老いを認め、見つめ直し、それでも前に進もうとする今の姿に、敬意を抱きます。





M2Uf5GeoaX.jpg










そんなフェデラーが全豪オープンで優勝したのですから、もう歓喜しかありません。


世界中の人々が同じ気持ちだったはずです。


全豪の公式ツイッターでも、優勝決定直後、以下のツイートが。↓↓↓





無題



  ” 紳士淑女の皆さん、王が帰還しました。 ”





皆が切望していた、まさに 【王の帰還】


その瞬間を分かち合えたことは、私の人生にとって大きな誇りとなりました。










忘れはならないのは、決勝の相手、フェデラーの ”永遠のライバル” ラファエル・ナダル の存在です。


フェデラーとナダルは、本当に正反対です。


華麗なフットワークと多彩なショットでコートで舞うフェデラー。


”エッグボール” と呼ばれる強力なスピンボールと無尽蔵のスタミナでどんなボールも拾いまくるナダル。


社交的でおしゃべりなフェデラーと、シャイで純朴なナダル。


”芝の王者””クレー・キング”


そして、この2人の素晴らしいところは、こんなにも正反対なのにも関わらず、お互いを心の底からリスペクトし合い、一番の親友同士だということです。


ナダルの存在があったからこそ、フェデラーの ”物語” に深みを与え、ついには ”伝説” として語り継がれるまでに昇華させたのです。


今回の決勝は、本当に素晴らしい試合でした。





kkBsKSQWnp.jpg










全豪の制したフェデラーですが、その目は既に今年のウィンブルドンに向いていると思います。


まだ自分が勝てる選手だとわかったフェデラーの強さがどこまで上がっていくのか楽しみです。


7月のウィンブルドンで、前人未踏の8度目の優勝と、GS19個目のタイトルの獲得をぜひ成し遂げてもらいたい!!





VLCKLc4IMW.jpg















































よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
45位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード