とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  被災体験記

もう一度観たい『On Your Mark』~震災から3年を経て…

ohyourmark_2.jpg




有名な話ですが、CHAGE&ASKA の1994年の発表曲 『On Your Mark』 にスタジオジブリがPV用の短編アニメーションを制作したことがありました。





















当初は出来がいいアニメ程度の認識でしたが、震災から3年を経過した今改めて見返してみると、宮崎監督 の先見性と時代性に驚かされます。


劇中の世界は原発事故により地上が荒廃し、人類は地下にドーム状に都市を建設し、そこでの生活を強いられています。


その証拠に地上場面では、原発事故がかつて起こったアメリカの スリーマイル島 にあったものと同様の発電所の煙突が描かれています。





じこ1





50111008328.jpg










本作で制作された当初も他にチェルノブイリ等、大規模な原発事故があったのにも関わらず、私達はその危機感を年数を経るごとに忘れ、今でものうのうと暮らしています。


今回の震災による福島原発事故はまだ終息していないため、世間からの関心は高いです。


しかし、これが10年、20年経った頃にはまた私達は原発の恐ろしさを忘れ、これを乱用するようになるのではないでしょうか。











宮崎駿が

「チェルノブイリの住人は被曝しているって言われても
 他に知ってる土地はないし、ってその場で暮らし続け、
 この芋は汚染されてるんだよアハハって笑いながら
 それを食べるっていう生活をしていた。
 あれが我々の未来図。」

と昔から言っていてそれが「ナウシカ」原作版のラストに
なっていたけど、そんなものだなあ。
(『哲学ニュース 2011.4.4』より)












私達の未来というのはこのままいけば、どうしようもなく暗いものになってしまうことは避けられないのかもしれない。


でも、それでも、希望を持って生きていきたいし、生きていかねばならない。


この『On Your Mark』の歌詞にも、人の足掻きと、それによる希望が仄めかされています。










        ”On Your Mark

       僕らがそれでも止めないのは

       夢の斜面見上げて 行けそうな気がするから”











よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

スポンサーサイト
[ 2014/03/23 02:51 ] 被災体験記 | TB(0) | CM(0)

被災地を巡る旅路






【東日本大震災】の被災地を少し見て回りました。



僕の自宅は比較的内陸にあるので、沿岸部に向かい、
気仙沼~南三陸町あたりを中心に半日掛けて車で走りました。










まず見て来たのが、気仙沼の津波で座礁した巻き網漁船『第18共徳丸』です。





P8070572.jpg





全長約60メートル
総重量500トン
総トン数330トン

というかなり大型の船です。





すぐ横を県道が通っており、多くの車が平然と走っています。





P8070561.jpg





P8070564.jpg





この日は平日だったのですが、多くの観光客が来ていました。





P8070565.jpg





この船は撤去が決まっているとうことで、震災の惨状を後世に伝える記念碑となり得たので少々惜しくはありますが、住民の意思ということでしょうがないですね。





P8070569.jpg







次に訪れたのが、南三陸町の『合同防災庁舎』です。





P8070582.jpg





こちらにも、観光客や、恐らくこちらに派遣されてきたと思われる自衛隊の隊員の姿も見えました。





P8070583.jpg





この辺り一帯は、まだ再建が進んでいなく、一面が建物の土台部分とその上に草が生い茂っていました。





P8070586.jpg










最後に帰りの途上で、名取で被害が大きかった閖上地区も立ち寄ってみました。





P1010002.jpg





海岸沿いに一軒だけ住宅が残されていました。
1階部分は、完全に流されています。



住民の方は、ここで再建するのか、このまま取り壊すつもりなのか・・・・。



どちらにしても、大変な道のりになるでしょう。








震災から2年。
まだまだ復興は道半ばだという印象です。



【阪神淡路大震災】のときは、完全な復興に10年かかったと言われています。



今から8年後、被災地はどのように変わっているのでしょうか。










よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2013/08/11 16:02 ] 被災体験記 | TB(0) | CM(0)

被災地にコミック入荷

4781330ffds.jpg


3月12日以降発売が予定されていたコミックがようやく僕の近所の書店にも入荷するようになってきた。

もう5、6冊まとめ買いしちゃったよ!!



これも一つの”復興への一歩”なのかな。



よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

[ 2011/04/09 18:04 ] 被災体験記 | TB(0) | CM(0)

JR仙台~岩沼間再開断念

20114020002.jpg


 JR東日本は2日、暫定ダイヤで再開を予定していたJR東北線岩沼―仙台間の運転を始発から見合わせ、午前6時過ぎに南仙台―仙台間の折り返し運転に切り替えた。岩沼―南仙台間はバス輸送で代行した。午後には折り返し区間が名取―仙台間となった。同社は「岩沼まで2日中の再開を目指す」としている。
 折り返し運転となったのは、同日午前5時半ごろ、名取市の館腰駅の南約200メートルの線路脇にある民間ビルの一部が、線路側に落ちかかっているのを巡回の社員が見つけたため。ビルの一部はJRが撤去するという。

(河北新報ニュースより)



この「民間ビル」って・・・・

ウホッ!ビーヤングじゃん!!!

僕の地元の近くにある結構有名なおもちゃ屋でした。



♪おもちゃはともだち びーやんぐ♪

というフレーズのCMはローカルで流れていた。



建物もかなり老朽化していたようで今回の地震で大きな被害を受けていた。



小学生のころワンピースのトレーディングカードを買いに自転車を走らせたのを思い出した・・・・



よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

[ 2011/04/02 18:16 ] 被災体験記 | TB(0) | CM(0)

被災体験記六日目 2011年3月16日

dc483cb61ab38dbbd2622be8b5a32e7a.jpg


午前6時起床。

朝食卵かけご飯、ソーセージ。



午前8時10分ごろ出社。

開店前に隣の避難所に洗い物用の水をもらいに行く。

水が一部で水道が使用可能なこの町では配水にあまり人が並んでいない。



午前8時半ごろ突然蛍光灯がつく。

電気復旧。

しかしシステム自体の復旧には至らず。



午前9時開店。

外では雪が降り出す。

暖房が機能するため助かった。

客足昨日よりもなし。



午後福島原発放射能漏れさらに深刻との報道。

福島からそんなに距離がないため不安が広がる。



午後5時前閉店。

支店長、会議から戻る。

当支店今週までの営業、来週からの閉鎖決定。

女川支店1人のみ安否確認。

漂流中のところを救出されたとのこと。

残りの社員は絶望的。

同期が一人いるので心配。



午後6時ごろ帰宅。

夕食は魚。



←被災体験記五日目 2011年3月15日



よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓


[ 2011/03/26 20:13 ] 被災体験記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
39位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード