FC2ブログ

記事一覧

【心のセーフティネット】としてのアニメ

アニメは子供のためのもの。そう言われてきたし、私自身もそう思っている。じゃあ、なぜ大勢の大人達があんなにプリキュアに熱狂するのか、京アニの事件であんなに涙を流すのか。それは、現在の社会において、アニメが”心のセーフティーネット”としての役割を、長い年月を掛けて獲得していった結果だと考えている。セーフティーネット (safety net) 「安全網」と訳され、網の目のように救済策を張ることで、全体に対して安全や安心...

続きを読む

京アニ放火事件について考えること

7月18日の午前中に発生した京都アニメーション放火事件。その被害の全貌、特に人的被害に関しては、時間を追うごとに深刻な状況が報道され続けている。最終的に死者34名、負傷者34名という戦後の放火事件としては最大の被害者数となった。同時に事件が発生した2019年7月18日という日は、日本アニメーションの歴史上最悪の日になってしまったと思っている。過去にも手塚治虫先生の死去、スタジオジブリ解散などの重大な出来事はあっ...

続きを読む

私的【2018年大総括】  ――――― ”平成最後の年末”に過去と未来が交錯する。

――――【2018年】とは、何だったのか?【平成】の最後の年末を迎え、来年は新しい年号で新年を迎えることになります。平成の30年をアニメに絞って振り返っても、【エヴァ】【深夜アニメ】【制作委員会方式】【デジタル移行】【宮崎駿引退&復帰】【京アニの台頭】【マドマギ】【君の名は。】など、そのトピックを挙げれば切りがありません。恐らくこれまでの歴史で最も激動の時代であり、まだその変化は途中の過渡期の時代であったと...

続きを読む

『宮城・仙台アニメーショングランプリ第10回記念イベント』に行ってきました。

『宮城・仙台アニメーショングランプリ』。全国から短編アニメーション作品の応募を募り、次世代のアニメクリエーターの発掘・育成を目的とした宮城発のイベントだ。このイベントの存在を知ったのが、遅ればせながら昨年の第9回のとき。そのときは、仕事の都合でイベントに参加できなかったため、今回の第10回を虎視眈々と待っていた。宮城という地方でこのようなイベントが10回まで続いてきたということは、各所関係者の皆様のご...

続きを読む

広辞苑 第7版発売! 世界に【2次元】が認知された!!

1月12日に広辞苑10年ぶりの改訂となる第7版が発売された。その中で、オタク的トピックとして大きいのが、執筆者の1人をオタク芸人であるサンキュータツオさんが務め、この版から新設された分野【サブカルチャー】を担当したことだ。本日『広辞苑 第七版』がついに発売されました。実は私はこの版から新たに設けられた「サブカルチャー」という分野の執筆者です。錚々たる執筆者のなかにカタカナの名前が掲載されるという気の抜けた...

続きを読む

プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター

買い物リスト


2019/7/12


2020/4/30

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
164位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
43位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード