とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  >  オタク的日常

【月刊熱量と文字数 2017/5/18】に行ってきました。

gekkan.png








【定例ライブ】
5/18(木)20‐22 『月刊 熱量と文字数』@秋葉原シャッツキステ

★テーマ:2本立て 夢の国のたしなみ01/ガンプラ特集

★クロヤギ(能崎、岡本)/国井咲也、サンキュータツオ、やさしい雨松崎

公開収録ライブ20:40頃からUst有
(公式ツイッターより)













■開始前から”満員御礼”





ポットキャストで配信されている音声マガジン 【熱量と文字数】


毎月第3木曜日に公開収録 【月刊熱量と文字数】 というイベントが開催されている。


私は地方在住であるので、会場である東京のカルチャーカフェ 【シャッツキステ】 に行くことがこれまでできなかった。


しかし、今回、ちょうど関東へと出張が重なったため、初参加を果たすことができた。










番組を聞き続けて4年以上になるが、生で出演者の方々にお会いするのはこれが初めて。


激緊張だ。


はやる気持ちを抑えきれずイベント開始30分前に入店した。


なんと店内は既にほぼ満席。


私の後は、ほんの数人で全ての席が埋まってしまった。


いつもこんなに早く満席になってしまうのか、常連の方に聞いてみた。


どうやら今年大ヒットしたアニメ 『けものフレンズ』 に登場する喫茶店がシャッツキステをモデルにしており、その影響をあるのではないかと教えてくれた。


何はともあれ、危ういところではあったが、こうして私は無事にイベントに参加することができたのだ。















■夢の国のたしなみ01





E5A4A2E381AEE59BBDE381AEE4BDBFE88085.jpg





今回は豪華2本立て。


まずは、ユーストリーム配信前にクロヤギがプレゼンする 『夢の国のたしなみ01』


東京ディズニーリゾート(通称:パーク) の大ファンであるクロヤギの能崎さんが、その愛を語ってくれた。


アトラクションに乗る前の待ち時間の楽しみ方、それぞれのバックグランドストーリー、開業から35年の歩み。


1時間近くに渡る”講義”により、その場にいた人々のディズニーに対する偏見は大きく払拭されたことだろう。


今回は導入編という位置づけになるかと思うので、続編が今後配信されることを期待したい。















■ガンプラ特集





DAAjutyUAAAZ2Ch.jpg






ユーストリームでも配信された国井咲也さんによる 『ガンプラ特集』


私も幼少期から何度かガンプラは作ってきましたので、リスナーからのメールにあった 「ガンプラを作ってきたから、今、組み立て式の家具も難なく作れる」 という言葉には大きく頷いた。


話は国井さんの異様な部屋をタツオさんが説明、国井さんによる 【ガンプラ今昔物語】 へと移り、その合間にリスナーからのメールの紹介が挟まる。


特に、モデラーの父親を持つリスナーのメールには、場の全員が驚愕し、ガンプラを含むプラモデルの闇の深さの一端を垣間見ることとなった。


近年ガンプラは過去作のリメイクも合わせ、その種類が爆発的に増えてきており、一昔前にガンプラを作っていた人も、ぜひ”今”のガンプラを手に取ってみると驚くことになるだろう。


ユーストリーム配信後、国井さんによる 【新入社員必見!今すぐ使える釣りワード講座】 がおまけとしてあった。


ガンプラ好きの上司がいる場合に、効果覿面のガンプラ用語が3つ紹介された。


機会があれば、ぜひ使ってみたいと思う。










ちなみに、ユーストリームで配信された分は、ユーチューブにアップされているので興味がある方もない方も見ていただきたい。




















■やっぱり”生”がいい!





生でイベントに参加してみて、やはり 「パソコンの前で聞く」 のと 「実際にその場にいる」 のとは大違いだった。


タツオさんは開始直前にフラッと入ってきて、どこかベテランの落語家のような雰囲気を纏っていた。


クロヤギの岡本さんはかわいくて、能崎さんは服のセンスがよくオシャレだった。


松崎さんのリアクション力の高さや周囲への気配りに芸人としての腕が見えて、国井さんは超絶かっこよかった。


そして、イベントが開始されてから、場のテンションが上がっていくのを肌で実感した。


演者と客の力が会場でミックス・アップされ、素晴らしいイベントになっていた。


今日このとき、ここにいられて本当に良かったと思った夜だった。


そして、絶対にまた来ようと誓った。















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2017/05/22 00:00 ] オタク的日常 | TB(0) | CM(0)

『FAIRY TAIL』の続きを読んでみようと思った件

eed71adc60fe3b3292b2e7d5296b0086.jpg







気が付けば、 FAIRY TAIL のコミックスが 60巻 まで出ていたことに驚いた。


私が最後に読んだのは、40巻。


【大魔闘演武編】 の終わりまでだ。










連載が長期になるマンガ作品は、どこかで一度離れてしまうタイミングがある。


私で言えば、NARUTO、BLEACH、犬夜叉などだった。


これは作品が面白くなくなったというわけではなく、単に ”飽き” がきてしまったというだけのことだ。










最近wikipediaで本作を検索してみたら、かなり私の知識とはかけ離れた展開となっていることを知った。


主要なキャラクター達、ナツ、グレイ、エルザとか、様々な伏線が回収されているではないか。


というか、こんなに伏線があったのか。


確かにルーシィやカナなどの一部を除いて、その家族構成が明らかになっているキャラクターは意外と少ない。


しかし、そこに物語を左右する重大な秘密が隠されていたとは!?











来週の週末は、マンガ喫茶に入り浸って、未読分を一気に読破してしまおうか。


そんなことを考えた休日であった。


さぁ、明日から仕事がんばろう。















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2017/05/14 23:26 ] オタク的日常 | TB(0) | CM(0)

『シン・ゴジラ』と『機動戦艦ナデシコ』が似ていることに気がついた!

singozilla.jpg578896f54bca0.jpg







昨年大ヒットとなった邦画 『シン・ゴジラ』


私自身も4度も劇場に幾度も足を運び、人生の劇場で観た最多記録を更新いたしました。


しかし、なぜこんなにもハマることができたのか?


このことをつらつら考えていると、過去作品で似ている作品があることに気がつきました。


それは、まだ小学生だった頃、夢中になって観ていた 『機動戦艦ナデシコ』 です。










2つの作品の自分なりの共通点を書き出してみます。


○ 群像劇


○ 難解な専門用語が早口で飛び交う会話


○ シリアスの中にも時折挟まる絶妙なユーモア











思い返してみると、上の条件が当てはまる作品は、ハマっているものが多い気がします。


『バッカーノ!』 『Steins;Gate』 『ヨルムンガンド』 『シロバコ』・・・・・etc.


つまり、これが自分が好きになる作品の定義だということです。


好きな作品の並びから自分のオタクとしての性質を考えるのも面白いですよ。










よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2017/03/18 17:24 ] オタク的日常 | TB(0) | CM(0)

私的【2016年大総括】  ―――― 大豊作の1年でした。

30f7d756-9f24-47bf-82b1-e200c743ec36.jpg







――――【2016年】とは、何だったのか?









2013年から始めたこの試みも、4年目を迎えました。


去年ブログで記事で取り上げた作品を、【劇場アニメーション部門】、【テレビアニメーション部門】、【マンガ部門】、【ライトノベル部門】の5部門と+【番外編】に分け、紹介していきたいと思います。















■劇場アニメーション部門








【大賞】



main_702_690_388.jpg
この世界の片隅で




きっと戦時中を生きていた人々も同じだったのでしょう。


きっと笑いもあったし、幸せもあったし、誰も生まれてきた時代を間違えたとか、そんなことは思わなかったはずです。


ただただ日々を懸命に生きて、生きて、生きて。


その積み重ねが”人生”であり、”時代”になっていくのです。


「戦争だから不幸」とか「戦争がないから幸せ」とか、たぶんそんなに関係ないんだと思います。(レビュー記事より)












【次点】



kiminonaha_large.jpg
君の名は。



空前のメガヒット作として歴史に残るであろう本作。


この記事を書いている12月5日時点で興行収入199億円を突破し、200億円に到達することは確実だろうと言われています。


本作は、アニメーション監督・新海誠にとっての”転換点”であり、日本アニメの”転換点”として、後生語られることになるでしょう。


私自身も劇場に足を運び、また、本作に対するいろいろな人の感想・論評・考察を伺っていく中で、本作がなぜこれほどの成功を収めることができたのか、その理由を自分なりに考えました。


これから述べる5つのことは、本作の魅力の一端を示したものであり、本作が「観たほうがいい作品」ではなく、「観るべき作品」だと自信を持って言える自分なりの根拠でもあります。(レビュー記事より)






















■テレビアニメーション部門








【大賞】



np763_img01.jpg
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ



戦争に巻き込まれ、受け身型が多かったこれまでのガンダムの主人公とは違い、三日月達は自分達が生きるために戦いを能動的に始め、這い上がっていく機会を狙っているのです。


三日月達を見ていると、今の若者世代が思い浮かんできます。


長引く不況による非正規雇用の拡大と、1度でも失敗するとそこで終りだという
”勝ち組・負け組”の意識が社会的に蔓延しているのが現代だと思います。


「”負け組”になってしまたら、そこから抜け出すことができないんじゃないか」という不安をみんな抱えて日々を生きています。


本当に生きにくい世の中です。


しかし、真っ正面から世の中の理不尽さや不条理に戦うような勇気もなく、ただ日々を漫然と過ごしている、それが今の若者の正直な気持ちではないでしょうか。(レビュー記事より)












【次点】



12351_webreco_20160417000908b66.jpg
ハイキュー!! セカンドシーズン



テレビシリーズ第2期となる本作では、原作のインターハイ予選敗退後~春高予選の準決勝対青葉城西戦までが描かれています。


まず特筆しべきことは、第1期がチームの結成から挫折までを描いた物語の ”起” ”転” だとするならば、本作はチームを一度解体し、再構築による全体のレベルアップを達成するまでの ”転” に該当するストーリーだということです。


物語としては最も面白い”熟れ頃”ですね。(レビュー記事より)






















■マンガ部門








【大賞】



51C.jpg
昭和元禄落語心中 10(完)



―――― 落語を愛し、落語とともに生きた
                ”八雲” と ”助六” の物語。


帯のこのコメントほど、本作に相応しい言葉はないと思います。


私はアニメから本作に出会ったため、それほど長い時間を共に過ごしてきた訳ではありません。


それでも、この最終巻を手に取り、読了した今、万感の想いを抱いております。(レビュー記事より)












【次点】



51iJB.jpg
ベイビーステップ 39



私は読者として、その努力も苦しみも全てを見てきました。


だから、エーちゃんがプロへの道を選んでくれて本当に嬉しかった。


「高校生からテニス初めてプロってありえないよね」なんて外野の声もありますが、私はそんなやつらに言ってやりたい。


青春全部かけて、正しい努力を積み重ねて、
自分に真摯に向き合って何かに取り組んだことがあるのか?


私はもちろんそんなことできた試しはありません。


エーちゃんは、そんなダメ人間な私に夢を見せてくれました。勇気を与えてくれました。


それが、マンガの力であり、役割だと思うのです。(レビュー記事より)






















■ライトノベル部門








【大賞】



6100_.jpg
幼女戦記 5 Abyssus abyssum invocat



ターニャ達が独自に捕虜の尋問を行ったところ、驚くべき事実が判明したのです。


彼らはこう言います。「自分達は自らの”民族”を守るために戦ってる。」と。


つまり、帝国は【共産主義】という”イデオロギー”との戦いと思い込んでいたが、真実は、民族存亡の危機に立ち上がった”ナショナリスト”との戦いになっていたのです。


彼らは”死兵”。


文字通り決死の覚悟で帝国に挑んできています。(レビュー記事より)












【次点】



51Eqie55m_.jpg
異世界落語 1



異世界召喚モノは数あれど、【落語家】が召喚されたという設定の作品は、おそらく本作が初めてだと思います。


舞台はベーシックな異世界【ターミナル】。


人間、エルフ、ドワーフなどが暮らし魔法も存在する、”ザ・ファンタジー”とも言える世界設定です。


そこに召喚された【落語家】、名を楽々亭一福。


手違いで現代日本から召喚されてしまった彼ですが、異世界で生きていくため、酒場で落語を披露することになるのです。(レビュー記事より)






















■番外編







img_visual_jp-1.jpg
シン・ゴジラ



今作の主人公・矢口が国会議員であり、行政側の活躍が詳細に描かれているところに、庵野監督の異常なこだわりが感じられました。


ドラマは”現場”ではなく、”会議室”で起こっている。


そこで繰り出される難解な言葉の応酬。しかもめっちゃ早口。


しかし、その状況に私のオタク心は今年一番くすぐられました。


本日放送された【ニコニコ岡田斗司夫ゼミ】の中でも語られていたことですが、あれはセリフではなく、”ラップ”なんですよ。


あのやりとりで重要なのは、言葉の”リズム”であり、”なんかスゲー”という全体的な雰囲気なんだと思います。(レビュー記事より)

























【関連記事】

・私的【2015年大総括】  ―――― 二次元は私の”血肉”です。 [2016/01/14]
・私的【2014年大総括】  ――――激動の1年を解剖せよ! [2015/01/01]

・私的【2013年大総括】  ――これが俺達の”軌跡”だ! [2014/01/01]















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓


[ 2017/01/02 01:25 ] オタク的日常 | TB(0) | CM(0)

【超速報】 宮崎駿、長編アニメへ復帰!!!!!!!!!!

DSC_0127_2016111323144751d.jpg






本日NHKで放送されたドキュメント番組『終わらない人宮崎駿』にて、衝撃の発表がなされました。


――――――― 宮崎駿、再び長編アニメ制作へ始動。










3年前に”長編アニメからの引退”を発表した宮崎監督。


それ以降はジブリ美術館の運営に力を入れ、また短編アニメを制作していることは情報として入ってきていました。


番組内でも、『毛虫のボロ』という約12分の短編アニメの制作状況をメインに映像は構成されていました。


若手のCGアニメーターとの出会い、CGの可能性に想いを馳せるも、手描きとの違いに苦悩する宮崎監督。


番組の終盤、CGアニメ制作になんとか突破口を見出し、軌道に乗せることに成功。


そして、このときの出来事をキッカケとして、宮崎監督の中に”何か”が燃え上がっていったのです。


漫然と机に向かい、”手描き”で原画を描いていく宮崎監督。


ノリノリです。


そして、その直後、衝撃映像が映し出されました。











ある日、鈴木プロデューサーを呼び出した宮崎監督。


おもむろに紙の束を手渡します。





DSC_0088.jpg







DSC_0089.jpg





DSC_0090_20161113231416ef6.jpg

            「 ”長編企画  覚書” 」





DSC_0091.jpg





DSC_0092_20161113231419e81.jpg





DSC_0096_20161113231432acc.jpg





DSC_0097_20161113231434c1f.jpg





DSC_0098_201611132314280e5.jpg


    「この映画作れるだけの金かき集めてください。」





DSC_0099_20161113231429f80.jpg

    「こういうことが起こるかもしれませんよ。」





DSC_0100_20161113231431743.jpg


    「宮さんが絵コンテ描いて死んじゃうと―――――」





DSC_0101.jpg


    「そうすりゃ映画は大ヒットですよ。」



DSC_0103.jpg

     「オレが死ななきゃいけないじゃん。」










まったくもって、なんて日だ(喜び)


それは、岡田斗司夫の「宮崎駿夫の後継者は”宮崎駿自身”」説が実証された瞬間でもありました。


まだ本当に制作できるかは未定とのことですが、宮崎監督はすでに絵コンテを200カットほど描いているとのこと。


これは絶対やるでしょ!


続報を待つ!!!
















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓




[ 2016/11/13 23:55 ] オタク的日常 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
25位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード