とあるオタクの秘密基地<セーフハウス> TOP  > 

『In Japan - 2015』  ――― 世界から見た”日本”とは。


In Japan - 2015 from Vincent Urban on Vimeo.









この動画は、ドイツ人の動画作成者・ Vincent Urban(ヴィンセント・アーバン) が、2015年日本を3週間にわたり旅したときの映像を編集したものだ。


映像中では、古来の文化と現代の様々なジャンルのカルチャーが組み合わされていて、日本の ”カオス” な感じがうまく表現されている。


他の国をテーマにした数々の動画を作成しており、下の動画サイトで公開されている。↓↓↓





ree_20170618225815aca.png
https://vimeo.com/vincenturban(videmoサイト内)










また、トラベルハック、旅の節約術など、海外旅行・海外生活に役立つ情報を発信しているブログ 『たびハック』 で、この動画の作者について紹介されているので、興味がある方はそちらもぜひ参照してほしい。↓↓↓






『たびハック』
今キテる!旅中毒者が押さえておくべき動画集|
ヴィンセント・アーバン(Vincent Urban)
















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト
[ 2017/06/18 23:00 ] 動画 | TB(0) | CM(0)

【テニス】 全仏オープン2017 男子決勝  ― 勝つのはどっちだ!? ―

slider_france_2017.jpg





今から約1時間後、日本時間午後10時から、”赤土(レッドクレー)の聖地”ローランギャロス で、全仏の男子決勝が行われる。


1月の全豪王者フェデラー不在の中で開催された今大会だが、ランキング1位・2位のマレー、ジョコビッチが準決勝までで姿を消す 波乱の展開。


決勝で相対するのは、”クレー・キング”ラファエル・ナダル と、”スイス第2の男”スタン・ワウリンカ





stan_546_20170612.jpg





どちらも全仏優勝経験があり、また30代のベテラン同士という、面白い試合にならないはずがない条件が揃った。










ナダルは、今シーズン怪我からの復帰で全盛期に近いプレーで好調を維持している。


準決勝の ”若手筆頭”ドミニク・ティエーム をストレートで破ったことで更に勢いがついている。



準決勝 ナダルvsティエーム ハイライト










一方のワウリンカも準決勝で マレー をフルセットの末破っており、その意気は高い。


これまでのキャリアでも、世界ナンバーワンの片手バックハンドのパワーと爆発力で、3度グランドスラムを制している。



準決勝 ワウリンカvsマレー ハイライト











前人未踏10度目の全仏制覇を目指すナダル。


”トリックスター”
の立ち位置から、一気に時代のトップに躍り出たいワウリンカ。


そして、休養から来週いよいよ復帰するフェデラー。



全仏だけではなく、今シーンを通してテニスの面白い時期は続いていきそうだ。










>>ワウリンカvsナダル 1ポイント速報<<






















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

フランス人学生制作の短編アニメ『Celles et Ceux des Cimes et Cieux』

2015042706.png





フランス人学生が卒業制作で制作した短編アニメーションが話題となっている。


クオリティが高すぎる、そして、”ジブリ愛” が溢れているというものだ。






















確かに過去のジブリ作品を彷彿とさせるような美術・動き・キャラクターだ。


なによりも印象的なシュチュエーションを切り取った 【イメージボード】 をつなぎ合わせたような映像構成に胸が高まった。










宮崎監督の作品づくりは独特だ。


はじめはストーリーを考えずに、自分が描きたいシーンを大量のイメージボードで描きためていく。


ストーリーはそのイメージボートたちをうまくつなぎ合わせるための帳尻合わせだ。


なので、「宮崎アニメのストーリーは破綻している」 なんて感想も聞かれるわけだが。


しかし、それ以上に魅力的でインパクトのあるシーンが散りばめられることで、宮崎監督のアニメは他の作品と一線を画す人気を獲得できたのだ。


本作品を見て、宮崎アニメのそんなエッセンスを受け継いでいるような印象を受けた。
















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2017/06/10 16:20 ] 動画 | TB(0) | CM(0)

メットガラ  ――― ドレスをまとった美術館

topt.jpg

メットガラ  ――― ドレスをまとった美術館
原題: The First Monday in May
監督:アンドリュー・ロッシ
キャスト: アナ・ウィンター、アンドリュー・ボルトン、ジョン・ガリアーノ、カール・ラガーフェルド、ジャン=ポール・ゴルチエ他
制作:ファビオラ・ベラカサ・ベックマン、シルバナ・ウォード・ダーレット、ドーン・オストロフ、スコット・ブライト
制作年:2016年
制作国:アメリカ
配給:アルバトロス・フィルム
 














【レビュー】










   「 ―――――― ようこそ 華麗なる ”美の祭典” へ。」





555















      


“プラダを着た悪魔”ことアナ・ウィンターが仕掛ける
《ファッション界のアカデミー賞》に初潜入!
2015年5月2日、NYメトロポリタン美術館(MET)。アート・ファンとファッショニスタが注目する伝説のイベント《メットガラ》が華やかに幕を開けた。大階段にはレッドカーペットが敷き詰められ、ポップスターのリアーナやレディ・ガガ、アカデミー賞の常連、ジョージ・クルーニーやアン・ハサウェイ、フランスを代表するデザイナーのジャン=ポール・ゴルチエなど、世界中から招待されたセレブがフラッシュの光を浴びてそぞろ歩く舞台に早変わり。豪華セレブリティと一流メゾンの鮮やかなオートクチュールが競い合う狂乱の一夜を主催したのは“プラダを着た悪魔”こと、アナ・ウィンター。一人あたり25,000ドル(約285万円)と高額な席料にもかかわらず600席が瞬時に満席になるのは、彼女の人脈と情熱の賜物だ。(この収益金はメトロポリタン美術館服飾部門の1年間の活動資金に充てられる)

世界最高峰の美術館の粋を集めた豪華絢爛なコレクションに
ため息がこぼれる至福の91分間!
本展覧会「鏡の中の中国(China:Through The looking Glass)」の準備に奔走するのは、MET服飾部門を指揮する革新的キュレーターのアンドリュー・ボルトン。ジャン=ポール・ゴルチエ、カール・ラガーフェルド、ジョン・ガリアーノ、トム・フォード、グオ・ペイといった米仏中の錚々たる著名デザイナーも協力。イヴ・サンローラン財団はパリのアトリエに保管されたコレクションから名作を貸し出し、ボルトンの野心的な企画を後押しする。40人以上のデザイナーによる150点以上の服飾を展示した本展覧会は、4ヶ月の展示期間を延長し同部門史上最多の80万人以上の来場者を記録する大成功を収めた。なお、2017年の展覧会は「川久保玲/コムデギャルソン展」に決定している。世界最高峰の美術館で開催される展覧会の制作過程と、世紀の一夜のために奮闘する8か月に密着した情熱のドキュメンタリー映画が、いよいよ日本上陸!

公式サイト:http://metgala-movie.com/

(作品紹介より)

















知られざる 【メットガラ】 の裏側を追ったドキュメンタリー映画である。


”メット” とは、アメリカ・ニューヨークにある 【メトロポリタン美術館】 の通称であり、”ガラ” とは 【お祭り】 という意味だ。


直訳すれば、”メトロポリタン美術館のお祭り”


毎年、5月の第1月曜日に開催され、その年の展覧会の幕開けを祝う一夜限りのパーティーだ。


出席者は約600人、驚愕するのはその席料が25,000ドル(285万円)だということ。


このパーティーの収益が、メトロポリタン美術館の服飾部門1年間の運営費に充てられるということにも納得する。


本作では、2015年のメットガラ開催までの日々を美しいファッションとともに収められた貴重な映像となっている。





35116871_89135.jpg
42.jpg
1431329548_1.jpg
28.jpeg











本作に登場する主な人物を2人紹介したい。


1人目は、アナ・ウィンター





Anna-Wintour_120221.jpg





ファッション誌の 『ヴォーグ』 のアメリカ版編集長に38歳の若さで就任し、以来30年以上業界のトップを走り続けている、ファッション界の ”女帝” である。


彼女がメットガラの主催者であり、出席者となるセレブ達を集め、全てを取り仕切る中心人物だ。


メットガラが今の社会的地位を築けたのも、長年の彼女の貢献があったからだ。


なぜそこまでメットガラに力を尽くすのかと聞かれ、彼女はこう答えた。




”カルチャー(文化)” のためよ。」




この言葉に彼女の矜持と、ファッション界を自分が背負っているという気概を感じることができた。










もう1人は、メトロポリタン美術館のキュレーター(学芸員)、アンドリュー・ボルトン だ。





mJHRC9.jpg





彼はイギリス出身であるが、学生時代から 「メットのキュレーターになりたい」 という夢を持ち、見事に叶えたファッションへの情熱溢れる人物だ。


メットの服飾部門は世界一の所蔵品数を誇っているが、美術界におけるファッションの地位は軽視されている傾向があるため、作業場や展示室が地下に設置されている、いわば”日陰者”に甘んじている。


しかし、彼が2011年に企画した展覧会 『アレキサンダー・マックイーン/野生の美』 の成功により、”美術としてのファッション” は世界的に評価が高まりつつある。


彼が本作品中で手掛ける展覧会のテーマは、【鏡の中の中国(China:Through The looking Glass)】


中国文化が世界のファッションに与えた衝撃の歴史を様々な展示室ごとにコンセプトを分け、通常の展覧会の3倍の規模で開催する。





C9G5O0PVwAAN0-m.jpg
2017-04-12-1491967090-3554449-th_Metgala_sub10.jpg
20170414-getty_527483990.jpg





ファッション界の重鎮達から歴史的な作品を集め、中国政府とも交渉し人民服を入手したり、彼の努力なくして今回の展覧会の実現はなかったことであろう。










私達が普段テレビで見ているゴージャスで優雅なファッション業界。


しかし、その光景を実現するために、多くの人々が汗を流している。


まるで、湖を優雅に泳ぐ白鳥が水面下で必死に水を搔いている様子を見ているようだ。


彼らのプロフェッショナルとしての仕事ぶりを見ていると、自らの仕事に対する姿勢を反省するとともに、もっと誇りと情熱をもって仕事をしてみたい!と心から思える。


”働き方改革” と叫ばれている昨今の日本社会にとって、本作は、「自分にとって仕事とは何なのか」 を問いかける重要な作品なのだ。










ちなみに、”テニス大好きおじさん” こと、ロジャー・フェデラー が2017年のメットガラに参加していた。





C-.jpg





アナ・ウィンターがフェデラーの大ファンであり、公私ともに親密な関係だということによるものだ。


当日は、背中にコブラが刺繍された個性的なタキシード姿で登場。





C-g large





相変わらず、タキシード姿が似合うテニス選手だなー。





































よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2017/05/28 19:02 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

【月刊熱量と文字数 2017/5/18】に行ってきました。

gekkan.png








【定例ライブ】
5/18(木)20‐22 『月刊 熱量と文字数』@秋葉原シャッツキステ

★テーマ:2本立て 夢の国のたしなみ01/ガンプラ特集

★クロヤギ(能崎、岡本)/国井咲也、サンキュータツオ、やさしい雨松崎

公開収録ライブ20:40頃からUst有
(公式ツイッターより)













■開始前から”満員御礼”





ポットキャストで配信されている音声マガジン 【熱量と文字数】


毎月第3木曜日に公開収録 【月刊熱量と文字数】 というイベントが開催されている。


私は地方在住であるので、会場である東京のカルチャーカフェ 【シャッツキステ】 に行くことがこれまでできなかった。


しかし、今回、ちょうど関東へと出張が重なったため、初参加を果たすことができた。










番組を聞き続けて4年以上になるが、生で出演者の方々にお会いするのはこれが初めて。


激緊張だ。


はやる気持ちを抑えきれずイベント開始30分前に入店した。


なんと店内は既にほぼ満席。


私の後は、ほんの数人で全ての席が埋まってしまった。


いつもこんなに早く満席になってしまうのか、常連の方に聞いてみた。


どうやら今年大ヒットしたアニメ 『けものフレンズ』 に登場する喫茶店がシャッツキステをモデルにしており、その影響をあるのではないかと教えてくれた。


何はともあれ、危ういところではあったが、こうして私は無事にイベントに参加することができたのだ。















■夢の国のたしなみ01





E5A4A2E381AEE59BBDE381AEE4BDBFE88085.jpg





今回は豪華2本立て。


まずは、ユーストリーム配信前にクロヤギがプレゼンする 『夢の国のたしなみ01』


東京ディズニーリゾート(通称:パーク) の大ファンであるクロヤギの能崎さんが、その愛を語ってくれた。


アトラクションに乗る前の待ち時間の楽しみ方、それぞれのバックグランドストーリー、開業から35年の歩み。


1時間近くに渡る”講義”により、その場にいた人々のディズニーに対する偏見は大きく払拭されたことだろう。


今回は導入編という位置づけになるかと思うので、続編が今後配信されることを期待したい。















■ガンプラ特集





DAAjutyUAAAZ2Ch.jpg






ユーストリームでも配信された国井咲也さんによる 『ガンプラ特集』


私も幼少期から何度かガンプラは作ってきましたので、リスナーからのメールにあった 「ガンプラを作ってきたから、今、組み立て式の家具も難なく作れる」 という言葉には大きく頷いた。


話は国井さんの異様な部屋をタツオさんが説明、国井さんによる 【ガンプラ今昔物語】 へと移り、その合間にリスナーからのメールの紹介が挟まる。


特に、モデラーの父親を持つリスナーのメールには、場の全員が驚愕し、ガンプラを含むプラモデルの闇の深さの一端を垣間見ることとなった。


近年ガンプラは過去作のリメイクも合わせ、その種類が爆発的に増えてきており、一昔前にガンプラを作っていた人も、ぜひ”今”のガンプラを手に取ってみると驚くことになるだろう。


ユーストリーム配信後、国井さんによる 【新入社員必見!今すぐ使える釣りワード講座】 がおまけとしてあった。


ガンプラ好きの上司がいる場合に、効果覿面のガンプラ用語が3つ紹介された。


機会があれば、ぜひ使ってみたいと思う。










ちなみに、ユーストリームで配信された分は、ユーチューブにアップされているので興味がある方もない方も見ていただきたい。




















■やっぱり”生”がいい!





生でイベントに参加してみて、やはり 「パソコンの前で聞く」 のと 「実際にその場にいる」 のとは大違いだった。


タツオさんは開始直前にフラッと入ってきて、どこかベテランの落語家のような雰囲気を纏っていた。


クロヤギの岡本さんはかわいくて、能崎さんは服のセンスがよくオシャレだった。


松崎さんのリアクション力の高さや周囲への気配りに芸人としての腕が見えて、国井さんは超絶かっこよかった。


そして、イベントが開始されてから、場のテンションが上がっていくのを肌で実感した。


演者と客の力が会場でミックス・アップされ、素晴らしいイベントになっていた。


今日このとき、ここにいられて本当に良かったと思った夜だった。


そして、絶対にまた来ようと誓った。















よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓
[ 2017/05/22 00:00 ] オタク的日常 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

F

Author:F
昭和生まれの東北人。

アニメ、漫画、ライトノベル、アニソンが大好物。

このブログでは、私が出会った2次元作品についてのひとり語りをココ、”秘密基地<セーフハウス>”からこっそり更新しています。

リンク・相互リンクについて


よろしければ、
1日1クリックお願いします。
↓↓↓

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
28位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード